Post-286じ、事件です!!
の真相を追究できず重い空気のまま次への目的地へ走り出したチョロリー

いつまでも気にしてる場合じゃございません
だってチョロリーは前に進んでいるんだもん
サンディー・ビーチのチョット激しい波に心を奪われる


すると!
凧揚げを楽しむ子供達を発見☆

おぉ~~!
タカクアガッテルゥ~テンマデアガレェ~~~のチョロリー運転手の声にチョロリーも和みムードに戻りました。


チョロリーの運転手さんはウクレレ&歌だけではなく、ちゃんと日本語ガイドも、今では流行ってないギャグも入れながらしてくれるんです!!(英語のガイドもあります)
                                  

マカプウヘッド

                                  
そして、突然現れた絶景に見惚れる

マカプウビーチマナナ島・通称ラビットアイランド
ウサギの形に見えるんだって。見える?見えない?そんなことはどうでもいい。
このワイキキオーシャンコーストラインに乗りたかったのはこの景色が見たかったから。
めっちゃ、素晴らしい~♪惚れた~惚れたぜ乾杯

そして、来た道を振り返ると、マカプウの灯台が小さく見えてました。


                                  
シーライフパークに到着

降車する方はコチラでもいらっしゃいません。
みなさん、3時間の観光目的で乗車されたんですね。満席で立ち見の方も多かったのに、、、お疲れ様です。
来た道をハロナ潮吹き穴とハナウマ湾はスルーしてひたすら走り戻ります。

                                  
絶景に見惚れて、忘れてたあの、じ、事件現場を通り過ぎるとき、急に記憶がよみがえり、またチョロリー内はざわつきました
救急車は去ったあとでした。消防車も動き出してました。

消防車の後ろ(私達が乗ったチョロリーが走る反対車線)は大渋滞
チョロリーの運転手が「ダイジョウブネ」と言ったので忘れる事にしました。
じ、事件は何事もなかったことにしましょうそうでありたい。
楽しい旅の最中なので、そう思うことにしました。
                                  
私が座ってる席は、、行きはオーシャンビュー満喫。というコトは、、、帰りはほとんど、山と壁。


写真を撮りすぎて、デジカメの充電も切れちゃいましたわ。
ま、いいか、山と壁だから。
                                  
でも、憧れのダックツアーとウメケマーケットを見たときは念のために握り締めていた携帯で写真を撮りました

                                  
行きにテンション上がりすぎて、ちょっと疲れてきたので船をこいて眠りたい気持ちでイッパイでしたが、とにかくギュンギュン詰めに座ってて狭いため船をこぐスペースがありません。
そう思ってる間にワイキキのホテルが見えてきました。


                                  
もうすぐ終点DFSです
チョロリー、運転手さんお疲れ様です。


3時間のチョロリーは降りたあともしばらく体に振動が残ってました。

本当はツアー特典の無料で乗れるホクレア号「ノースショア&ハレイワ」に行きたかったんですが、予約が一杯で断念
チョロリーもツアー特典で乗り放題だったので、オーシャンコーストラインに乗ることにしました。ケチケチ大作戦の旅行だったので、無料でこんなにも満喫できて、満足でしたぁ~!!