ホーム > 他の島ページホテル > 最高の南の楽園、ラナイ島へ!

最高の南の楽園、ラナイ島へ!

“ラナイ島”と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?

●手つかずの自然が残る島
●セレブが訪れる島
●パイナップルの島
●オラクルのラリー・エリソンの島
●ビル・ゲイツ挙式
●小栗旬&山田優挙式
●ホテルはフォーシーズンズの2つしかない

色々出てくると思います。

lanai47

先日、運良くラナイ島を訪れる機会がありました。
さほど多くはない南の島の楽園経験ですが、今回訪れて現時点で間違いなくNo,1の島&ホテルの経験となりました。
本当に素敵です。

皆さんにラナイ島の素晴らしさ、そして一生の想い出に残る素敵な滞在を約束する「フォーシーズンズ リゾーツ ラナイ アット マネレベイ」の様子を体験記でお伝えしたいと思います。

アイランド・エアーでラナイ島へ

lanai01

さて、訪れたのは朝のホノルル国際空港コミューターターミナルです。

lanai02

ホノルル国際空港ターミナルの端っこです。

lanai03

lanai04

ホノルル国際空港メインターミナルから歩くと割と距離があるので、時間に余裕を持って行動しましょう。
オアフ島内から車で来る方は、コミューターターミナル目の前のパーキングに停めましょう。

lanai05

こちらにラナイ島へ行くアイランド・エアーのカウンターがあります。
登場手続きを済ませ、ゲートの中へ。

lanai06lanai09lanai10

中は、がら~んとしています。
のんびりとハワイらしい空間です。ATMやWIFIなどの設備は整っています。

lanai12

それでは、空港内に設置された特別な空間、フォーシーズンズ リゾーツ ラナイゲスト専用のラウンジの中へ参ります。
このラウンジは、ラナイ島までのフライトとリゾート体験をより素晴らしいものにするための第1歩として、リゾートゲストのためにアイランドエアーとフォーシーズンズ リゾート ラナイが協力して設置したものだそうです。

フォーシーズンズ リゾーツ ラナイ専用空港ラウンジ

lanai13

「フォーシーズンズ リゾーツ ラナイ アット マネレベイ」に宿泊する特権”至れり尽せり”は、もうこのゲスト専用ラウンジに足を踏み入れた瞬間からスタートします。

lanai17lanai19

ラウンジは、適度な広さの空間です。
しっかりとゆとりが保たれた室内は、洗練されハイエンドでありながら堅苦しくないとても落ち着いた雰囲気が流れます。

lanai34

ラウンジ・コンシェルジュの方が、柔らかくキメ細やかな対応をしてくれます。
ハウスキーピングは1日2回、時間指定も行えるそうです。
そして、このラウンジでホテルのチェックインも済ますことが出来るのです。

またipadを使用し、使い方を含めリゾートのインフォメーションも説明してくれます。
このipadでホテル滞在中に必要な情報やサービスは全て確認出来るのだとか。ホテルの各部屋にも1台ずつ付いているそうです。
その日に行われるアクティビティー等もこれ1台で知ることが出来ますし、レストランの予約やチェックアウトなども全て行えるのです。

lanai35

島唯一の街であるラナイシティへのシャトルバスの運行時間も教えてもらいました。(※2015年5月時点)

lanai20lanai21lanai22lanai24lanai23

ラウンジ内には、ラナイ島に出発するまでの間、先ほどのipadの貸出し、WiFiアクセスの他、お食事や飲み物などが提供されており、全て無料で利用できます。ですので、事前に食事をしてくる必要はありません。

私は空港に来る途中、個人的に優雅な気持ちを味わおうとカメハメハベーカリーのポイグレーズドを朝食に買ってきてしまったのですが、失敗でした。。。
このラウンジに良いものが揃っています。

