モーハワイ☆コム

かなりのご無沙汰



このブログの存在を忘れてた……

出産、子育てに追われてた。

最後にハワイに行ったのは6年以上も前か。

子供が成長し、幼稚園も四月からは年長さん。

来年にはランドセル姿。

早いな〜(´・_・`)

子供が幼稚園のうちにハワイに連れて行こうと計画してたけど、

もうあと一年しか時間がなくなっちゃった。

今年こそは渡ハワイ�

…………せめて沖縄だけでも。

息子はすっかりサメ博士に成長し、

将来は海にまつわる仕事につきそうな予感。。。(。-_-。)

まずはできることからはじめよう!



3月11日に東日本大震災が発生しました。

それに伴って各地で計画停電が実施されはじめています。


私の住んでいる練馬区は23区内のため計画停電の区域から外れていますが、
それでもいつ電気の供給がストップする緊急事態が起こるか分からず不安です。

少しでも節電できるように家中のチェックをしました。

まず、コンセント。

OAタップを使っている箇所が結構あり、使っていない電源はOFFに。

もともとOFFのものが多かったけど、手の届く所は思い切ってコンセントを抜いてみた。

変な体勢で狭い所に腕を突っ込むものだから、肩から首にかけて筋がつりそうになって焦った焦った。

あとは昼間の室内の電気はテレビ以外は全てOFF。

そして太陽が沈む前に息子とお風呂を済ませて早めの就寝を決行。

息子が寝た後はまたテレビ以外の電気は極力点けないように心掛ける。



とまあこれくらいしか実行できてないけど、電気に気を使うように心掛けることが一番の節電への近道のような気がします。

皆で節電すれば計画停電の地区も回数も減ると考えます。

栃木県真岡市にある私の実家も地震の後、まる一日は停電になっていました。

連絡を取りたくても通信手段は全く役に立たず、ようやく父の携帯から連絡が来たのは地震発生から6時間後でした。

実家の近くに住む次女の姉夫婦も全く連絡が取れず、アメリカに住む長女の姉から連絡が入り、アメリカから父に連絡を取り、その後長女姉とmixiを通じて全員の無事を確認できたというメッセージが届いてホッと胸をなで下ろす、という大変な経緯がありました。

実家では電気のない寒い夜を父と母と二人で一緒にこたつの布団で寝て過ごしたそうです。

次女姉とは翌日に連絡が取れて地震発生時の恐ろしい体験をお互いに手短に話しました。

それぞれの家族の安否や現状など心配することはたくさんありましたが、ひとまず皆が無事だということが分かり安心しました。

今は電気も回復し、ようやく普段の生活に戻れそうなときに今回の計画停電です。

実家の地域も停電を実行されます。

真冬ではなくてもまだ寒い時期です。特に夜と朝の冷え込みは厳しいです。

両親は逞しく生きていますがそれでも心配です。

一日でも早く計画停電のない日常に戻れるように、どんな小さなことでもいいから努力していきたいです。


地震発生の時、私は池袋のサンシャインの地下一階に息子と二人でいました。

いやぁ〜怖かった!!

帰宅難民にならずに帰れたのが奇跡のようです。

どうやって帰れたのか話せば長くなるのでまた気が向いたら日記に書きます。

今はそれよりも節電や節約の努力に励みたいと思います。

キャ〜大変!!



ずっとずっとブログの更新を忘れていました・・・

気付いたら二年以上経ってる!

ブログ管理人よりメールが届いてびっくり!!

過去のブログの日記や写真が削除されてしまうそうな。

やばいやばい!

まめに更新、忘れずにしなくちゃね。

ひとまず更新のための日記となりました。

子育て頑張ってますよ!

