ホーム > 遊ぶページヤッテルハヤッテル > ハナウマベイ2010 by 成長した三つ子たち/2010.03

ハナウマベイ2010 by 成長した三つ子たち/2010.03

どうもどうも、編集長のへなちょこ・しゅんです。
2年前に決闘してくれた三つ子たちのお母さんから連絡が入りました。
派手G母です。
派手G母「三つ子たちは今春、高校生になります。
あの時反抗期だった一応長男ゴルゴ一郎が、
あの後帰国してすぐ、中学受験して入った一貫校を辞めて公立に編入しました。
それまでは家の壁は穴だらけ、私も取っ組み合いは毎日でした….」

おお、大変やったんですね。
まとめると、その後、ゴルゴ一郎は普通の中学生に戻ることができ、
で、今は映画監督を夢見てがんばってるそうです。
そうかそうか。若者は夢を持たねばならぬ。大志を抱け!
がんばれ、ゴルゴ一郎!

派手G母「ここからが本題です」
………(涙)

長いので、まとめます。

■ゴルゴ三郎の卒業を待って、ハワイへ行くことした。
■ゴルゴ三郎はいつかダイビングのライセンスを取りたいらしい。
■せっかくなので、今回のハワイで、三つ子をダイビングに挑戦させたい。
■派手G母は、パシフィックアイランドスキューバ sunnyさんの大ファンである。
■三つ子にダイビングを体験させるなら、「パシフィックアイランドスキューバ」さんで!

ううむ。依頼文の冒頭はまったく関係ないような気がしないでもないけど、
成長した三つ子たちの姿もみたいし、
行ってみようかな、と思ったりして(へなちょこ・しゅん)

依頼者 : おとなしい父とその一家

おとなしい父と三つ子たちです。
さて、夢を追うゴルゴ一郎は、今回から監督と呼ばせていただきます。
ゴルゴ一郎改め監督「あ、どうも」
ついでに、
ずーっと無口なゴルゴ三郎を『無口』
会話が少ない監督と無口の間で、
いつも通訳のように動いているゴルゴ次郎を『間くん』
と改名させていただきます。
っていうか、似たような男ばっかり並んでるので、
間違わないよう写真に名前つけときます。
派手G母「お気遣いありがとうございます」

では、ダイビングに出発です。

07:10 お迎え

パシフィックアイランドスキューバの Taizo さんです。よろしくお願いします。Taizo さんは、サーファーであり、ダイバーであり、トライアスロンな人です。でもって、関西弁です。

ハナウマベイへ向かって出発

関西弁によるツアー説明を受けながら、一路、ハナウマベイを目指します。

おとなしい父と派手G母は、別のクルマで後からついてきています。
いやしかし、大きいクルマを借りましたな。
三つ子がでかくなったからでしょうか。8人乗りです。
間くん「今回、おばあちゃんたちも一緒なんです」
そんなに大人数だと、これくらい大きくないと無理かもしれませんな。

07:47 ハナウマベイに到着

※ハナウマベイ入園料一人$7.50/2010年現在

映画を観ましょう

ハナウマベイは環境保護区域になっている海洋公園です。
守るべきルールがいろいろあるので、
まずは、そのルールについて解説されている短いムービーを見ることが義務付けられています。
間くん「英語ですか?」
通訳してくれるヘッドホンがあるから大丈夫やで。

そうそう、ハナウマベイといえば、このWEBサイトを見るべし▼

ハナウマボーイの究極のハナウマベイ情報/ハナウマ湾ドットコム

監督「通訳ヘッドホン、もらえませんでした」
まじで? ううむ、今日は異国の人が多かったみたいですな(涙)

が、意味わかんなくてもとにかく見たらいいみたいで(そんなんでええんか?)

観終ったら、腕にハンコを押してもらえます。

そうそう、観終わった後、この紙に名前と住所を記しておくと、
『ムービーを観ましたデータ』が1年間残されます。
その期間内は、ムービーを観なくても入園できるようになります。
おとなしい父、どうされます?
おとなしい父「1年以内には来れないと思うのでいいです」
は、はい。

ウエットスーツに着替えましょう

08:26 ウエットスーツに着替えます。

なんだかショッカーになったって感じの3人です。イーッ!
間くん「ショッカーって何ですか?」
え? 仮面ライダーの悪者やんか。まじで知らんの?
(思わず年の差を感じてしまったりして・涙)

ダイビング用具一式を装着し…..
監督「これ、こうなってんだ….」
どうしたん?
監督「いや、なんでもないです」
監督は、一人でぶつぶつ言ってる系みたいです。

08:56 ビーチへ向かって出発。

タンクを背負ってることもあり、ビーチまでは、このシャトルに乗って下ります。

海の中へ…..

09:03 いよいよハナウマベイへ!

おとなしい父が、大人しさがウソのように機敏に動きます。
動画撮影をされてるのであります。
そういえば、無口な三男は、ここまでほとんど声を発しておりません。
でも、サッカー部では活躍されてるそうで、おとなしい父に似てるってことでしょうか?
確かに顔も一番似てるけど。
おとなしい父「そ、そうですか….」

短いコメント、ありがとうございます……

へなちょこ・しゅんは、後頭部の骨が一部ありません。
そんなこんなで、一緒にもぐって撮影することができません。
でも、浅いところなら大丈夫です。
というわけで、出発するところまでを取材しようと思っておりました。

で、試しに水中写真を1枚撮ってみたところで…..
デジカメが動かなくなってしまいました(涙)

防水カメラやったんですけど、
日頃酷使しすぎていたみたいで、浸水してしまったのであります。
そんなわけで、この記事は唐突に終わるのでありました。
ごめんなさい。

おとなしい父「わたしが最後に撮った写真、記事に使われますか?」

は、はい。ありがとうございます(感謝の涙)


コメントを残す