lanai27

朝のコーヒーを頂こうと思います。

lanai28

ご覧ください、この選べる種類の数。すごいですね。もちろん、美味しいです。

lanai25lanai26lanai29lanai31

その他にも恐ろしい種類の紅茶類や軽食など、本当に盛りだくさんです。マフィンやカップケーキ等もありましたよ。

lanai36

さて、まだラウンジを満喫したいところですが、そろそろ出発の時間です。

lanai37

最終ゲートを抜け空港の外に出ると、青空が広がっていました。

lanai38

あの飛行機で行くのです。

lanai39

可愛らしい小型のプロペラ機です。

lanai40

後尾には、ハワイらしく、またラナイ島へ向かうにふさわしくパイナップルのデザインが施されていました。

lanai41

それでは、乗り込みます。

lanai42

左右に2人掛けのシートが並んでいます。
乗客は少なめです。

lanai43

フライトアテンダントの耳に飾られたプルメリアがリゾート気分を盛り上げてくれます。

では、約25分の空の旅の間に、ラナイ島とリゾートのハイライトをちょっとばかりご紹介です。

ラナイ島:プライベート気分で過ごせる魅惑の島

かつて世界最大規模のパイナップル農園が広がっていたラナイ島に暮らす島民は、現在わずか3,000人。
まるで時間の流れが止まったかのような古き良きハワイの息吹が感じられ、素朴で雄大な自然が残っています。

総面積90,000エーカーの島には、なんと信号もファーストフード店もありません。

この地に足を踏み入れた旅行者は、日常から解き放たれた静穏な環境の中、島の伝統や歴史に寄り添いながら、まさに至上の休暇と呼ぶにふさわしい滞在を楽しむことができるのです。

リゾートでは、ゴルフコース、クレー射撃、乗馬、ハイキング、オフロード体験などバラエティー豊かなアクティビティーが揃うほか、シュノーケル、スキューバダイビング、サーフィンなどのマリンスポーツも自然の造形美で知られるハワイ最高のビーチで楽しめます。

プランテーション時代の趣が残るラナイシティを散策するのも、世界有数のスパで至福の時間を過ごすのも、楽しみ方はあなた次第です。

lanai44

ラナイ島上空に差し掛かり、窓の下には断崖が見えてきました。

ラナイ島到着

lanai45

小さな空港に1機降り立ちました。
晴れています。

lanai46

風がとても強いです。
同乗していた方が、さっそく帽子を飛ばされ空港職員が拾いに走り出していました。

lanai47

いよいよこれから、ラナイ島体験が始まります。

次回へ続く

(By イチハチサン)

現在、「フォーシーズンズ リゾーツ ラナイ アット マネレベイ」は来年のリニューアルオープンに向けて、工事のため6月1日より一時閉鎖をしています。
※2015年第四四半期~2016年初旬リニューアルオープン予定、予約に関する情報は下記をご覧下さい。
工事による閉館前に、既にリニューアルが完成しているお部屋やレストラン、そしてホテルには関係のないラナイ島の観光名所などを今回巡ってきました。
—-
■フォーシーズンズ リゾート ラナイ マネレベイ

フォーシーズンズ リゾート ラナイ マネレベイのリニューアルオープン時期は、現時点では2015年の第四四半期を予定しています。(工事状況により変わる)2015年6月1日より一時弊社になる当リゾートでは、プールを含め最終改装工事が行われています。

既に新しいレストラン、一部ゲストルーム、リテールショップ、クラブハウス、リゾート内庭園、スパなどが改装を終えており、ホノルル国際空港コミューターターミナル内のゲスト専用ラウンジやメルセデスベンツ製ラグジュアリーシャトルなど、一流を求める旅行者に向けたパーソナルサービスや最新のゲスト体験を提供しています。

6月1日以降、フォーシーズンズ リゾート ラナイ マネレベイが一時閉鎖されている期間中もジャック・ニクラウス設計の18ホールを有するマネレ・ゴルフ・コースと「VIEWS」レストランは営業を実施。6月1日より開始されるサマー・ゴルフパッケージに関しては、www.fourseasons.com/lanaigolf(英語)をご覧ください。

2015年のホリデーシーズンおよび2016年第一四半期のリニューアルオープン時期にフォーシーズンズ リゾート ラナイ マネレベイにご宿泊をお考えのお客様は、直接当リゾートの予約課までご連絡ください。

予約課:+1 (800) 321-4666 または reservations.man@fourseasons.com

オンラインでの予約は1年後の2016年4月から受け付けておりますが、それ以前にご宿泊をご希望のお客様は直接お問い合わせください。


コメントを残す