息子も今年の春には幼稚園に入園、立派に育っております。

一年経った、早いね〜



息子の誕生からあっという間に一年が過ぎ、とうとう一歳の誕生日を12月5日に迎えました〜



ってもうだいぶ時間が経過しちゃってますが・・・

そんでもって、ブログの更新も一年以上行ってなかったわけで・・・

久しぶりに自分のブログをチェックしてびっくりしちゃいました。

これからはもうちょっとマメに更新できるといいな。



一年前の地獄(?)の出産から、日々の育児に追われ、時間に追われ、

とにかくあっという間に一年が経ってました。

ほんと、あっという間。

この一年は、毎日が忙しくて、毎日が充実してて、毎日が楽しかった。

育児に疲れてめげそうになったこともしばしば。

でもそんな時は出産したときの事を思い出して、自分を励ますようにしました。



息子の成長がこれまた楽しかった。

昨日まで、いや、さっきまで出来なかったことが次の瞬間には出来ていたり、

寝返りからハイハイまでの経過も面白かった。

つかまり立ちするのも他の同じくらいの月例の子よりも早かった。

歯が生えるのも早かった。現在上下4本ずつ、計8本しっかり生えてます。

あんよも早かった。

今では歩くことが楽しくて仕方がないみたい。



一歳の誕生日にはケーキとバースデーカードを用意して、ちょこっとケーキを食べさせてあげたらすんげー大喜び!!

世の中にはこんなに甘くて美味しいものがあったのか!!とばかりの反応の良さに親である私もビックリしましたよ。

これで美味しい味を知ってしまったね〜

ま、一つ大人になったわけだし、いいよね。



プレゼントには青色のロディ。(写真のロバっぽいやつ)

これがまたかなり気に入ってくれたみたい。

ロディにまたがってボヨンボヨ〜ン!!って遊ぶんだけど、耳にかじりついたりなどちょっと使い方間違ってることもたま〜にある。

でも楽しそうなので思う存分にやらせてあげてます。



実家のじーじばーばからは「リラックマ」のシューズが届きました。

誕生日の数日前に

「靴を贈りたいんだけどサイズは?」

との電話があったので、

「13センチ、でもすでにアシックスの靴をもってるからアシックスじゃないのがいいな」と答えたら、

「分かった、まかしとけ!」

というやりとりがあったので、プレゼントの包装紙にうっすらと「リラックマ」と透けて見えたときには???って感じでした。

そう、まさかキャラクターものの靴が届くとはこれっぽっちも思ってなかったのですわ。

ダンナに「ねえねえ、リラックマの靴が届いたよ〜」と笑いながら見せたら、

「・・・・そうだよね。普通こういう靴だよね。」と妙に納得。

私たちの中では靴はスポーツメーカーのものが当然みたいな感覚が根付いてしまっていたので
意外なものが届いたみたいな反応をしてしまいました。

でも、息子の足に履かせてみたら本人も嫌がることもなく履いているので

「じーじばーばからのプレゼントだよ〜。良かったね〜」と言ったらニコニコ笑ってました。

写真のロディと一緒に写ってるのがそれ。



一年があっという間に過ぎたなら、これからの一年もあっという間に過ぎるに違いない。

息子の成長っぷりの良さもとても楽しい。

赤ちゃんから子供になっちゃったんだね〜

もうちょっと赤ちゃんを楽しませてもらいたかったけど、嬉しいことだものね。

お母さん、君のためにこれからも頑張るよ!!

お父さんも頑張ってくれるよ!!

約束するよ。

やっと産まれました!!



予定日から11日過ぎた12月5日の午前1:44に体重4188g体長54cmの元気な男の子を出産しました〜
ダンナのDNAが強く遺伝したのか、やっぱりBigサイズベイビーでした。

入院当初は普通分娩の予定で陣痛を促進する点滴で様子を見てました。
陣痛も始まり、子宮口も3cmまで開いていたのでそのまますんなりと行けると思って頑張りましたが、陣痛は強くなってるのに子宮口がなかなか開いてくれませんでした。
「もういやだ〜、もう帝王切開にして〜」と弱音を吐いてしまうほど辛い時間が過ぎていき、陣痛開始から約13時間が経過した時点で子宮口の開きがまだ6cm。
このままだと赤ちゃんは元気だけど母体と子宮が疲れて持たないという事で急遽帝王切開に切り替えになりました。

