モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年11月

クウ・ホア





ウェディングで演奏していたデリマ・オハナ&フラ・ダンサーのカレナ、曲はKu'u Hoa。


ハワイアン・ウェディング



先日結婚式に出席しました。
幸せカップルは、ハワイアン・ミュージシャンのPaliとハワイ在住FM番組DJの佐知子さん。さすが音楽関係のお二人、披露宴は有名ハワイアン・ミュージシャンたちの演奏を楽しむライブ・エンターテイメント状態!
詳しくはこちらに掲載されます。
  ↓  ↓
http://www.hulalea.com/diary/hula/blog.php

ハレマウマウ



聖地ハレマウマウ。
今は時期はずれだから、オヒア・レフアはほとんど花をつけていなかったけど、見つけました。→ http://NuiDaisuke.exblog.jp/10485962/

クム・ヒューエットのハワイ島フラ合宿第3弾



カワイカプオカラニ・ヒューエットからハワイ島で直接学ぶフラ合宿シリーズ第3弾を無事終え、ホノルルに戻ってきました。
今回の参加者は、札幌から2名、愛知から3名、東京から1名、沖縄から1名、そして僕の計8名。今回のテーマは、フラレアに連載中の記事『クム・ヒューエットが語るフラとハワイ神話の女神たち』に合わせて「ハワイ女神たちのヒーリング・フラ」というもの。クム・ヒューエット宅ハーラウ『カハレレフア』で今回習ったのは、ペレ&ヒイアカのカヒコ、ホーポエのカヒコ、ポリアフのカヒコ、そして伝説のヒーラーでクム・ヒューエットのクムであったカフナ、エマ・デフリス作の歌『エ・クウ・スィート・レイ・ポイナ・オレ』、計4曲。滞在していたキラウエアはずっと雨だったけど、最終日のボルケーノ参拝フィールド・トリップでは雨も止み、カハレレフアに戻ってから夕闇の時間には、家と森の間の広いフィールドをどこからともなく白いプエオ(ふくろう)が飛んできて、その大きな翼を広げて優雅に舞う神秘的な姿をはじめて見ることができた。

次回のハワイ島フラ合宿は3月下旬の予定。
近々改めて告知します。
お問い合わせはhulanavi@gmail.com まで。

読者質問



「はじめてまして、カルフォルニアSF近郊でフラを習っている、へなちょこフラダンサーのYです。いつも楽しくブログを拝見させていただいています。
突然ですが質問がありましてご迷惑かと思いますがメールをいたしました。
メリモの日本語版をダイスケさんが監修したとのことですが、そのDVD英語のオリジナルも見ることができるのですか?
日本語版を購入したことがなく、今回はダイスケさんが監修したこともあり是非見たいと思いましてメールをしました。」

Yさんへのお答え

監修させていただいた今年のメリモ日本版DVDセットは、米国版よりも先に独自に編集制作をしています。特典映像や特別編集コンテンツ収録で米国版よりも内容は濃いものになっています。(詳しくはこちら→ http://daisuke.blog.mo-hawaii.com/566.html
日本版も音声は英語のままで、日本語の字幕が入っています。
DVDのリージョンはALL、つまり日本のプレーヤーでもアメリカのプレーヤーでも再生可能です。
お問い合わせありがとうございました。

モロカイ島



フラ・カンファレンスが終わって翌日、カワイカプオカラニ・ヒューエットによるフラ合宿のためハワイ島へ。
写真はハワイ島ヒロ行きの機内から見下ろしたモロカイ島。
この後、[(http://NuiDaisuke.exblog.jp/10475862/|飛行機の下に虹が現れて)]、ハワイ島の手前までついてきた。

ワイキキ・フラ・カンファレンス





先週末はワイキキ・フラ・カンファレンスが行われました。
僕は通訳で参加。
詳しくはフラレア・サイトに書きました。
http://www.hulalea.com/diary/hula/blog.php#entryId110
上の動画は通訳をしたメリア・ロベンスタイン・カーターさんのクラスの一幕。
生徒のなかにカノエ・ミラーさんがいたりして。。。

ところで、会場で声をかけてくださったフラナビ・ブログ読者&フラレア読者のみなさま、どうもありがとう。

カイナニ・カハウナエレ



カ・ヒナノ・オ・プナという僕の大好きな歌があるのですが、その曲のソングライターでありシンガーでもあるのがカイナニ・カハウナエレ。
知り合いのレコーディング・プロデューサーのショーン・ピメンタルが彼女の新作アルバムをレコーディングしているというので、遊びに行って紹介していただいた。

お会いしたときレコーディングしていたのは、ハワイアン男性シンガーのアーニー・クルーズ・ジュニア(元カアウ・クレーター・ボーイズ)とのデュエット曲。フラ・ソングではなかったけど、とてもいい感じの曲。ひさしぶりの新作、リリースが待ち遠しい。

それにしてもレコーディングってなんて楽しいんだろう!
いい音楽が生まれる瞬間に立ち会えるって幸せなことだ。




Casa Brutusのハワイ特集





コーディネート&ライターとしてお手伝いさせていただいたカーサ・ブルータス初のハワイ大特集号が発売されました。


フラガールからのお届け物



日本のハワイアン・バンドとして注目の[(http://cart02.lolipop.jp/LA06105339/?mode=ITEM2&p_id=PR00101644430|カウラナの新作CD)]が届いた。


ゆっくり聴かせてもらおう。
このバンド、カウラナのシンガーでフラの先生でもあるコースケの代わりにマノアまで届けに来てくれたのは、東京のフラガールズ3人組。(写真左からマユミさん、カオリさん、アイコさん)
お勧めを頼まれて、マノアを楽しむ僕のシークレット・トレッキング・コースを教えたら、翌々日早速そこを歩いてくるという行動派。
「サイコーでした!」
というアイコ&カオリから、後日マノアに再び届け物。

届けられたのは。。。[(http://NuiDaisuke.exblog.jp/10447843/|こちら)]