Post-931自宅マンションの自転車置き場に通じるところにある扉です。



知らなかったのですが、ここで子供が手を挟んだらしいのです。
そのために下の画像のような対応になったようなのですが・・・



手を挟んでしまったお子さんはもちろん気の毒だけど、
でも、この扉はどこにでもあるもので、特別危険とは感じられないのです。
つまり、どこの家庭にもある扉と同じくらい危険であり、
同じくらい手を挟む可能性があると考えられます。

あまり話を広げてはいけませんが、最近どうもこの種の対応が神経質すぎるような気がします。

よく言えば、すばやい対応であり、行き届いた対応ってことなんでしょうけど・・・
僕は”過敏すぎる世の中は住みにくいなぁ”と感じてしまいます。
人間も古くなってきてるから、やっぱり少数派なんでしょうかねぇ・・・