モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年9月

HAPA ジャパン・ツアー2009



下の記事で紹介したHAPAが10月に来日コンサートを行います。
日程など詳細はこちら↓
[(http://www.conversation.co.jp/schedule/hapa/|HAPA Japan Tour 2009“HULA MAI”─Music and Hula Concert 2nd Season─)]

HAPAを生で聴いたことがないというあなたは、この機会にぜったいに観に行ってほしい。CDもすばらしいけど、HAPAはライブが本当にすばらしいのです。


僕が90年代にハワイに住み始めて、しばらくしてからハワイアン・ミュージックの虜になったきっかけは、ほかでもないHAPAのデビューCDでした。なぜHAPAだったのか。それは彼らの音楽が、その他多くの「ただのハワイアン」ではなかったから。東京のFMラジオ畑で仕事していた音楽好きの僕にとって、ハワイアン・ミュージックはじつは蚊帳の外でした。ハワイの地元の音楽を聴いても、あまりピンとこなかった。当時の僕にとっては街で耳にするハワイアンの多くは「ただのハワイアン」でしかなかった。今振り返れば、何をして「ただのハワイアン」というのか、と自分に突っ込みたいところだけど。でもそんな頃、ハワイの音楽シーンにHAPAが登場したのです。初めて聴いたHAPAの音楽は違った。音楽好きを自負する僕を初めてうならせた彼らのハワイアン・ミュージックは、ジャンルを超えた「優れた音楽」だった。では何をして「優れた音楽」というのか。僕の場合、それはクロスオーバーしているかどうかが大きなポイントになっているようだ。さらに一聴してわかるオリジナルなサウンドを持っていること。
HAPAのバリー・フラナガンに前に聞いたことがあります。シンプルなハワイアン・ソングのひとつであるカ・ウルヴェヒ・オ・ケ・カイを、アレンジのすばらしさで完全にオリジナリティーあふれるHAPAバージョンとして生まれ変わらせてしまったその秘密はなんなのか。バリーの答えは「ベースラインだよ」。彼はデビュー・アルバムに収録されたその曲のレコーディングの際、スタジオでの録音を重ねながら、自分たちのサウンドにすべく音を探していた。行き詰まってスタジオから出て外の空気でリフレッシュしているときに、頭の中である曲が流れた。オーティス・レディングのドック・オブ・ザ・ベイ。音楽好きなら誰でも知る60年代の名曲。そのとき、カ・ウルヴェヒ・オ・ケ・カイのベースラインがひらめいたのだという。僕にとっては目からウロコのエピソード。
バリーはハワイアン・ミュージックをクロスオーバーさせてしまう才能あふれるアーティストであるけれど、人一倍ネイティブなハワイ音楽のルーツに対して愛情を持っている。ハワイ文化への思い入れの強さは僕など足下にも及ばない人。だからこそのHAPAのすばらしさなんだ。
バリーのギターとネイサンの歌声、HAPAが演奏するフラ・ソングはいい。けれどHAPAの音楽はフラのBGMではない。フラを踊るのにすばらしい音楽ではあるけれど。このニュアンス、わかってもらえたらいいのですが。
コンサート、楽しんでくださいね。

ヘエイア





HAPAの演奏でよく知られるヘエイア(He'eia)というフラ・ソング。
これも僕のお気に入りの歌。
カーネが踊ってもワヒネが踊ってもかっこいい。
オアフ島にヘエイアという場所がありますが、この歌とはまったく関係ありません。この歌のヘエイアは、ハワイ島ケアウホウの北にあるサーフィン・スポットの名前。
もともとはカラーカウア王をたたえるチャント、しかもサーフィン・ソング、それでいてじつはエッチな歌、という一粒で何度もおいしい(?)歌なのです。
カラーカウアが実際にここを訪れ波乗りをしたのを記念に作られたとも言われています。カラーカウアさんもサーファーだったんですねぇ。(ちなみにカメハメハ王もそうとう凄腕のサーファーだったと言われてます)
チャントが作られたのはビーチボーイズが登場する100年近く前、ヘエイアは世界最古のサーフィン・ソングじゃないだろうか?

歌詞と訳はこちら↓

ワイキキ・ホオラウレアにて



ワイキキ・ホオラウレアで見つけたフラ・ガール

ワイキキ・ホオラウレアのイベント・レポートこちら↓

http://www.hulalea.com/diary/hula.html

メリー・モナーク2009 日本版DVD



この連休に東京で開催された[(http://www.nahiwa.com/|フェスティバル・ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ2009)]のコンサートに行った人も行かなかった人も、この機会にぜひ観ていただきたいのがこれ。
 [(http://www.rakuten.co.jp/hulahawaii/1764159/390787/1859503/|メリー・モナーク2009 日本版DVD)]

ハワイでのリアルなステージを再現する映像が、”ハワイで観るハワイのフラ”の素晴らしさを伝えてくれます。

このDVD制作の監修の仕事を引き受けるにあたって僕がこだわったのは”バージョン・アップ”。このブログでも[(http://hulanavi.enq1.shinobi.jp/enquete_p/57471/|読者アンケート)]
をしてみなさんに意見を求め、いくつかのことは実際に取り入れることができました。(バージョン・アップの内容は以前[(http://daisuke.blog.mo-hawaii.com/566.html|こちら)]に詳しく書きました)

