モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2006年10月

さて・・・・


Post-170そろそろ・・・

いってきまーすっ

Halloween


Post-1692年前のHalloweenはハワイで迎えました。

同時期にハワイ入りしていた某所のNさんとチームメイトT君とでカラカウア通りを流しました。



パンダ・サル・カエル(笑)


いざっ!出陣!

カラカウア通りは大変な人出でしたが、仮装というよりもどちらかと言えば裸になりたい人でいっぱいという感じでした(笑)


おまけ;帰り際、ABCで飲み物を買うカエル(T君)

さて・・・今年はどうかな・・・?

セブンスターとZippo


Post-168一昨年の誕生日にえっつんからいただいたZippoです。

ずっとセブンスターでした。

まだマイルドセブンも発売されてなく、当時としては一番軽い部類のタバコでした。
セブンスターなんぞ吸ってると軟弱者と言われ、最低でもショッポ(ショートホープ)かハイライトで、やっぱり男は缶ピー(缶入りピース)だろうといった雰囲気でした。

一本だけ逆さに入れておくと願い事が叶う(おバカ)とか、ねじってから吸うと軽くなる(コレはホントか?)とか、
大学の受験勉強の時は1箱吸い終わるまで寝てはいけないという自分の中の決まりを作っていました(大バカ)
以来、約○十年、椎間板ヘルニアの手術をして寝たきりだった2週間を除いて、一日もタバコを吸わなかった事はありません。

でも、時代が変わり、ドラマで張り込み中の刑事の足元に時間の経過を表すタバコの吸殻がいっぱい・・なんて物も見られなくなりました(タメ息)
吸う方としては大変気を使っているつもりですが、それでも露骨にイヤな顔をされることが多くなりました。
つい先日も一日のうちに二回もそんなことがあり、少し落ち込んだりもして・・・



・・・・そんなこんなで・・・・タバコ・・・・止めました。
えっつんからいただいたZippoでタバコに火をつける事はもうないかも知れないけど・・・大事にします。

吸わなくなって一週間が経ちました。
それにしても食後の一服とか、何かがひと段落した後の一服って、何て贅沢な時間だったんだろうと思う今日この頃です。

建設ラッシュ?


Post-167最近お気に入りのアラモアナビーチですが、
改めて画像を見ると随分建設中なんですね。
ワイキキもいろんなところで建築中(改築中)だし、
ハワイは今、変化のど真ん中にいるのかもしれません。

・・・っていうか、ハワイはずっと変化し続けてるのか・・・

寺山修司・賛


Post-166僕が高校生の頃、日曜日の午後たまたまテレビをつけると競馬中継をやっていました。
普段ならすぐチャンネルを変えてしまうのですが、僕はそこに映っている一人の男に目が釘付けになりました。
その独自の口調とそこから発せられる言葉の数々に魅了されてしまい、競馬中継を楽しみに見るようになりました。

その人こそ、今はなき寺山修司です。

競馬が好きになったのも、後に演劇の世界に足を踏み入れたのも彼の影響だったのでしょう。

長いのですが、僕を競馬に引きずり込んだ大好きな彼の詩を引用します。



「さらばハイセイコー」   寺山修司

ふりむくと
一人の少年工が立っている
彼はハイセイコーが勝つたび
うれしくて
カレーライスを三杯も食べた

ふりむくと
一人の失業者が立っている
彼はハイセイコーの馬券の配当で
病気の妻に
手鏡を買ってやった

ふりむくと
一人の車椅子の少女がいる
彼女はテレビのハイセイコーを見て
走ることの美しさを知った

ふりむくと
一人の酒場の女が立っている
彼女は五月二十七日のダービーの夜に
男に捨てられた

ふりむくと
一人の親不孝な運転手が立っている
彼はハイセイコーの配当で
おふくろをハワイへ
連れていってやると言いながら
とうとう約束を果たすことができなかった

ふりむくと
一人の人妻が立っている
彼女は夫に隠れて
ハイセイコーの馬券を買ったことが
たった一度の不貞なのだった

ふりむくと
一人のピアニストが立っている
彼はハイセイコーの生まれた三月六日に
自動車事故にあって失明した

ふりむくと
一人の出前持ちが立っている
彼は生まれて初めてもらった月給で
ハイセイコーの写真を撮るために
カメラを買った

ふりむくと
大都会の師走の風の中に
まだ一度も新聞に名前の出たことのない
百万人のファンが立っている
人生の大レースに
自分の出番を待っている彼らの
一番うしろから
せめて手を振って
別れのあいさつを送ってやろう
ハイセイコーよ
お前のいなくなった広い師走の競馬場に
希望だけが取り残されて
風に吹かれているのだ

