モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年2月

ワイキキ・フラ・マウンド



クヒオ・ビーチ・フラ・ショーでカヒコをソロで踊るロコ・フラ・ガール。

このショーは現在、毎週火曜、木曜、土曜、日曜午後6時半から1時間行われています。
今後の出演ハーラウは以下の通り。

火曜:アインズレー・ハレマヌ&フラ・ハーラウ・カ・リコ・オ・カ・パライ
木曜:ジョアン・ヤング &プア・メリア
土日は週替わり。
3/6(土) カピオラニ・ハオ&ハーラウ・ケ・キアイ・アオ・フラ
3/7(日) シャーリー・レッカ&ハーラウ・フラ・オナマカフラリ
3/13(土) コリン・アイウ&ハーラウ・フラ・オ・マイキ
3/14(日) お休み



ウクレレ・ピクニック・イン・ハワイ・レポート



旅行業界向け情報サイト、[(http://www.travelvision.jp/|トラベルビジョン)]の[(http://www.travelvision.co.jp/hawaii/2010/|Hawaii特集コーナー)]に寄稿したウクレレ・ピクニック・イン・ハワイのレポートが掲載されました。

歌の中のハワイ語 3



♪ O ‘oe a‘o wau
♪ E ho‘oipoipo nei
オ・オエ・アオ・ヴァウ
エ・ホオイポイポ・ネイ

たくさんのシンガーによって歌われてきた、フラ・ソングの定番『マヒナ・オ・ホク』という歌の中のフレーズ。
この歌はメロディーも詞も、かなりセクシーなのですが、この部分が要といえば要。
静かに凪いだ海、孤高に立つ頂、というフレーズに続くこの部分
「あなたとわたしは、メイキング・ラブ」という意味。

夕方の空に浮かぶ月を見つけてから、今夜はこの歌が頭のなかでぐるぐるして止まらないので、ちょうど出そうとしていたメルマガにこの歌詞と訳を載せることにしました。
どうぞご覧ください。
http://archive.mag2.com/0000281752/index.html
『マヒナ・オ・ホク』収録CD↓

ウクレレの日



今年2回目となったウクレレ・ピクニック・イン・ハワイが2月13日開催されました。
この日を記念して、ハワイに『ウクレレの日』が制定されました。
イベントの模様は[(http://www.hulalea.com/diary/hula/blog.php|こちら)]に書きました。

カカアコ・パークにて



先週末行われたウクレレ・ピクニック・イン・ハワイ2010、前日プレ・ライブに出演前の日本からのフラ・グループが木陰でリハーサル中でした。


マウイ



ハワイアン航空でマウイに日帰りで行って会ってきたのはこの方々。
クムフラ&シンガー、[(http://www.kaulupono.com/|ウルヴェヒ・グェレロ)]さんとその仲間たち。
後ろに見えるのはハレアカラ山。
ハワイアン・ミュージシャン・インタビューの連載記事『音楽園』の取材でした。

フラレア4月発売号に掲載です。

そうそう、ウルヴェヒさんが4月に来日します。
ウルヴェヒさんのフラ・ワークショップを受けたい、教室でワークをやってもらいたい、と希望するかたはお問い合わせください。
HulaNavi@gmail.com まで。

ハワイアン航空



ハワイ島に続いて行ったのはマウイ。
こちらもフラレアの取材で。
そのことは後ほど。

ネイバー・アイランドへはハワイアン航空で行きます。
今回、ゲートで待っているとき、座っている僕の前の壁に貼られていたのがこのポスター。
おそらく60年代後半くらいのハワイアン航空のレトロ・ポスター。
僕はこういうのかなり好きです。

ハワイ島プナ



ハワイ島のプナは、ある意味フラの聖地です。
ペレ&ヒイアカ伝説では、ここがペレの前でヒイアカがフラをはじめて踊った舞台。

ハワイ島プナに行きました。
この女性に会いに。

大好きな歌[(http://www.myspace.com/kainanikahaunaele|『カ・ヒナノ・オ・プナ』を書き歌った人)]。

フラレア次号(4月発売)の「ハク・メレ〜ソングライターのマナオ」の取材でした。


カハラオプナ



先日ライブで聴いた「カハラオプナ」。

ケネス・マクアカネとマヌ・ボイド(クムフラでホオケナのメンバー)が書いた曲。
歌の背景について詳しくはフラレア37号の『ハク・メレ〜ソングライターのマナオ』に書きました。ご覧ください。


歌の意味はこちら

 ↓ ↓

ホノルル沖にて



何が起きているのかというと・・・