000377
わんわん、名犬ゆかです。

出産を終え、次の日の朝6時。
ややこの主治医をお願いした先生がやってきました。

先生「血液型がわかりましたよ。何型だと思いますか?」

旦那さんはA型。
女の子だし、がさつで大雑把な名犬に似るよりも
繊細で几帳面な旦那さんに似て欲しい…という思いから
『A型』と答える名犬。
続いて旦那さんもわからないなぁ〜と言いながらも
同じくA型と回答しました。

すると先生の口からとんでもない事がっ!!

先生「残念。お子さんはB型ですよ」

…へぇ?B型… なぜ…ですか??
いったい何が起こったかわからずに、凍りつく名犬。

先生「奥様がA型ですか?」

いえ。私はO型です。
そして旦那さんはA型のはずなんですか…

今度は先生が凍り付いているように
見えたのは気のせいではなかったはずです。

動揺する一同をよそに、旦那さんから
自分の血液型は定かではないがA型に違いないと思って、今まで生きてきた!
との発言が飛び出し、凍りついた空気は溶けたのでした。

結婚前から、旦那さんはA型だと信じ込み
その繊細で几帳面なところはまさに典型的なAだよね〜
なんて言っていた名犬は、なんだったのだろうか…

子供が生まれたことにより
典型的なA型であるはずの旦那さんは『B型』か『AB型』であることが発覚しました。

自分自身のことも典型的なO型だと思っていましたが
そもそも血液型の『典型的』なんてものは、何の根拠もないことなのかもしれないだじょね。

…でも、やっぱり気になる。
旦那よ、一体あなたは何型だじょか?

********************************************
ハワイが好きだ!っていう人が集まる
モーハワイのブログランキング!
名犬も参戦中です。ポチッとおねげーするだじょ。