ホーム > 遊ぶページヤッテルハヤッテル > ホクレア号の修理を手伝いたい/2008.03

ホクレア号の修理を手伝いたい/2008.03

あいまいな嫁「ホクレア号が、週末にサンドアイランドで修復作業をしていると聞きました」
ホクレア号といえば、海図もコンパスも使わず、太平洋を走り回ってる古代式航海カヌーですな。
ポリネシアの海洋文化を伝承する素晴らしい船です。
あいまいな嫁「ホクレア号が日本に来航した時に、私たちの町(三浦半島です)の港に停泊し、
早朝出航を見送った事があります。
私たちがハワイ旅行へ行ってる間に、ホクレア号がオアフ島にいるなんて、これも何かの縁!」

そ、そうでしょうか…..
あいまいな嫁「というわけで、ホクレア号の修理を手伝わせてください!」
ま、まじで? そういう風に展開するのですね(涙) 
めっちゃ強引やけど、勢いがあるから採用しちゃったりして(へなちょこ・しゅん) 

依頼者 : あいまいな嫁 & キャミだんな

三浦半島からお越しの、あいまいな嫁&キャミだんなです。キャミだんなは、ハワイでの結婚式の際、下着を忘れて、あいまいな嫁のキャミソールを下に着たそうです。
キャミだんな「ひょっとして、私の名前はキャミだんなになるんでしょうか?」
はい、その通りです。ところで、それは作業着ですか?
あいまいな嫁「ホクレア号の修理をするって言ってはりきってるんです」
おお、すばらしい。
ホクレア号が停泊しているサンドアイランドへ向います。ここだけの話、ちょっと多忙やったので、事前アポイントというものを取ってないのであります(ここだけの話になっていない)
あいまいな嫁「突撃取材ってやつですか?」
はい。追い返されたら、すいません…..
今日は天気もいいし、ホクレア号の修理を手伝えなくても何とか記事になるやろう、と思っていたのであります。っていうか、以前も景色でごまかしたこと
あったような…..。サンドアイランドはそういう場所か?(自分がそういうやつなだけやし)
あいまいな嫁「うわあ、キレイ」
キャミだんな「ここって、編集長お気に入りの場所なんですよね!」
あいまいな嫁「いとこさんを連れてきてた場所ですよね?」
隅々まで見ていただいて、ありがとうございます。では、ここのステキな風景を今一度、どうぞ▼

と、突然、キャミだんなが叫びました。
キャミだんな「あ、ホクレア号!」
え?
キャミだんな「ほら、あれ!」
あいまいな嫁「あ、ホントだ!」
ホクレア号は、普通な感じで、そこにあったのでした。とりあえず、近くまで行ってみました。
キャミだんな「誰も見にきてませんね」
ちなみに
Marine Education and Traning Center
というところです。

中をのぞいていたら、優しそうなおにいちゃんが現れたので、「彼らは日本から来た。ホクレア号と写真を撮りたいんやけど」と言ってみました。

簡単に実現したりして。

キャミだんな「やった! すげっ」

でもって、キャミだんなが持ってきた『日本でホクレア号を見送った時の写真』を見せてみたら….
優しそうなおにいちゃんは、「ホクレア号にあがってみる?」と言ってくれたのでした!!

キャミだんな「え! まじ? すげっ! やったー! すげっ!」
あいまいな嫁「えー、すごい!」
二人とも興奮状態です。

三浦半島からやってきた夫婦、ホクレア号の上ではしゃぐ、の図。

いやしかし、まさか、こんな展開になるとは思いませんでした。優しそうなおにいちゃん、ほんまにありがとう。

いやしかし、ホクレア号の上ってのは、本当に何もないんですなあ。海図もコンパスも使わないんやから当然かもしれんけど。あ、でも、寝る時はどうするんやろ?

キャミだんな「隙間にころがって寝るんですよ」
え?

キャミだんな「こうやって」
あいまいな嫁「ははははは」
何週間もそんな生活をするわけですな。すごいなあ。

★ちゃんと、優しそうなおにいちゃんに許可をとって撮らせてもらってます。

というわけで、優しそうなおにいちゃんと硬い握手を交わす、あいまいな嫁とキャミだんななのでありました。

それにしても、修理を手伝うという依頼とは、まったく違う展開になってしまったんですけど…..

キャミだんな「いやあ、そんなんいいっすよ。最高っすよ。いやあ、よかった」
あいまいな嫁「本当によかったね。ホクレア号に乗っちゃった」

勢いがあるまま終わったりして。


コメントを残す