モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2006年2月

Pua Kenikeni



プア・ケニケニのつぼみたち。
花が咲くと、すごく甘い香りがするんだよ。

4月 ハワイ文化に触れる5日間



ISEC Japanが提供する4月の5日間集中講座申し込み受付中です。
クラス・スケジュールは以下の通り。

4月3日(月)〜7日(金)
フラ、レイ・メイキング、ハワイ語を学ぶ5日間コース

4月10日(月)〜14日(金)
オリ&カヒコを学ぶ5日間コース

4月17日(月)〜21日(金)
師範者向けの5日間コース

申し込みしめきりは3月中旬。
詳細を[(http://www.mo-hawaii.com/hula/isecjp/|こちら)]でご覧になって、4月のハワイ行きをご計画ください。

申し込みお問合せはこちらまで。
E-mail: tokyo@isec-japan.org
TEL: 03-5575-8066

>>[(http://blog.with2.net/link.php?204880|{/file/banner2.gif})]>>

フラ・レッスン体験レポート by ぷよぷよ 2



読者レポーターぷよぷよさんが11月にハワイで参加したISEC Japan主催「ハワイアン・カルチャー・アカデミー」初級者コースのレポート、第2弾です。

(レポート第1弾は[(http://daisuke.blog.mo-hawaii.com/94.html|こちら)])

お気に入りハワイアン・ソング 更新



モーハワイのサイトに連載しているお気に入りハワイアン・ソング」エッセイを更新しました。今回は僕の大好きな曲、マノア・イン・ザ・レインです。
 → http://www.mo-hawaii.com/hula/daisuke2/

メアリー・カヴェナ・プクイ



Do not look back on the past with scorn and criticism, look back with understanding and appreciation.
〜Mary Kawena Pukui
(過去を蔑み非難するために振り返るのではなく、理解し感謝するために振り返ろうじゃないか。)

**メアリー・カヴェナ・プクイ**

Mary Kawena Pukui という名前を繰り返し目にするようになったら、あなたも相当勉強熱心なフラ・ガールか、ハワイ文化愛好家の仲間入りと言えるでしょう。メアリー・カヴェナ・プクイ女史といえば、ハワイ語辞書の決定版『Hawaiian Dictionary』の編纂者として有名なかたです。ハワイが王朝終焉からアメリカ領になっていく激動の時代の只中、1895年に生まれ、1986年に他界するまでの91年間の人生で、著者・共著者として50冊もの本を書き、150曲ものハワイアン・ソングをコンポーズし、クムフラとしてフラを教えた彼女は、ハワイの歴史や伝説、言い伝えなどに詳しく、ビショップ博物館のトランスレーターとしてたくさんのハワイ語による文献や資料の翻訳に勤めたハワイ語とハワイ文化のエキスパート。フラを学ぶもの、フラを教えるもの、ハワイの文化と関わりを持つもの、ハワイアンの文化と言語とその教えを学ぼうとする現代のハワイの人々に、多大な恩恵をもたらした女性、それがメアリー・カヴェナ・”ウラ・オ・カ・ラニ・ア・ヒイアカ・イ・カ・ポリ・オ・ペレ・カ・ワヒネ・アイ・ホヌア・”ウィギン・プクイです。彼女が残してくれたハワイ語辞典『Hawaiian Dictionary』、ハワイ語ことわざ格言集『'O-lelo No'eau』、ハワイ地名辞典『Place Names of Hawaii』、ネイティブ・ハワイアンが持つ島人的価値観を理解するための手引き書ともいうべき『Na-na- I Ke Kumu, Look to the Source』などの文献のおかげで、僕らはフラの唄の内容を理解し、ハワイアンが伝えるメッセージを聞き取り、ハワイ的価値観に目覚めることができるわけです。


