モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年7月

お供



ハワイで夏休みホームステイ留学をしている日本人フラガール・シンガー、IZUMI16歳のお供でカニカピラ・グリルへ。会うのは[(http://daisuke.blog.mo-hawaii.com/300.html|3年ぶり)]。

彼女を誘ってくれたウェルドンのステージに飛び入りして歌うのを聞いて嬉しくなった。
以前よりもいい!
お店にいたメリー・モナーク優勝ダンサーたちも踊り出す!
歌い終わった彼女に、ハワイアンのアンティーがハグしにくる。

彼女の歌声は本場のハワイの人たちの心をつかむ。

僕は彼女の歌声に癒される。

そんな彼女が、食事しながらウェルドンの歌を聴き終えて、ひとこと。
「あー、ひさしぶりに癒された♪」

お誘い: 9月ハワイ島ヒロで習うフラ



ハワイのクムフラからフラを習いたい
ハワイ島でフラを踊りたい

そんなあなたに参加してほしいのが、9月に初開催される『フラ・タウン・ヒロ』。
ヒロにステイして、4日間に渡ってフラ三昧の日々を過ごすフラ・フェスティバルです。
ワークショップのクラスが全部で6つ。
ペレ、ハワイ島をテーマにしたメレをカヒコ3曲、アウアナ3曲習えます。
夜はホテルの会場でメレ・フラ・パーティーです。

フラ・タウン・ヒロ
日時:9月22日〜25日
場所:ハワイ島ヒロ、アフック・チネン・シビック・オーディトリアム(ワークショップ)、ヒロ・ハワイアン・ホテル(メレフラ・パーティー&ライブ)
参加費:300ドル

詳細は[(http://www.hulatownhilo.com/ja/|オフィシャル・サイト(日本語))]で。
最新情報は[(http://ameblo.jp/hulatownhilo/|フラ・タウン・ヒロ・ブログ)]に更新されます。
お問い合わせは info@hulatownhilo.com まで。

あ、申し遅れました。
Hula Town Hilo 事務局日本担当ディレクター、Daisukeです。
どうぞよろしくお願いします。

白百合学園フラガールズ?



白百合学園 函館校
高校3年生の選択科目のひとつにフラの授業がある学校。
5月に取材にうかがって、今発売中のフラレアに記事を書かせていただいた。

キュートだった彼女たち、元気かな。
苦労していたアミは上達しただろうか。



今年も監修させていただいたメリー・モナークのDVDセット日本版が発売になりました。
全パフォーマンス収録。日本版のみ収録のミス・アロハ・フラ&クムフラ・インタビュー、特典ドキュメンタリー映像、前夜祭ステージも字幕付き。全曲解説ブックレットつき。

[(http://item.rakuten.co.jp/hulahawaii/10003006/|こちら)]からオーダーできます。

ダブル・レインボー



最近よく現れてくれる虹。
これは昨日のダブル・レインボーとカイマナ・ヒラ!
完全な弧を描いていた姿は[(http://nuidaisuke.exblog.jp/11575812/|動画におさめました)]。



フラレア最新号発売



マンゴー・ツリーの下で歌うのは、昨年Nā Hōkū Hanohanoで新人賞を獲得したハワイアン・デュオ、クーパオア。
今発売中のフラレア、ミュージシャン・インタビュー記事『音楽園』に登場です。

ちなみに彼らは明日7月15日(木)1:20pm放送のJ-wave”Colors of Hawaii”に出演します。


今朝のダブル・レインボー in Manoa





キング・カメハメハ・フラ大会



もう1週間以上経ってしまったけど、今年もキング・カメハメハ・フラ大会に行ってきました。
日本大会で優勝して本大会に出場した、ハーラウ・ナー・マモ・オ・プウアナフル日本校のワヒネとクプナがアウアナ部門で優勝するという結果でした。日本人のフラがここまで来たか、という感じ。おめでとうございます。
でもそれはさておき、キンカメの大会、このままでいいのか?という思いも・・・
そのことについては[(http://www.hulalea.com/diary/hula/blog.php|こちら)]に書きました。

デパートのハワイアン・フェスティバル



4月から5月にかけての日本滞在中、とても新鮮な驚きだったのが、デパートでのハワイアン・フェスティバルの多いこと!
7月に入ってまたまた増えるのでしょうね。
京都伊勢丹のハワイアン・フェスティバルでヒロ・クメさんと個展をします、と仕事仲間の写真家クニからメールが来ていました。

7月7日〜12日
ジェイアール京都伊勢丹10階
ミス・アロハ・フラ2002のマリア、ミス・アロハ・フラ2010のマヘアラニのステージのほか、地元のフラ教室のパフォーマンスがたくさん。
お近くの方はお出かけしてみてください。

京都、しばらく行ってないなぁ。
坂本龍馬の墓参りに行ったのは4年前だったか?


センス・オブ・ワンダー



「ハワイアン・ブック」のカテゴリーに入れたけど、ハワイの本ではありません。でも、フラ・ダンサー必読の書だと僕は個人的に思っている大好きな本です。

「センス・オブ・ワンダー = 神秘さや不思議さに目を見はる感性」

1960年代に『沈黙の春』という本で世に先がけて環境汚染を告発した女性作家レイチェル・カーソンの遺作となったこの本、優しさに満ちあふれた彼女の言葉たちがまっすぐに心に響いてくるすばらしい本。僕は日本版のこの装丁も好きで、何度となく手にとって繰り返しページを開いてしまう。

彼女は言う。子供への環境教育に親ができること、それは知識を詰め込み事実をうのみにさせることではない。親が自然への知識をどれだけ持っているかは二の次。大切なのは子供と一緒に空を見上げ、風の音をきくこと。「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない。

「美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知なものにふれたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などのさまざまな形の感情がひとたびよびさまされると、次はその対象となるものについてもっとよく知りたいと思うようになります。そのようにして見つけだした知識は、しっかりと身につきます。」(レイチェル・カーソン、上遠恵子訳)

フラが、ハワイが教えてくれる本当に大切なこと
それを知りたいと願うフラ・ダンサーに伝えたいメッセージ。