モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2011年10月

フラレア最新号発売中






フラレア最新号が発売中です。

担当記事
●音楽園(ミュージシャン・インタビュー)
デビュー・アルバムでナ・ホク・ハノハノ20114部門受賞のアーティスト、マーク・ヤマナカが登場
●チャントに込められたマナ
クム・ヒューエットが語る、チャントの意味とそこに込められたこと。今回は自作のチャント『アロハ・エ・カ・ラー』を取り上げる



Ua Nani O Nu'uanu



ウア・ナニ・オ・ヌウアヌ、いい曲です。
ホノルルの山側、ヌウアヌの風景をひとつひとつ切り取って、その美しさをカメハメハ4世を讃えて歌う歌。
マカハ・サンズが『アロハ・コオラウ』とメドレーで録音してますね。



美しいヌウアヌ
カーヴェルの草が茂る

そこではいつも
強い風が吹いている

思いを馳せるのは
そこに見えるカフヴァイラナ

私の友達
キオヴァオという名の雨

二人でいると
幸せな気持ち

この歌が讃えるのは
キング・イオラニ
(日本語訳:Daisuke)

一番の歌詞のカーヴェルという草はこれ↓
http://www.hear.org/starr/images/image/?q=010520-0040&o=plants フラのステップにもカーヴェルってあるけど、もしかしたらこの草が風に揺れている姿がこのステップの元かも?
2番、4番に出てくるヌウアヌの風と雨は、一度あそこに行けばわかります。
最後のキング・イオラニという表現は、カメハメハ2世と4世への愛称。
ちなみにこの歌は4世、リホリホの歌です。

ちなみに、この曲、ナタリー・アイ・カマウウもメドレーでレコーディングしてます。

슠iTunesで購入↓
http://itunes.apple.com/jp/album/ua-nani-o-nuuanu-aloha-koolau/id290681553?i=290682041
この曲を踊るフラが見たくなってきた・・・



響いた言葉



クムフラ、キヘイ・デシルヴァさんの言葉。
「フラに、ひとつの答えを求める人たちがいます。魔法のようにミステリアスなフラを習得するための答えを。そのような人たちは、結局のところ私たちと通じ合うことがありません。なぜなら私たちの信じるフラの魔法は、経験と反復によってしか得られないからです。フラの魔法は、ひとつの答えを教えるようには伝えられないのです。できることといえば「続けて、続けて、続けなさい。教えなさい。そして必死になりなさい」と言うことだけです。」
(本『Na Mamo』から抜粋 訳:Daisuke)



ハワイの絶滅危惧種の植物とマノア



試験管の中のカロ(タロ)の芽。

フラレア・ブログに記事をアップしました。
http://www.hulalea.com/diary/hula/blog.php?bn=2