モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2018年8月

今日は10番ゲート


IMGP1192201711080001_1

空港到着後、ハワイアンのカウンターへ。
一応、WEBチェックインもしていたので、すんなり終了。

搭乗予定のHA587便も予定通りのフライトのようです。
ゲートは10番。

続きを読む »

チェックアウト&レンタカー返却


IMGP0932201711040001

朝食を終え、そそくさと出発。

搭乗予定のHA587便は9:54発なので、8時頃までには空港に着きたい。
逆算して7時過ぎにはチェックアウトしようとしましたが、
なんやかんやで7時半になっちゃいました。

ウィンダム・マウナロア・ビレッジのフロントは8時にならないと開かないので、
ノーチャージなら、部屋のカギはフロント棟の入口にキーボックスがあるので、
時間外はそこにドロップして出発します。
料金が発生するなら、前日に精算したほうがよさそうです。

続きを読む »

出発日、4人そろっての朝食は?


IMGP1173201711080002

5日目。
今日はウチらは帰国、T家はオアフへ移動。

5時起床で、そんなに時間に余裕もないので、即朝食です。
それでも、パン、野菜、果物、ヨーグルト、コーヒーと、それなりにしっかり食べました。
帰りの機内食までは相当時間がありますからね。

続きを読む »

ハワイアン航空のB767がようやく退役するようです


IMGP0349201705010001

ハワイアン航空のテオ・パナジオトゥリアス・グローバルセールス&アライアンス上級副社長は8月27日、
10機発注したボーイング787-9型機について、「2020年以降に導入する」と都内で語ったそうです。
またB767については2019年1-3月期に退役を計画している模様。
https://www.aviationwire.jp/archives/154175

B787-9の話については置いといて、
B767が未だ現役で飛んでいるのが驚きです。

ハワイアン航空が保有するB767-300は6機で、
ちなみにどこの路線で飛んでいるか、ちょっと調べてみたところ、
主に北米路線で、ホノルル~サクラメント、フェニックス、サンノゼとか、
カフルイ~サンノゼ、オークランドとかで使われていました。

相当くたびれた機材ですが、これらの路線が最後の奉公場所になるようです。

※写真は2017年4月30日、新千歳発ホノルル行のB767-300。

サクララウンジ・ハレの写真がいっぱい


IMGP0007201605010001

先日(8月18日)オープンした「サクララウンジ・ハレ」について、
Aviation Wireが写真特集の記事をアップしています。
https://www.aviationwire.jp/archives/154052

写真の数は47枚にも及びます。
今ならすべての写真を見ることができますが、
一定期間が経つと、会員じゃないと見ることができなくなるので、
今のうちに目に焼き付けて、行った気になってください(笑)

※トップの写真は記事とは無関係。成田のサクララウンジです。

4人での最後の晩餐はBALE


DSC_0755201711070005

ガス欠騒動で、遠回りしてコナまで戻ってきました。

ワイコロア・ビレッジで給油後、190号まで戻るのも疲れるので、
そのままワイコロアまで下りて、11号をのんびり走ってコナまで。
サドルロードの下りで神経を使ったので、気が抜けてしまったのかも。

遠回りしたおかげで、時間が押して、すでに19時30分。
4人そろっての夕食でしたが、パッキングのこともあったので、
KTAに行くついでもあったので、すぐ隣のBALEにしました。

続きを読む »

サドルロードでガス欠か?!


DSC_0740201711070001

ヒロを出発し、200号を爆走してコナまで戻ります。
タイトルでは「サドルロード」と書きましたが、正式には「ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ」。
まあ、サドルロードのほうがなじみがあるので、そっちでいきます。

ヒロ側では雲が多く、雨も降っていましたが、
200号はすでに工事も終わっており、ストレスなく走れる。
制限速度も60マイルになっていて、さながら高速サーキットのようです。

続きを読む »

ヒロの最後はBICで〆


DSC_0728201711070001

ヒロの最後はビッグ・アイランド・キャンディーズ(BIC)です。

時間はすでに16時30分を回っている。
これはさっさと買い物をしないといけない。

が、17時閉店ということで、
ツアーの団体さんもそんなにいなくて買い物はしやすかったです。

続きを読む »

前門の虎、後門の狼


IMGP2991201705010001

夏から秋にかけての旅行で、最もリスクがありそうなのが台風。

せっかく立てた旅行の計画も、この台風だけは予測できないし、
たまたまそれに当たってしまうと、これはもう悲劇でしかない。
今日はまさしくそんな日。

国際線はなるべく飛ばそうとするので、遅延させてとんでもない時間に出発する。
ちなみに本日の関空-ホノルル線、JALのJL8792便(19:05発)はほぼ予定通り出発したが、
JL792便(22:15発)は日付が変わった03:00に出発するという。
ハワイアン航空に至っては、HA450便(21:00発)の出発予定時刻は04:38に設定されている。
もっともHAの場合は折り返しする機材の到着が03:08だそうだ。

ただ今回は、飛んだはいいが目的地でもハリケーンが待ち受ける。
JALのホームページでは条件付運航の空港にホノルルが対象になっているので、
最悪、出発空港への引き返しか他空港への着陸の可能性があるそうだ。
他空港って言ったって、ホノルル以外ならリフエかカフルイかコナかヒロぐらいだけど、
あれだけのハリケーンだから、どこも同じ様な気がするのは自分だけだろうか。

とにかくこの時期に当たってしまった方は、本当に運が悪いとしか言いようがない。

【追記】
答え合わせするわけではありませんが、
JALのJL792便(22:15発)は、予定よりさらに遅れて06:46に出発し、
ハワイアンのHA450便(21:00発)は09:48に出発しました。
向こうに着いたら完全に夜。1日が無駄になってしまった。
尚、ホノルル空港は条件付運航対象からは外れたようです。

ホノルル線の機材が一部変更に


DSC_06700001

JALは8月21日付プレスリリースで、
2018年度における路線便数計画の一部変更と、2019年度における国際線の期間増便などを発表しました。
その中で、ハワイ路線の機材変更も盛り込まれています。
http://press.jal.co.jp/ja/release/201808/004844.html

ザックリ書くと、
成田~ホノルル JL786/JL785を、B767-300ER(SS6)からB787-9(SS9Ⅱ)に変更。(12月1日~1月5日)
成田~ホノルル JL782/JL789を、B787-9(SS9Ⅱ)からB777-300ER(SS7)に変更。(12月28日~1月5日、Fクラスも設定)

上記の成田発着2往復は期間限定ですが、次の関空、中部各1往復は恒久的変更の模様。
関空~ホノルル JL792/JL791を、B777-200ER(SS2)からB787-9(SS9Ⅱ)に変更。(3月20日~)
中部~ホノルル JL794/JL793を、B777-200ER(SS2)からB787-9(SS9Ⅱ)に変更。(1月6日~)

成田の期間限定便はともかく、関空、名古屋の機材変更は、
総座席数をやや減らし、ビジネスクラスの比率を高めて(42席→52席)収益を増やそうとする目論見かも。
エコノミーが154席から116席、プレエコが40席から35席になるのをみると、
B777だと大きすぎて、搭乗率で苦戦しているのか。
あるいは単純にビジネスのニーズが高いだけなかもしれません。