モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年4月

■ウェルカム トゥ 私達のご近所へ



気づいたら、つい最近引越ししたばかりなのに
又、引越ししちゃいました。

新しい土地にドキドキだったわけですが
思ったよりも、ご近所が素敵で感激していおります。

日本である引越しのご挨拶とか
こっちではどんな風にするんだろう・・・
と、切り出せずに家の周りをウロウロしていると
ロコロコGMDは
「そんなのは〜いって言えばいいんだよ」と、捨て台詞をはき
ドンドン、ご近所のドアを叩きます。
そして出てくる人と「ハァ〜イ。隣に引っ越してきたGMDです。ここのゴミの日はいつですか?あ〜、そうですか。そうそう。僕は隣に引っ越してきたGMDです。それで・・・(辺りを見回し)アレは同居人の名犬ユカです。じゃ、なんか困った事があったらいつでも言って下さいね〜。は〜い。ではでは…」なんて言いながら、いとも簡単にそこらじゅうの人に話し掛け捲ってます。
そんな時、ローカルだな…と、根拠もなく思ってしまいます。

そんな彼の軽さがいいのか
今回のご近所さんは、次の日、早速手土産をもって遊びに来ました。
お隣のキャシー(仮名)「あなた達のようなご近所が出来て良かったは。これ、お近づきの印よ」
犬が6匹もいる新しい近所を良いと判断してくれるなんて、本当に良い人です。
お菓子の詰め合わせセットを持ってきてくれました。

次の日には、前の家のボビー(これまた仮名です)さんが
「悪いね。昨日、捕まえようと思ってたのに、なんにもかかんなかったや。ちょっと遅くなったけど…」
ってイエローフィン アヒだかっていうお魚のちっこめのを捕まえてきてくれました。

ここで困ったのがお礼です。

お菓子の詰め合わせギフトは
お子さんがいる家庭だったので、皆で食べれるように
フルーツチーズケーキを…
ここまでは良かったんです。

では、お魚さんには一体何がいいんだろう…
ただでつったもんだが、魚屋で買ったらすっげ〜高いです。
しかも、家族構成が全くつかめていません。

GMDに聞いてみると
「そんなのマラサダがいいんじゃない?30個位買ってってやんな」
と言います。

マラサダ??と聞くと
昨日のボブはローカルアンクルだからマラサダとかいいんじゃないかと言います。
30個も・・・と思いながらも
言われたとおりマラサダを買っていったら
その翌日にはもっとでっかいアヒを捕まえてきてくれた。
お陰さまで、毎晩、取れたテホヤホヤのおいしいアヒを堪能しています。

ウエストサイドのオハナに感謝です。

その名の通り『ブラボー』



名犬ユカは、年々、西へ西へ引越しを重ねています。

ワイキキ周辺に住んでいたころが懐かしい!!


引越しをすると劇的に変化するのが『外食の場所』です。

今まで、ゆっちゃんの冷麺が食べたいと思えばすぐ行けたし

ソゴンドンなんて、デリバー区間内で

電話一本で、家でも食べれました。

さすがに今は、そんな訳には行きません。

ゆっちゃんの冷麺を食べようと思ったら

1時間もかけてドライブしなきゃいけないし

ソゴンドンでは『ムリだよ』電話を切られます。


田舎に住むと、出不精になりました。

『今日は遠出だ!!』と意気込んでも

パールリッジ辺りが限界だったりします。


そんな私のお気に入りは『BRAVO』です。

編集長も明日に向かって食え!EXで紹介してました。


本当にうまい!!

ただ、私が紹介したいのは

肝心なパスタじゃなくて、無料でサーブされる

『ガーリックボール』です


もう、最高!!

いつもパスタが来る前に、お腹一杯になっちゃいます。

ここまでドライブする価値、あります!!

あ〜、とっても食べたい気分です。

ここが変だよ、日本人



私がまだ高校生のときに、学校に
『私はまったく日本語が話せませ〜ん』(注:実際の会話は英語です)
といってモニカという女性がワシントンからやってきました。

英語の先生はみんなそんな風に言うけど、実は話せるもんだ・・・
と高をくくっていたら、モニカは本当に一言も日本語が話せませんでした。

それどころか
『私は日本に興味もないし、今回の派遣で初めて日本の場所を知った』
というのです。

じゃぁ、なんで日本に来たの??と聞くと
卒業間際に就職活動をしていたら、学校で紹介された仕事の中で
この仕事(日本で英語教師)が一番、給料も待遇も良かったというのです。
そんな彼女が採用される学校に通っていると思うと、ちょっとショックでした。
でもなぜかモニカとはめっちゃ仲良くなりました。