そっからが凄かった。

陣痛に苦しむ私にお構いなしにレントゲン撮ったり心電図計ったり、丸裸にされてお腹の周りの毛を剃られたり。
そんなドタバタの中で担当医は手術の説明やら同意書のサインを求めたり。
苦しみながらサインして拇印おして。親指についた朱肉を拭く余裕もなかった。
そのままストレッチャーに乗せられて手術室へ。
麻酔から赤ちゃんの産声が聞こえるまで15分くらいだったかな。
初めて泣いた声を聞いた瞬間に思わず涙が溢れ出しました。
産まれたての赤ちゃんを顔の横まで連れて来てくれて見せてもらいました。
何だかとっても不思議。
さっきまでお腹の中にいた胎児が今は赤ちゃんになって私の横にいる。
それにしてもカワイイなぁ〜

ずっと一緒に頑張っていてくれたダンナは残念なことに帝王切開なので立ち合えませんでした。
赤ちゃんと対面する瞬間を一緒に味わえなかったのが辛くて、また涙が溢れてきました。

赤ちゃんも元気に産まれたしあとは胎盤剥がして終わりだ〜とぼーっと考えていたら、急に気分が悪くなってきました。
何だか先生たちがヒソヒソと話してます。
そこからは一瞬記憶がありません。
気が付いたら術後の始末に入っていて、手術台から降ろされてる所でした。
何故か身体が異常に寒くてガタガタと震えが止まりません。
先に病室で待ってたダンナが震えながら戻って来た私を見て愕然としてるのが分かりました。
すかさず先生の説明が。
「震えているのは麻酔が切れ始めているからです。問題はありません。それよりも心配なのは胎盤が剥がれない癒着胎盤になってました。無理矢理剥がすと大出血になるので胎盤の二割が子宮に残ってる状態です…」とまあこんな感じのことを説明してくれました。
要するに母体に問題発生だったらしい。
だから手術中に気を失ったわけで。

手術が終わり、無事に赤ちゃんも産まれ、あとは私の回復次第。
ところが通常の帝王切開よりも回復に時間がかかり、おまけに赤ちゃんはミルクを飲んでも吐くためNICUに入ってしまった。
毎日車椅子に点滴姿で赤ちゃんに面会に行ってました。
そして退院の前日にやっと赤ちゃんと同室になれました。
初めて赤ちゃんと過ごし、面倒を見るのは本当に嬉しかったです。
退院の日は看護師さんたちの暖かい言葉に見送られて病院をあとにしました。

今は実家に帰り、赤ちゃんのお世話で時間に追われる毎日を送ってます。
なんで泣くのか、なんで吐いてしまうのか、なんでゲップがうまく出してあげられないのか・・・
疑問と不安が次々と襲ってきます。
でも、赤ちゃんの可愛らしい仕草や表情を見ていると、頑張らないと!!と思うわけです。
東京にいるダンナも仕事を休んでずっとそばで一緒に過ごして頑張ってくれてました。
「この人と結婚して良かったなぁ。早く東京で一緒に生活したいなぁ」なんてつくづく思っちゃったりして。

今はまだやらなきゃいけないことを懸命にこなしている感じですが、もう少ししたら色々と考える余裕が出てくるでしょう。
親も赤ちゃんに育てられるってよく聞きますが、これから実感することが多々あるでしょう。
毎日が寝不足でつらいですが、とにかく愛しい我が子のため!
本当にもう可愛くて可愛くて仕方がありません。
早くも親バカになってます。

まだ産まれない



出産予定日は呆気なく過ぎ去り、満月も終わってしまった 

すでに予定日から3日が経ちますが、いまだ兆候ゼロ。

要するに、予定日はあくまでも予定日ってことなのね。

ベビちゃんはお腹の中がよほど居心地が良いのか、

私の栄養を糧に篭城を決め込んでる様子・・・

兵糧攻めなどはできないのを分かってるんだろうな〜ベビちゃんは。(おいおい)

ううーー

早くうつ伏せで寝たいよ〜

スカパー!で録画しといた「LOST シーズン3」のDVDを見ながら

そんなことを考えるのでしたww

まもなく出産!



