メリー・モナークを観に来る日本人の数は目に見えて増えている。
それによる問題もある。
ハワイの人たちが会場に行けない。ハラウのファミリーでさえチケットを取るのが困難になっている。会場に日本人の数が多くなった。そのため英語のアナウンスを理解しない人たちが会場でのルールを破るというケースが多くなった。今年からだと思うが、ついに会場で日本語による注意事項のアナウンスが行われるようになった。今年からメリー・モナークのチケットの裏には日本語で注意事項が印刷された。 指摘されてきた日本人のマナーの悪さに対処するための策だ。守られなかった注意事項がこれで守られるだろうか。

今回会場で偶然会った、知り合いのハワイアン女性は、たった今経験したことを驚きと悲しみの表情で僕に話した。
会場がオープンし、自由席に向かう彼女と彼女の息子を突き飛ばして、日本人奥様グループが後ろから我先にと駆け込んで席の奪い合いを繰り広げたそうだ。

こんな人たちにフラの何がわかるのだろうかと、日本人の僕は悲しくなってくる。