彼女は『アメリカに帰りたい〜』『日本はつまらない〜』と嘆きながら
私は卒業を迎えハワイへ、彼女は残り3年の任期を全うしました。

ハワイに来てからも、なにか大きな出来事があると
メールをしたり、電話をしたりしていたのですが
ある日、彼女が結婚すると言い始めました。
詳しく聞いてみたら、東京に住む日本人男性と結婚をすることになったそうです。
正直、ぶったまげました。

なんだ、日本語が話せるようになったのか!!
と喜んだら、彼女の日本語レベルは『こんにちは』などの日常挨拶に
産毛が生えたようなレベルでした。

・・・5年以上も住んでいるのに、全く成長していない

そんなモニカも、なんとか日本で生活を続け、男の子まで誕生!!
気がつけば日本在歴10年を越えました。

今回、日本に帰国したので久しぶりに電話をしてみました。
積もり積もった話に大爆笑しているとモニカが私にこう言います。

『当時(高校)の時に比べると、だいぶ英語が上達したね』

名犬は、うぉ〜!!なんて嬉しいお言葉だ!!と思いながらも

「まだ、RとLの発音は出来ないよ」と、言いました。するとモニカは・・・

『何言ってる??せっかくプラスなことを言ったのに、なんでマイナスな話をするんだ!!ダメね』

と注意するのです。

試しに「モニカの日本語は・・・あまり変わらないね」というと

『そんなことはない。私は最近、お元気ですか。魚は食べられません。を覚えたぞ!!』
とかなり誇らしげです。

10年以上日本に住んで、魚はたべられません・・・?
と疑問に思ってしまいましたが
どうやらポイントはそこじゃなかったみたいです。

■モニカ流アメリカ人■
常に自分の評価が上がるような会話をする

日本では謙虚な言葉となるはずの会話ですが、アメリカ人からしてみると
どうして日本人は自分が力がないと力説するんだ?と理解不能だそうです。
確かに、多くのアメリカ人は『僕はこんなに凄いんだ』という話をする気がします。

名犬は
堂々と『自分は凄いんだ!!』と胸張って言えるアメリカ人を凄いと思うと同時に
かなりの違和感を感じて『大丈夫か??』と、理解不能になったりします。

まさに、物は言い様なのでしょうか。

モニカが10年以上日本に住んでも変わらないのと同じで
私も何年ハワイにいても日本人だ・・・と感じる瞬間でした。


Before:「肉、わたし好き!!」 After:「魚は食べられません」

モニカの言うとおり、確かに上達してます。

優雅にサンデーブランチ



さて、B級グルメどころか自炊の多い我が家ですが
うちの母がハワイにいる間に、唯一した贅沢をご紹介します。

行ってきたのは、ここ↓です。

この写真で場所がわかったあなたは、かなりのハワイツーです!!

ジョンドミニスのサンデーブランチに行ってきました♪

というのも、GMDが職場から$50の汚職事件・・・
違う!!お食事券をもらってきました。
ディナーでは差額が大量に発生するだろう。という根拠のない
名犬の憶測で、サンデーブランチに決定です。

朝10時に予約をして、行ってみたら・・・



まず、オムレツやいてくれる人が目に入りました。
これこれ自分で具を選べます。
欲張りすぎると「そんなに入りきらないよ」と言われます。
ご注意下さい


さすがシーフードの有名店です。
生牡蠣がこんなに・・・
これだけで名犬は幸せです。


パイナップルも入っていて
なんだか南国ちっくでした。
でも、卵が半熟じゃなかったのが、ちょっと残念です


ローストビーフと一緒に、こんな子まで・・・
朝10時からはちょっと辛いな


この日の名犬ユカのチョイスです。
欲張りすぎたかな・・・

隣を見ると、名犬ママはこんな感じでした。

同じバイキングで、こうもチョイスが変わるものですね。


プチケーキもおいしそうでした。


チョココーティグされたイチゴは人気みたいで
みんなお皿一杯に持ってたな・・・

この他にも、カニの足や、ホタテを中華風に炒めたもの、
マヒマヒのソテー、サラダバーマフィンなどなど
食べきれないほどの食材でした。


大満足だったのはもちろんだけど・・・
お会計の時、値段も知らずに
『サンデーブランチなら』と言い張った名犬は

一人$45

ま、まんぞくしたからいいか・・・


サンデーブランチの料金、皆さんは高いと思いますか?
それとも安いと思いますか?

お詫び



ご無沙汰しております。
ブログの更新が遅くなってしまいスミマセンでした

最近更新がないけど、大丈夫??
という心温まるメッセージを頂戴し、慌ててUPしております。

実は名犬ユカは、脳腫瘍の検査の為
日本に行っていました。
1年半ぶりの日本!!
父が突然つくばに転勤になった為
今回、初めて茨城に帰郷しましたが
今まで住んでいた静岡に比べて、寒
恐るべし、茨城
でも、田舎好きの名犬は結構好きな街だったな〜・・・

とにかく、ご心配お掛けしてしまいましたが名犬は無事でした。

これからは気合入れてUPします!!