Post-1154ワイキキでは朝晩はほとんど自炊の予定なので、ランチの後は買出しです。




通路の広さと冷凍食品の所に来るとアメリカを感じますね。








さてさて、卵を買おうと売り場に行った時のことです。
まず、アメリカでは生で食べる習慣がないせいか、賞味期限が長いですよね。
加熱すれば卵って半年くらいは大丈夫らしいのでそれはそれでいいのですが、
常々思ってたのは目玉焼きの黄身の部分は生ではないのかという疑問です。
ドロっとした状態でも加熱されてるということなのでしょうかねぇ?
そんなことをいつも思ってたので、買うときは迷わず一番高いものを選んでいました。
この日もそうしようと売り場に行ったら・・・
先客が一人・・・地元の方と思われる中年の女性でした。
僕は背中越しに近づいて何気なくその女性を見ると・・・
彼女はなんとパックをあけて自分の好きなように中身を入れ替えてるではありませんか!
そんなのありかよ!と心の中(ヘタレ)で叫びました。
そんなことが日常的に行われているのだったら、
一番高いのを買っても全く意味ないじゃないかよ・・・


・・・とはいえ、まぁ、一番高いのを買ってきたのですけどね・・・
一個割れてるし・・・(涙)