皆さん今晩は、僕はFATBOYの家に住んでいるOHANAといいます。

今日は、僕専用のお家を紹介します。

僕のお家は、畳1畳程度檻の中に、寛ぐ場所とトイレの場所が別々についているタイプです。
FATBOYと三蔵法師が、僕を迎えに来たときに、そのお店で一番大きな檻を買ってくれました。

オシッコ・ウンコルームは、僕が粗相をしないように一番大きな用足しセットを置いてくれています。
さらに、BEDルームは専用のキューブハウスにしてもらい、僕には毛が無いので専用の暖房マットも追加して敷いてくれました。

このキューブハウスは、頑丈ではないフニャフニャなお家なので、僕が上に乗ると直ぐペシャンと凹みます。それを見かねた僕の飼い主さんが、耐震補強をする囲いをオーダーしてくれました。

僕は、毎日寝るときに、僕自身が寝やすい環境を作るために、キューブハウスのお家の中の毛布類をセットします。その時のキューブハウスは、上下左右に大きく揺れて、何事があったのかと何時も飼い主が見に来てくれます。