「ここまでやっちゃったら、ハワイまで観に行く必要なくなっちゃうじゃん」と、かすかな皮肉を込めてフラ専門誌スタッフに言われたとき、僕は求めたレベルのものができたと確信して少し安心しました。
それは、メリー・モナークの会場に日本人が大挙しておしかけることに懐疑的である僕の個人的なスタンスから来る安心感なのですが・・・
なぜ懐疑的なのか、そのことについては以前少し触れたし、ここで個人的な意見を展開するのはやめておきます。
とにかく、このDVDに収められたハワイのフラ・ダンサーたちの踊り、クムフラ・インタビューが伝える精神性、そして日本語訳された綿密な解説などから、きっとたくさんの感動と学びを得られるはずです。

ご購入は[(http://www.rakuten.co.jp/hulahawaii/1764159/390787/1859503/|こちら)]からどうぞ。


ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ2009




この連休19日20日21日、東京では[(http://www.nahiwa.com/|フェスティバル・ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ2009)]が開催中。
フラ大会の最高峰メリー・モナーク・フラ大会の入賞グループと、ハワイ音楽賞の最高峰ナ・ホク・ハノハノの受賞ミュージシャンのパフォーマンスを楽しめる昨年から始まったコンサート・イベント。(今年の出演者リストはオフィシャル・サイトを参照)
昨年に続いてプログラム・パンフレットのナ・ホクのパートの原稿を書かせていただきましたが、今年は会場に観に行くことはできませんでした。行かれたかたは感想などコメントしてくれたらうれしいです。

ハワイは今夜、アロハ・フェスティバルのメインイベント、ワイキキ・ホオラウレアなので、ちょっと観に行ってみます。

今朝のマノアのダブル・レインボー





ハワイの伝説によれば
マノアの雨はカウアトゥアヒネ
マノアの虹の女神カハラオプナの母の名前


カヴィカ先生



先週末、ワイキキでアロハ・フェスティバルの開会セレモニーが行われた。(イベントレポートは[(http://www.hulalea.com/diary/hula.html|こちら)])
オープニングは、フラ・ハラウ・オ・マイキのフラ・カヒコ・パフォーマンス。
写真を撮りながら見ていたら、懐かしい顔が!
ソロで踊ったカーネ・ダンサーは、15年くらい前のハワイ語クラスの先生、カヴィカさん。
もう15年も経ってるなんて今計算してみてびっくりした・・・
ハワイ大学のコミュニティー・カレッジで彼が教えるハワイ語のクラスが、僕のハワイ語学習のスタートだった。もちろんクラスはハワイ系はじめローカルばかり。日本人は僕だけ。
気になるみんなの視線を感じながらのハワイ語クラスの時間、カヴィカ先生はそんな僕に授業中よく質問をしては発言させた。
「ヘイ、ダイス!おまえは何でハワイ語になんて興味があるんだ?」
「ダイス!ハワイの音楽は聴くか?誰が好きなんだ?」
「ダイス、このハワイ語は日本語ではどう言うんだ?」
みんなの前でこういう質問に答えていくうちに、僕はいつのまにクラスになじんでいった。
クラスの前でひとりずつチャントをする、という授業もあった。
めちゃくちゃ緊張しながらやった。
「ワオ、ダイス、やるじゃないか!声がよく出てたよ。みんな、日本人のダイスに負けてるんじゃねえぞ!」
いつもこんな調子のカヴィカ先生のおかげで、僕はハワイ語のクラスが大好きになっていた。
初めてフラを踊ったのも、このクラスでだった。
先生と、生徒の一人のフラダンサーの女の子が、クラスのみんなに一曲教えてくれた。
校内のハワイアン・イベントで発表するためだった。
忘れもしない、曲はマカハ・サンズのケ・アラウラ。今も大好きな曲。

カヴィカ先生の話のなかでとても印象に残っていることがある。

ピンク・プルメリア





ペレ&ヒイアカ神話



フラ・カヒコのメレの“原典”であり、踊りで物語を伝えるフラの“原点”ともいうべき、ペレ&ヒイアカ神話。口承で伝えられたその物語は、現代まで文字にした本という形では存在していませんでした。だから知りたくても人から聞いたり、フラのメレの内容を勉強したり、物語の一部あるいはおおまかなあらすじが書かれた文を読んだり、断片的にしか知り得なかったのですが、ちょっと前にすごい本が出版されたのです。ずっと気になっていたその本をついに購入しました。ハワイで定価40ドル。500ページ近くもある大型本です。タイトルはEpic Tale of Hi'iakaikapoliopele。ハワイ語版と英語版があります。
ちらちらっと内容を見ると、本文のストーリーの語り、そして合間に挿入されるのがペレやヒイアカその他の登場人物が作中で唄うチャント、その数なんと375!インデックスを見ると、本文中に出てくる雨の名前が約30、風の名前にいたっては280!
英語版をちびちびと読んでいこう。


今朝のダブルレインボー