>>[(http://blog.with2.net/link.php?204880|{/file/banner2.gif})]>>

今週末のイベント



ハワイ・シアターでフラ・コンサート「Ka Po'e Hula」
2月17日(金)&18日(土)
サンフランシスコのフラ・ハラウNa Lei Hulu I Ka Wekiuによるフラ・コンサートがハワイ・シアターで行われる。チケットは25ドルから35ドル。
http://www.hawaiitheatre.com/event_calendar.html
ビショップ博物館にて「メアリー・カヴェナ・プクイ・フェスティバル」
2月19日(日)10:00-17:00
ハワイ語、ハワイの歴史や伝説、言い伝えなどに詳しく、ビショップ博物館のトランスレーターとしてたくさんのハワイ語による文献や資料の翻訳に勤めたハワイ語とハワイ文化のエキスパートだったメアリー・カヴェナ・プクイ女史。1895年に生まれ、1986年に他界するまでの91年間の人生で、著者・共著者として50冊もの本を書き、150曲ものハワイアン・ソングをコンポーズし、クムフラとしてフラを教えた彼女の偉業をたたえるフェスティバル、今年が第6回となる。ハワイ、アラスカ、マサチューセッツのネイティブ文化をシェアするパフォーマンス&ストーリーテリングを楽しむ。
http://www.bishopmuseum.org/index.html

>>[(http://blog.with2.net/link.php?204880|{/file/banner2.gif})]>>

ファンドレイザー



メリー・モナーク出場フラ・ハラウのファンドレイザー・イベントのシーズンです。

ハラウ: Halau Hula 'O Napunaheleonapua
日時: 2月25日(土)4:30pm – 7:30pm
場所: Benjamin Parker Elementary School(カネオヘ)
備考: 人気のHolunapeやCody Pueo Pataのハワイアン演奏が楽しめる。
チケット: 前売り10ドル

ハラウ: Halau Ke Kia'i A O Hula
日時: 2月25日(土)2:30pm – 7:30pm
場所: Rumour's Nite Club(アラモアナ・ホテル)
備考: ここのパーティーはいつも楽しいと評判!
チケット: 前売り10ドル

どちらもお問合せはまで。


>>[(http://blog.with2.net/link.php?204880|{/file/banner2.gif})]>>

ハワイ移住セミナー



僕は学生ビザでハワイに来ました。
語学留学をした後ハワイ大学へ通い、卒業したあと就労ビザを取得して仕事を続け、昨年永住権を獲得して、ハワイに住み続けています。
ハワイに住みたいという人はたくさんいますが、それを実現するのはなかなか大変ですよね。フラとは関係ありませんが、ハワイ移住を夢見ているかたのための、ハワイ移住、ビジネス&不動産で豊かな生活を手に入れる、というテーマのセミナーが開催されるそうですよ。参考までに。

日時: 3月5日(日)13:00-18:00
場所: 東京 茅場町 金融財務研究会 日進ビル2F会議室
料金: 18,000円(税込)
詳細は[(http://www.financialacademy.jp/link/687/seminar/780.html|こちら)]

タヒチアン・ダンス大会



タヒチアン・ダンスの大会がホノルルで3月に開催されます。

Heiwa i Honolulu
日時: 3月8日〜11日
場所: ワイキキ・シェル
チケット: 15ドル
オフィシャル・サイトは[(http://www.tahitinuiinternational.com|こちら)](英語)

タヒチアンを見て楽しんだ後は、踊って楽しもう。
タヒチアン・レッスンの情報は[(http://www.mo-hawaii.com/hula/yoko/|こちら)]。


>>[(http://blog.with2.net/link.php?204880|{/file/banner2.gif})]>>

風の谷



虹の谷マノアが、今日は風の谷。
すごい圧力でうなりをあげて谷を吹き抜けていく。
大木も揺れる。
ずっと吹き続くのではなく、海のうねりのように、ときどき風のかたまりが通り過ぎていく感じ。

ハワイは、それぞれの土地に降る雨や吹く風に名前があるんだ。
昔のハワイアンがつけた名前。
マノアには「カウアトゥアヒネ」という名前の雨があって、「カーケア」という名前の風がある。カーケアはマノアに吹く一番強い風の名前。
今日吹いているこのような風がまさに「カーケア」だと思う。


>>[(http://blog.with2.net/link.php?204880|{/file/banner2.gif})]>>