ライエイカヴァイの神話
The Hawaiian Romance of Laieikawai
第2章と第3章のあらすじ

オアフ島にかかる虹を見て特別な人の存在を予感したカウアイ島の予言者が、カヌーの船頭に運んでもらってオアフへ渡ります。カアラ山、コオラウ山へと虹を追いかけますが、目当ての人を見つけることができません。
一方、虹をかける張本人である秘密の子供ライエイカヴァイは、乳母である祖母ヴァカに連れられモロカイ島へ移動します。虹がモロカイ島へ移動するのを見て、予言者は虹を追ってモロカイ島へ向かいます。