出産予定日まであと10日になりました

いつ陣痛が始まってもおかしくありません。

安静生活も終わり、最近は毎日2時間のお散歩が日課になってます。

お散歩の途中で何かあってもいいように

携帯とタオルと母子手帳は必ず持ち歩いてます。


はぁ〜

もうすぐ産まれるんだなぁ〜



赤ちゃんが産まれたら時間が不規則になって

自由な時間なんてなくなると思うので

最近はレンタル屋でDVDを借りまくり〜

「24 シーズン6」も全部見ちゃったし、

「プリズン・ブレイク シーズン2」も見終わってるし、

新作モノはけっこう見てます。

今日もレンタル屋に行くから、また数本借りてくる予定。

今のうちに自由な時間を満喫しておかなくちゃね

虫歯発見!!



切迫早産と診断されてから相変わらず安静を強いられてる毎日です。

食べて、寝て、テレビ見て、ネットやって、食べて、寝て・・・

これの繰り返し。

体重は着実に増えております



昨日、朝の歯磨きのときに虫歯になりかかってる部分を丁寧に磨いていたら・・・

なんだかいつもよりも痛みがあるような気が。

恐る恐る鏡の前でお口を大きく開けて確認してみたら、

虫歯が進行してるじゃん!!

マジで〜

これは放っておくわけにはいかんぞ、と言うわけで

実家のそばの昔からお世話になってる歯医者さんへ

間もなく臨月のこの時期になれば麻酔も大丈夫だというので

信頼してる先生だからすっかりお任せしました。

麻酔の前に表面麻酔のシートで歯茎を麻痺させてから麻酔のお注射したら

全然痛くなくって驚いた!

虫歯の部分をちょこちょこって削ってささっと何か塗ってぱぱっと表面キレイにして終了〜

あまりの早業に「もう終わりですか?」と聞いたほど。

この歯の他にもう1本治療したほうが良い歯があるらしく

次回はその歯を治療して終わりらしいです。

しっかし、いまの歯科医療の技術ってすごいね。

前に治療したときから5年くらい歯医者さんにはかかってなかったんだけど

こんなに簡単に治せちゃうなんてねー

出産してからじゃ歯医者さんにはきっと通えなくなるだろうから

今のうちに全部治してしまおう。

赤ちゃん連れてあちこちいけなくなるもんね。

癒してくれるワン



先週、切迫早産と診断されてから

毎日お腹の張り止めのお薬を飲んで安静に過ごしてます。



この前の日曜日は、ダンナが東京から来てくれました。

「マタニティペアクラス」という夫婦揃って出席する講義に参加するためです。

このペアクラスを受講していれば立会い出産ができるというので、とりあえず受けておきました。

立ち会うかどうかはまだ決めてませんが。

久しぶりにダンナに会えて本当に嬉しかった

ここ数日ずーっと部屋に閉じこもっていて、まさに引篭もり状態。

一日のほとんどを横になってテレビを見て過ごしてます。

なので、少しヤサグレてました&emojinaruto;

母ともつまらないことで口論になったりして・・・

家に帰りたくて一人で泣いたりもしてました

そんな時にダンナに会えて、少しだけど二人の時間を過ごせて

心が穏やかになれました。

本当は外出禁止の安静生活なんだけど、

お昼とか一緒に外に食べに行ったりしてとてもリフレッシュできました。

ダンナは日帰りで東京に戻ってしまいましたが

また近いうちに来るからね〜と言ってました。


安静に過ごすことは今の私に一番大切な仕事です。

お腹の張り止めの薬の副作用で動悸が激しくなって苦しいけど仕方ありません。

少しでもお腹のベビちゃんが安心して産まれてこれるように

今はただただ体を回復させることに専念するしかありません。

でもでも、やっぱり退屈〜

そんな時に私を癒してくれるのが

写真のわんこジョニーくん♪

実家の二階の私の部屋の窓を開けると真横に小屋があって

この笑顔で癒してくれます。

一緒にお散歩とか行けないのが残念!

