モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2011年2月

Manna Korean BBQの「MANNA PLATES」


Post-15606日目、UCCからコンドへ戻る途中、セーフウェイがあるクロスロード・ショッピングセンターへ寄りました。
セーフウェイで買い物と、ついでに夕食もここで済ませましょうということで、前回おいしかった記憶のあるManna Korean BBQへ。

で、以前も書きましたが半分はハズレ。
現地で記事を書くぐらいなので、かなりの衝撃を受けたのは間違いないです。



おさらいです。
写真はハズした「Ramen」といわれるもの。

スープをどうこう言う前に、麺があまりにもひどい。
インスタントの麺そのものです。
あまり食べ物をこき下ろすことはしないのですが、これで5ドルも6ドルもとるのはちょっとね。



写真はハズレてないもう半分のほう。
カルビのMANNA PLATESといって、メインには骨付きカルビが3枚ついてきます。
さすがコリアン系のお店らしく、カルビの味はおいしい。

MANNA PLATESはメインのおかずの他に野菜の付け合わせが4種類選べて、2スクープのライスがついて7~10ドル弱ぐらい。
選び方にもよりますが、野菜がたくさんとれるのは共通しています。


それにしても久しぶりにハズしました。
時には冒険も必要ですが、やっぱり食べなれたもののほうがケガは少ないってことですね。


おじちゃんの「ししょう」にごあいさつ


Post-1559こんにちは、ホワイチーです。
おじちゃん、今日は会社に行きました。すぐ帰ってきたけどダラダラしているので今日はボクが書きまぁーす。

おじちゃんのコーヒー農園めぐり、この日の最後はUCCハワイです。
これで7カ所目? おじちゃんはホントにコーヒー好きなんだなあ。


もう夕方で閉まっているかもしれなかったけど...
あ、だいじょうぶ、お客さんもまだいます。

おじちゃんが勝手に「ししょう」と呼んでいるおにーさんもいらっしゃいましたぁ
到着したした日にも会っているのでこの旅2回目ですね。

おじちゃんがどうしても寄りたかったのは、カウコーヒー・フェスティバルの報告をしたかったからです。
最初に会った時に「ししょう」からカウコーヒー・フェスティバルで修行してこいと言われたみたい。



コナコーヒーとコーヒー味のアイスクリームです。
ボクはどちらもダメなんで香りを嗅ぐだけだけど、おじちゃんはまたまたガブガブ飲んでいました。
アイスはおばちゃんがおいしそうにたべていましたぁ

あと、おもしろいお客さんがいました。
マウイのオニオン早食いコンテストで日本人なのに優勝したおにーさんです。
ゆーちゅーぶで見れるというので、みんなでそれを見ました。
世の中にはいろんな人がいるんだなあ。


気がついたらもうとっくに閉店の時間を過ぎています。
そろそろボクたちも帰んなきゃ。
ししょうのおにーさんに、また来年きまぁーすとあいさつして出発しました。


最近、おじちゃんはなにかたくらんでるようです。
どうも、あのコンテストに出たいみたい。
オニオン早食いコンテストのおにーさんの影響かなあ?

そのうちポチっとしたりするかもね。


ラウハラのスリッパ/Kimura Lauhala Shop


Post-1558キムラ・ラウハラ・ショップのつづきです。

2010年は帰国後の翌日が第2日曜日。そう、母の日です。
準備の時間もないので、母の日ギフトは現地で用意することにしました。
それがこのラウハラ・スリッパです。




バッグとかだと値も張るし、持って帰るのも大変。
いろいろと見てまわって(主にBPの妻が)良さそうだったのがこのスリッパ。

これだったら持って帰るのも問題ないし、値段も$15.00と手頃です。




ほとんどデザインが違うので、フミコさんに出してもらっていろいろと品定め。
サイズもあります。

4足選びました。
両方の母、お世話になっているおばさん、そしてBPの妻用です。



もちろん手作り。
裏も布なので部屋履きですね。

涼しそうで、日本の夏にはよさげです。


ブルースカイのご近所へ 1年ぶりのキムラ・ラウハラ・ショップ


Post-1557コーヒー農園はひと休み。
ブルースカイから182号をはさんでほぼ向かい側に位置するキムラ・ラウハラ・ショップへ。

当然、ここも予定に入っておりました。
去年(2009年)初めてここへ来て以来、BPの妻の熱はいまだ冷めやらずで、彼女のこの日のメインはこのお店なのです。


前回は中の写真は撮ってなかったので、今回は撮らせていただきました。




帽子がたくさん。
日本では自分は帽子はあまりかぶりませんが、こっちに来たなら強い日差しを避けるのに買ってもいいかなあなんて。
でも、ラウハラは女性のほうが似合うね。



