モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2006年7月

フラ テレビ撮影



日本のテレビ・クルーのコーディネートをしました。
マカハ・ビーチでフラ・ダンサーがカヒコを踊るシーンの撮影。

Hula Girl at Keiki Hula Competition



ニール・ブレイズデル・アリーナでケイキ・フラ・コンペティションが行われています。
20日(木)ソロ大会で踊っていたケイキ。ということは14歳以下。大人っぽい!

21日(金)午後6時〜カヒコ
22日(土)午後1時〜アウアナ
チケット10ドル
{/file/keiki+hula+ticket.jpg}

島人の宝〜島言葉



愛すべき島の空、海、唄。
空を読む術は忘れられ、サンゴの海は汚れ、島言葉は消えていく。
前世代から受け継ぐことができなかった悲しみ。
今受け継いでいこうという思い。
島の自然や文化とのかすかな接点と、実体験としてもっている確かな島の記憶。
島人として生きていくうえでの大切なこと、それを知りたいと思う若い世代。
石垣島への熱き想いを「島人ぬ宝」という唄にたくしたビギンのメッセージは、ハワイの島文化を愛するハワイの人々の心をも代弁しているかのようで、僕の心に深くしみわたる。
ハワイの人々と沖縄の人々が共有することがある。
それは、自分が生まれ育った土地に伝わる民謡の、言葉の意味さえわからないという悲しみ。
島言葉について考えてみたい。

Hula Doll



ダッシュボードの上のフラ・ガール

カ・ヒナノ・オ・プナ Ka Hinano O Puna



ハワイ島プナに咲くヒナノの花を歌ったカイナニ・カハウナエレのオリジナル・ソング。ハワイアン・ソングにヒナノの花が出てきたら、そこには少なからずセクシャルな香りがする。「プナに咲くヒナノ、私が求めるもの、心を狂おしくさせる、あなたの愛を求めて、海辺に揺れる花」という歌いだしで、途中から燃え盛るペレの炎のイメージが描かれる、美しくシンプルなメロディーラインを持つ歌。フラ・カヒコのチャントがアウアナっぽくアレンジされたような泥臭く荘厳なこの歌は、多くのフラ・ハラウによって取り上げられ、フラ・フェイバリット・ソングとなっている。

フラ・ホオラウナ・アロハ 2006



今日、ロイヤル・ハワイアン・ホテルの中庭ココナッツ・グローブで「フラ・ホオラウナ・アロハ」コンペティションが行われました。
日本から「ソロ」「グループ・ワヒネ」「グループ・クプナ」の各カテゴリーに出場のダンサーたちが、ハワイのクムフラ・ジャッジと観客を前にパフォーマンス。
結果は、ソロ優勝が鳥取県から参加の武良範子さん(フラ・ハラウ・ピカケ・テルヌマ)、グループ・ワヒネ優勝は、神奈川県のナー・レイ・オ・ポーポーハウ(寺部恵子)、 グループ・クプナ優勝は北海道のモンマ・フラ・グループ(門間ひさこ)でした。写真はグループ・ワヒネ優勝の受賞シーン。

フラレア最新号



フラレア最新号(Vol.25)が7月12日発売されます。
メリー・モナーク大会レポート、キング・カメハメハ・フラ大会レポート、ケアリイ・レイシェル・インタビュー他。付録CD付き。詳細はこちら→ http://www.hulalea.com/mag_25.html

HULA Lea (フラレア) 2006年 08月号 [雑誌]

北海道へ行きます!



札幌でハワイ・イベントです!
マウナルア&スタジオ・リムと一緒に参加です。

 ◆札幌フラ・ヘブン◆
フラ・ステージ&マウナルア・コンサート
日時: 7月30日(日)
場所: ジャスマックプラザ

北海道中のフラ・ダンサーが集合する「札幌フラ・ホイケ」
  会場 ジャスマックプラザ・セントラルコート 2:00pm〜
  フラ・ダンサー募集中!グループで申し込みください。[(http://www.fmnorth.co.jp/EventM.asp?EID=1120|こちら)]から!
  メールでのお問い合わせは[(mailto:daisukeyoshimi@hotmail.com|こちら)]
ハワイから人気ハワイアン・バンド「[(http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discographylist/A018954.html|マウナルア)]」のコンサート
  会場 ジャスマックプラザ・ザナドゥ 5:00pm〜
  チケット発売中!
  ≪前売≫全自由\6,500(税込)
  [(http://www2.lawsonticket.com/|ローソンチケット)](Lコード 18086)
  チケットぴあ(Pコード 607-499)

北海道のフラ・ダンサー&ハワイ・ファンのみなさま、札幌で会いましょう!

チュラマナ



「魂を潤す島の自然の美しさとそこに宿る氣。島のバイブレーションをいっぱいに浴びて、二人の女性が僕らのために歌い踊る。喜びも悲しみも、ウクレレと三線の音にからめて。島の言葉と音階が僕らに大切な何かを思い出させてくれる。これは島人の心をもったすべての人に届けられた、極上のうちなー×ハワイ・ミュージック。さあ、島の風に吹かれに行こう。」