ダイヤモンドヘッドから下山してすぐにチョロリーに乗って移動

タイミングはわたしが合わせました えへへ
時刻表をチラッとみて
”後数分でチョロリーが来るからいっそげ~~~”と最後ちょっと早歩きしたのです
おかげで待ち時間ゼロでチョロリーに乗れました
自分の要領の良さに酔いしれたわ

 

って!!!わぉーっっっっっ!!!!!!!!!!!
座席見てーっっっ*☆*――(σ´∀`)σ――ン!!!!*☆*
ソファーみたいだよぉ~~~!!(美化しすぎ????)
疲れた腰に癒しの座席ぃ~★
イエーイ
イエーイ
イエーイ

dscf9110これがかなりラクでした
すべてのチョロリーの座席がこれに変わったらいいのにな←要望強すぎ??


座席に見惚れてる間に

チョロリーは数人乗せて出発
コースどおり、次はダイヤモンドヘッドルックアウトで停車
ドライバーさんが ”降りて写真撮ってきたら?”とすすめてくれました
わたしたち、今、ダイヤモンドヘッドの頂上から同じ景色見てきたばかりなんですけどー・・・・・・
それよりも、自分たちが乗ってるチョロリーのほうが気になるわ♪♪
dscf0196わたし 顔を出してみました
ダーリンと交代で同じ写真を撮り合って(あほーっ)満々満足!!!
このチョロリー、開放的な感じはまったくなく、窓が閉まってたので風を感じませんでした
それもいいんだよなぁ~っっ♪♪←結局、なんでもいい子

たくさんJALパックのチョロリー走ってますが、このタイプに乗れたのはこのとき一度きりでしたぁ~ちょろちょろちょろちょりぃ~