2014y07m13d_231101050
前回の記事の続きです。(⇒記事)

一週間後、一本の電話がありました。 Mさんでした。

「相談があります。」とMさん。
嫌な感じでした。
この前までの声のトーンと明らかに違いました。

Mさん 「実はあの車をオークションに出したのですが、事故車ということで80万円にしかならなかったのです。」
僕   「だから、僕にどうしろと?」

そこから先の肝心な部分は決して彼からは言いませんでした。 ただただ考えて欲しいの一点張りでした。

僕   「事故のことは前もって話してある通りだし、万一損をしても責任を持つって言ってたじゃない!」
Mさん 「そうなんですけど、○○さん(僕の名前)、ご存じないでしょうけど、車っていうのはですねぇ・・・」

カチンときました。
相手の言葉を途中でさえぎり、言い争いになりました。
すると「かけ直します」と言い、電話を切ってしまいます。

しかし、それから毎日毎日着信があります。
電話に出られる時は、上の会話の繰り返しだし、 留守電の時は、僕はもう折り返しませんでした。
どういう仕事の形態かわかりませんが、彼の大変さはわかるけど・・・
だけど・・・こちらに非があるとは思えないし・・・
そんな状態が一ヶ月以上続いてたと思います。

そんな時、見かねたmomが登場します。
これからは自分が交渉の窓口になるとMさんに宣言したmomなのでありました。
何度か電話でMさんと話して埒が明かないと感じたmomは、J社の本社に電話をかけ、苦情を入れたのです。
これが効果ありました。
一発でした。
それからMさんから謝りの電話が一本入り、それでゲームセットでした。

 

めでたし、めでたし。

 

教訓;最初からmomにお願いすべし!(違うか・・・(笑))