ふりむくと
一人の馬手が立っている
彼は馬小屋のワラを片づけながら
昔 世話したハイセイコーのことを
思い出している

ふりむくと
一人の非行少年が立っている
彼は少年院の檻の中で
ハイセイコーの強かった日のことを
みんなに話してやっている

ふりむくと
一人の四回戦ボーイが立っている
彼は一番強い馬は
ハイセイコーだと信じ
サンドバッグにその写真を貼って
たたきつづけた

ふりむくと
一人のミス・トルコが立っている
彼女はハイセイコーの馬券の配当で
新しいハンドバッグを買って
ハイセイコーとネームを入れた

ふりむくと
一人の老人が立っている
彼はハイセイコーの馬券を買ってはずれ
やけ酒を飲んで
終電車の中で眠ってしまった

ふりむくと
一人の受験生が立っている
彼はハイセイコーから
挫折のない人生はないと
教えられた

ふりむくと
一人の騎手が立っている
かつてハイセイコーとともにレースに出走し
敗れて暗い日曜日の夜を
家族と口もきかずに過ごした

ふりむくと
一人の新聞売り子が立っている
彼の机の引き出しには
ハイセイコーのはずれ馬券が
今も入っている

もう誰も振り向く者はないだろう
うしろには暗い馬小屋があるだけで
そこにはハイセイコーは
もういないのだから

ふりむくな
ふりむくな
うしろには夢がない
ハイセイコーがいなくなっても
すべてのレースが終わるわけじゃない
人生という名の競馬場には
次のレースをまちかまえている百万頭の
名もないハイセイコーの群れが
朝焼けの中で
追い切りをしている地響きが聞こえてくる

思い切ることにしよう
ハイセイコーは
ただ数枚の馬券にすぎなかった
ハイセイコーは
ただひとレースの思い出にすぎなかった
ハイセイコーは
ただ三年間の連続ドラマにすぎなかった
ハイセイコーはむなしかったある日々の
代償にすぎなかったのだと

だが忘れようとしても
眼を閉じると
あの日のレースが見えてくる
耳をふさぐと
あの日の喝采の音が
聞こえてくるのだ

マッカリーSCのお店


Post-165マッカリーSCのソゴンドンに行った時、車を停めた目の前にあったお店です。
次から次へとお客さんが入っていきます。
店内に何席か食べられるところもありますが、ほとんどの人がTOGOでした。
そんなこんなで多分、美味しいのではないかと推測しています。

今度の渡ハで行って食べようと思っています。

スーツケース


Post-164いつも家族3人で一番大きいタイプのスーツケースを2つ持っていきます。
ひとつに3人分の荷物、もうひとつはカラで手提げのバッグだけが入っています。

結婚と同時に買ったスーツケースも10年が経ち、具合が悪くなってきました。
ハワイで買おうかとも思ったのですが(ひとつはハワイで買いました。)、
ちょうどヨ○バシのポイントもあったので、しかも無料で宅配してくれると言うので、買ってしまいました。

そのスーツケースが妻の実家に届いたというので写真を撮ってきました。
(何故、ウチではなく妻の実家に届くのかというのは・・・ここでは省略します)

TSAロック付きにしました♪

パツキン!


Post-163レストランに入るといつもなら黙ってても「日本語メニュー」が出てくるのですが、昨年末の渡ハの時には出てきませんでした。
その時は自分でも気が付いていないのですが、暫く経ってから「日本語メニュー、持ってこようか?」と聞いてきます。



あっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




この時の渡ハ直前、

金髪

にしたんだっけ。

そうか、最初は日本人だと思わなかったんだ・・・
だけど・・・・アッという間に日本人だとばれる自分って・・・・_| ̄|○

ICパスポート


Post-162結婚する時に二人でパスポートを取り直して10年が経ちました。
なので来週末の渡ハのためにパスポートの更新をして、めでたくICチップ入りのパスポートになりました。

ICチップ入りのパスポートの利点って何なんでしょう。
偽造がしにくくなるってことなんでしょうが、
持つ側としては真ん中にICチップが入っているので分厚いし、硬いし、壊さないように気を使うし、あまりいい事がないような感じです。

ところで、申請時に自宅の住所を書いたハガキが必要ですよね。
同時に申請したのに妻のハガキだけが届きませんでした。
今時、届かない事なんてあるのかと驚きましたが、
どうしたらいいのか電話で問い合わせると、よくある事って感じで、
アチラで書き直してもう一度送ってくれるって言うんです。
『へっ!』っていう感じで力が抜けました。
大した問題じゃなかったんだと別の意味で驚きました。


だったらさ・・・高いお金払ってるんだから、ハガキくらい最初から用意してくれないかなぁ・・・

ショッピングカート


Post-161画像はワイケレのOLD NAVYのショッピングカートです。

ショッピングカートが並んでるのを見ると思わずシャッターを押している自分がいます。

何でだろう・・・

いっぱい買い物がしたいという潜在意識の表れなのでしょうか?
(いつもいっぱい買い物してるじゃないか!という声が背中に突き刺さってる・怖)


ケアモクのWAL☆MART(既出)


ハワイ島コナのWAL☆MART


幕張のCOSTCO