値ごろ感があるカゴやランチョンマット。
セットで揃えたくなるそうです。



木製の食器類。
ここでなきゃ買えないわけではありませんが、質感がたまらなくよかったのでお買い上げ。
ちなみにコアではありません。



完成間近のラウハラバッグ。
滞在期間が長ければ、オーダーメイドも可です。


さて、今回は自分たち用の他にちょっとした目的がありました。

つづく...


原点回帰!ここは外せない!/Kona Blue Sky Coffee


Post-1556次を目指して180号を北上。
6か所目はコナ・ブルースカイ・コーヒーです。

ここは自分にとって原点でもあるところ。
コナ・コーヒーに目覚めたのはここのコーヒーからなのです。



この日は先客がいて結構混んでました。
でも、そんなことにはおかまいなしに淡々と全種類試飲をこなします。

そしていつものようにEstateのミディアムローストを購入。
個人的にはこれが一番好き。
酸味が強いけど、深いコクが感じられておいしい。

自分用1パック、おみやげ用1パック。
8ozが$11.00は安い。何年も値段が変わらないのはうれしい限りです。



店内を物色したら、2009年のコナ・コーヒー・カルチュラル・フェスティバルのTシャツがまだ残ってました。
持ってなかったし、ちょうどサイズがあったのでこれもお買い上げ。

写真には...あー、ちょうど欠けちゃってますね。
右の一番下にちょこっとだけ写っています。



まだまだ寄るところがあるのですぐ出発。
表に出ると英語じゃない言葉(たぶんロシア語?)を話す白人さんたちが、玄関先にぶら下がっていたバナナを猛烈な勢いで食べてます。
あまりにもおいしそうに食べているので、便乗していただきました。

うまかった~ ごちそうさま!


ひえぇぇ~


Post-1555こんにちは、ホワイチーです。
ボクもスガイさんにいってたんですよ~

ねえ、君、名前なんて言うの?
ウチのおじちゃんやぽちょこおねーちゃんはスガイ犬と呼んでいますが...

君って番犬なの?
ぜんぜん吠えないね。だいじょうぶかなあ。



おじちゃんはお店が閉まっているのでガッカリ。
すぐ次のところへ行くみたい。

帰える前にふと君を見たら...

ん?君の足もとにあるのは何?




......!

ひえぇぇ~~ :emojiface_gesso:

きゅうにせすじがさむいです :emojiface_coldsweat2:
もしボクがあいさつした時にパクッとくわえられたらどうなっていたのかな。

おじちゃん!おばちゃん! 気をつけてもらわないとこまりますぅ :emojiface_angry:


ウチにもあるよコムタン麺


Post-1554今夜の「お茶の水ハカセ」はコストコ。

最近行ったばかりなので、紹介されるもの一つ一つが心当たりがあるものばかり。
そんな中、試食で絶賛していたコムタン麺ですが、ウチも買ってました。


確かに試食の時はウマかった。
往々にして家で食べるとそうでもないことが多いのですが...


結論、家で食べてもイケました。
具は入ってないけど、あっさり味でおいしい。
量的にはサイドメニューにちょうどいいくらい。

悲しいことに残りはこの3個です。


コナ・コーヒー・レビュー 「Sugai Kona Coffee」~ Peaberry ~


Post-1553満を持して行ったにもかかわらず、残念ながらクローズだったスガイですが、せっかくなんでコーヒー・レビューをしちゃいましょう。
豆を買えなかったのにレビュー? 実は2009年に買った豆で眠らせておいたのがあったので、それを使います。
2009年なんで、味のほうはレビューにならんと思いますが...

