モーハワイ☆コム

カテゴリー:踊る島人(フラ・タイムマシン)

アロハ・アーイナ〜後編



[(http://www.mo-hawaii.com/index.html|モーハワイ)]のフラ・コーナーに連載中のコラム[(http://www.mo-hawaii.com/hula/daisuke/|『ハワイからの贈り物』)]を更新しました。
前回の「[(http://www.mo-hawaii.com/hula/daisuke/11/index.html|アロハ・アーイナ)]」の続きです。“標的の島”カホオラヴェ島のその後です。

モーハワイ『ハワイからの贈り物』
[(http://www.mo-hawaii.com/hula/daisuke/12/index.html|アロハ・アーイナ〜後編)]

アロハ・アーイナ



モーハワイに連載中のフラ・コラム[(http://www.mo-hawaii.com/hula/daisuke/11/index.html|『ハワイからの贈り物』)]に記事をアップしました。
テーマは「アロハ・アーイナ」。
ハワイ諸島のなかでもっとも小さくて傷ついた島、カホオラヴェ島について語ります。

フラと森とラカのメッセージ 2



フラの女神がいたハワイの森について考える。

モーハワイに連載の[(http://www.mo-hawaii.com/hula/daisuke/10/index.html|「ハワイからの贈り物」)]にアップしました。

本当はエッチなフラ・ソング 2



性表現のしかたの違いこそあれ、フラ・ソングに込められたエロティシズムは現代に作られた歌の中にもしっかりと生きている。
色っぽいフラ・ソングに『ケ・アロハ』がある。
腕に抱いた恋人が甘い香りを放つ夜、口から漏れる声、愛の行為に感じる身体、甘い吐息に心ときめき、抱き合う二人は喜びに酔う、というような内容の、明らかなラブ・メイキング・ソングである。艶っぽい大人のお色気いっぱいな雰囲気だ。

本当はとてもエッチなフラ・ソング 1



フラはセクシーである。
フラを踊るダンサーを見て、色気を感じたり、そこに性的な表現を見出してしまうのは、決して恥ずべきことではなく、むしろ当然なのである、ということについては以前も書いたが、僕はフラを見る側の人よりも、むしろ踊る側にそのことについての認識を新たにしてほしいと思っていた。なぜならフラの明るい性表現は、ハワイ的価値観に根ざした文化によるものであるから。多面的なフラのある一面に確実にある「性の謳歌」の部分を、汚らわしがったり恥ずかしがったり見て見ぬふりをしたりしていては、ハワイアン・スピリットにあふれたフラの本質をいつまでたってもつかむことができないと思うからだ。

フラと森とラカのメッセージ 1



UWE KA LANI, OLA KA HONUA.
『空は泣き、大地に命を宿す』というハワイアンの格言。

フラの女神がいたハワイの森について考える。
モーハワイに連載の[(http://www.mo-hawaii.com/hula/daisuke/09/index.html|「ハワイからの贈り物」)]にアップしました。

フラ・ガールのイメージ 2



**ハリウッド映画のフラ・ガール**

ハワイを舞台にしたハリウッド映画のなかで興行的に成功した最も古いものは1932年の「バード・オブ・パラダイス」だと言われている。白人男とハワイ原住民の娘が恋に落ちる冒険とロマンスという内容が、いかにもという感じだが、この映画を筆頭に多くのハリウッド映画のなかで、フラ・ガールは腰蓑やセロファン・スカートをはき、ハパ・ハオレ・フラ・ソングに合わせて腰を振っている。ハリウッド女優の性的魅力を映し出す格好の役回りであったわけだ。

フラ・ガールのイメージ 1



♪青い太平洋の向こうの島へ
♪帰りたいという思いが消えない
♪理由は明快
♪思い焦がれるあの人

♪それは茶色い肌の女の子
♪腰蓑はいて
♪草葺の小屋にいる
♪ハワイのあの娘

Little Brown Gal (1935)

島人の宝〜島言葉



愛すべき島の空、海、唄。
空を読む術は忘れられ、サンゴの海は汚れ、島言葉は消えていく。
前世代から受け継ぐことができなかった悲しみ。
今受け継いでいこうという思い。
島の自然や文化とのかすかな接点と、実体験としてもっている確かな島の記憶。
島人として生きていくうえでの大切なこと、それを知りたいと思う若い世代。
石垣島への熱き想いを「島人ぬ宝」という唄にたくしたビギンのメッセージは、ハワイの島文化を愛するハワイの人々の心をも代弁しているかのようで、僕の心に深くしみわたる。
ハワイの人々と沖縄の人々が共有することがある。
それは、自分が生まれ育った土地に伝わる民謡の、言葉の意味さえわからないという悲しみ。
島言葉について考えてみたい。

Hula is sexy!?



ここであらたまって告白するほどのことではないのですが、僕はフラを踊る女性の姿がとても好きです。それがステージの上で踊る姿でも、気軽なパーティーの場で踊る姿でも、テレビの画面の中で踊る姿でも、僕はフラを踊っている女性を見ると、何ともいえない魅力に気持ちが高揚させられるのです。