しかし、動物っていいもんだよね〜

一緒に暮らしてるとつくづく感じるのでした。

F1行ったせいかなー



10月7日にとうとう里帰り〜

ただいま妊娠9ヶ月、あと7週くらいで出産予定です。



先月の最後の週末、「F1 日本GP」観戦のために

富士スピードウェイまで行ってきました〜

今回はチケットも大奮発!メインスタンドの一番高価な席です。

ダンナと二人っきりで行けるのはきっとこれが最後のチャンス。

そう思って無茶してお金用意して・・・

宿は、サーキット近くのオートキャンプ場を予約。

こちらも普段の利用代の約3倍の金額です。

いや〜 足元みてるよな〜


新聞やマスコミの報道でご存知の方もいらっしゃると思いますが

今回のF1、とんでもなくトラブルだらけで大変な目にあいました

サーキットにはシャトルバスを利用しないと行けないシステム。

このシャトルバスがねー・・・

行きは良いけど帰りがねー・・・

小雨の降る寒空の下、3時間半も立ちっぱなしでシャトルバスを待たされましたよ

しかも私、妊婦ですよ。妊娠9ヶ月ですよ。

多少の混雑は予想できましたけどまさかこんなに酷いとは、想定外です。

妊婦にはリスクがあることを承知で、それでもF1が好きだから行ったのに、

こんなのあんまりだーーーーー

現地では何事もなく無事に帰ってこれましたが、

東京に戻ってきてからずーっと具合が悪い。

里帰りする日も近づいてきて荷造りしなくちゃ〜と思いつつ、

なんだかダルくてやる気が起きない。

おかしいな〜っと思っていたら・・・・・・


しゅっ、出血!!


慌てて受診!

幸い大したことはなく、お薬もらって安静に。

そしてその3日後に里帰り決行!

ダンナも私も不安がいっぱいだったけど、出血することもなく無事に実家へ帰れました。

一週間後に再び実家へ来てくれるダンナとしばしのお別れ

愛猫タンゴとは出産が済んでからも一ヶ月は会えましぇ〜ん

里帰り一日目からすでにホームシック感じてました。


次の日に両親とホームセンターなどいろんなところでお買い物〜

両親は娘がいることが嬉しいのか、あちこちと連れて行ってくれました。

でもねー、正直言ってねー、ちょっと辛かったかな〜 

その日の夜はすっごい疲れちゃってて夕ご飯もそこそこに早めに布団に入りました。

深夜にトイレに行ったら・・・・・・


またまた出血!! しかも多量!!


こりゃマズイ!と両親をたたき起こし、慌てて病院へ。

診察の結果「切迫早産」でした。

入院を奨められたけど実家と病院は歩いて5分なのでそのまま帰宅。

実家で安静に過ごす日々が始まりました。

今もまだ出血が続いてます。

このまましばらくは安静に暮らさなくちゃならないのかと思うと

超〜つまんない!!

でもお腹のベビーちゃんの為にも安静が必要。

ここはグッと我慢我慢です。

妊婦に無理は禁物なんですね分かってたけど。

こんなに体調が不安定になっちゃったのはやっぱF1に行ったせいなのかな〜

雨の中のレースは面白くて良かったんだけどね。

とにかく安静安静。

はぁ〜 なんかDVDとか見たいなぁ〜 レンタル屋行きたいなぁ〜