ということで、今回のコナ・コーヒー・レビューは、Sugai Kona Coffee(スガイ・コナ・コーヒー)のPeaberryです。


ここのコーヒーのファンは多いですね。
実際に多数のブロガーさんも訪れてるし、記事にもなっています。
さらに同じ業界の方に自分の農園以外でウマイと思われるコーヒーは?と聞いたら、「SUGAI」の名前を挙げる方もいましたから。

さて、好まれる理由なんですが、豆の質もさることながら焙煎の度合いではないかと推測しています。
ここの焙煎はどちらかというと深め。
ミディアム系の浅い焙煎を好む欧米人とちがって、日本人は深めの焙煎を好む傾向にあると言えます。
日本人の客層の割合が高いところ、例えばスガイ、ドトール、ベイビュー、UCC、ロイヤルコナなんかはダーク~ミディアムダークの深めの焙煎が前面に出ている気がします。



写真はスガイのピーベリーです。

見てのとおりかなり深めの焙煎です。黒光りしてます。
パッケージには書いてませんがホームページによるとピーベリーの焙煎はフレンチ・ローストです。

豆のグレード別に焙煎の種類が決まっているようで、ちなみにエクストラファンシーはヴィエナ・ロースト(ミディアムダーク)、ファンシーはフレンチとヴィエナの両方でした。
この辺は豆の特徴をうまく生かすような焙煎に設定しているようです。

どちらかというと飲みやすさが売りのおとなし目のピーベリーですが、深いローストによりパンチが効いた豆になっています。

カフェインが飛んでそうなので、夜に飲むのがおススメです。


予定通りSUGAIへ向かったけど...


Post-1552スガイ犬の登場でおわかりだと思いますが、5か所目の農園はスガイ・コナ・コーヒーです。

場所は11号から180号の方へ入って1マイルほど行ったところ。(注:南から北へ向かっています)
正確に言うとスガイの前の道路は180号ではありません。
180号の起点はもう少し先のHaawinaとぶつかる辺りです。


グリーンウェルからカイナリウを通ってスガイへ向かうわけですが、カイナリウ付近の11号は結構混んでてスピードは出ません。
ただ、一旦11号から180号方面に入ってしまうと急にスピードが出ます。
まあ、スピードが出るというか、単に車がいなくなるだけ。
でも、道路は幅が狭くなり、タイトなコーナーが続くので、それなりに走らなくてはイケマセン。

その模様を2009年の動画の再放送ですが、以前のアップよりは高画質にしたので再アップします。
ちょっと長いけど、カイナリウの街並やてしまレストランなんかも映ってて、少しは参考になるかな?





そして、せっかく到着したスガイなんですが...
衝撃の展開が待ち受けていました。



なんとクローズ。
え?まだ3時前だけど...
って営業時間が2時までになってるぅぅ!(この写真は帰る時に撮ったもの)
ちょっと早すぎじゃありませんか。いつから2時になったの?

実は到着した時、この看板に気が付かず、1段下のお店まで車で乗り入れたのです。
でも、迎えてくれたのは外にいたスガイ犬だけで、無情にもクローズのサイン。

仕方がないので戻ろうとすると、後方からウチの車の退路を断つかのように1台の車が。
店の人が戻ってきたのか!と一瞬色めきたちましたが、車から降りて来たのはなんとスガイの山側にあるコーヒー農園、ヘブンリー・ハワイアンの御主人。

そのままスガイの店の入口へズカズカと進むとドアノブをガシガシ。
カギがかかっているらしく、チッ!っという感じでまたズカズカと戻ってきて、自分たちに向かって一言二言。
「しょがねーな、まったく。閉めるの早すぎだよな~」
と言ったかどうかはわかりませんが、そのまま車に乗ってブーンと行っちゃいました。


コーヒー農園が早く閉めるのは誰よりも知ってるはずでしたが...
それにしても2時っていうのはねぇ。まだ陽も高いけどなあ。
ちなみにガイドブックはまだ3時のままでした。

まあ、ファーマーズ・マーケット並みって考えると、午前中に行っておけってことですかね(笑)


この犬は確か...Part5


Post-15512011年最初の誰にもわからないシリーズ。
誰にもわからないどころか、知っている人が多い?!

さてこの犬がいたのはどこ?

ヒント♪
・ハワイ島です。
・BP’s Cafeに過去1回登場。
・○○○○○○○○○○○←あえてこのヒントは削除(笑)      
・ぽちょこさんは会ってるかもしれない。じゃなくて、会っている。
・ぽちょこさんだけじゃなく、たくさんのブロガーさんが会っている可能性が高い。

ここまで書けばわかるっしょ。これは簡単だ!