モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年10月

Bay Forest X’mas


Post-1402地元、ウイングベイ小樽では昨日からX’masイルミネーションが始まりました。

先日降った雪はすでに消え去りましたが、雪のないイルミネーションもまたそれで違った良さがあります。
イルミネーションの数も去年の倍以上になったそうです。

携帯で、おまけに横着して館内から撮ったんであんまりいい写真ではありませんが、実物はとてもきれいでした。
みなさん結構足を止めて見入っていましたよ。

公式WEBサイトでは、幾つかの撮影スポットが隠れているとのこと。

12月25日まで。
点灯時間は16:00~21:30です。


Big Island Martial Arts Academy③/布哇日系人会館


Post-1401

トリを飾るのは師範と一番弟子っぽい少年のパフォーマンス。

先ずは二人による組手。
うーん、やっぱり早さ、迫力とも女の子とは全然違います。




続いて、今度は護身術の披露。
拳銃を持った相手に対するケースです。

マーシャル・アーツは格闘技全般を指すので、空手、柔術、合気道などいろいろ融合してるんですね。
これは合気道っぽい。

試技の始まりと終わりの時の少年のあいさつに好感が持てます。
両手をバシッと体側につけて。気合いが入ってます。

その辺も含めて動画をどうぞ。




業務連絡


Post-1400こんなのを食べてます。

鵡川のししゃもだよ。

Big Island Martial Arts Academy②/布哇日系人会館


Post-1399

一番最初は黒の道着のおちびちゃん。

この子、ホントにかわいいんです。
一生懸命、形を見せてくれます。



足も結構上がっています。
将来、メチャ強くなったりして。
残念なことに動画がない。



続いて、年長さんの3名によるパフォーマンス。
左の少年と右端の少女は兄妹だそうです。
言われてみれば似てるよね。




さらに女の子2人による組手。
小さい子のほうが威勢がいい。


これは動画があるのでどうぞ。



最終フライト


Post-1398まもなく最後のコナ便が成田を飛び立とうとしています。

この機材がコナまで行って、明日成田に戻ってくるとそれで終わり。
本当は成田まで行って見送りたい、いや、乗ってコナまで行きたかった...



最初に乗ったのが2003年。
以来、ほぼ毎年お世話になりました。

これからはちょっと大変になるけど、ハワイ島へはいつものように通います。
いつの日か「君」が戻ってくるのをひたすら待ちますよ。

今までありがとう。

そして、また会おうぜ!


Big Island Martial Arts Academy①/布哇日系人会館


Post-1397

ステージで何か始まりそうなのでイスに座って待つことにします。

そのうちに道着をまとった先生と弟子らしき少年少女が登場。
後でわかったのですが、マーシャル・アーツ・アカデミーの門下生と師範のみなさんでした。
これからここでデモンストレーションをするようです。

先ずは車座になってウォーミングアップ。
師範のストレッチを手伝う門下生。
かなり過激で股関節大丈夫かな。

バックのBGMは日本語の曲。
やっぱり日系人会館。

その模様の動画です。




何マン?/布哇日系人会館


Post-1396いわゆるかぶり物?というやつです。

なにゆえこの展示があるのかはわかりませんが、これだけあると壮観です。
何のマスクか特定できますか?

ほとんどがキャラクターモノで、子供向けですね。
でも、そうと思えないものも...

どうも女王様っぽく見えるのは考えすぎかな?
根がMなんで(爆)


Hawai’i Japanese Center/布哇日系人会館


Post-1395いきなり化粧まわしですが、ここは国技館ではありません。

ここはHawai’i Japanese Center。布哇日系人会館の表記のほうがしっくりきますね。
一旦、ホテルへ戻り、ここでイベントがあるというので寄ってみることにしました。



布哇日系人会館は政府公認のNPO法人。
通常は日系移民の資料が展示してあってそれを見ることが出るのですが、この日は特別なイベント。
パフォーマンスや抽選会、もちつきもあるようです。




化粧まわしが何たるかを解説しています。
ハワイ出身、武蔵丸のまわしです。



こどもの日が近いので展示もそれを意識しています。



お店も出たりしています。
フリーマーケットのような感じ。


これからイベントの様子を写真や動画で何回かに分けてお伝えします。


完全制覇でええがか?


Post-1394去年出した完全制覇宣言はもろくも崩れ去って

リベンジの相手はシルクハニー。
それもワケなく捕獲して
改めてここで2度目の完全制覇宣言。


厳密に言うと、サイズが違うのがあったりして
一般的なのはこれで全部だと思うのですが...

この状態がいつまで続くのか。
来年は違う仲間が増えてたりして。


Organic Silk Honey


Post-1393今年もホノカアの「Volcano Island Honey Company」へ行きました。
農園へ行った話はまた後で書きますが、新種のすごいハチミツと出会っちゃいました。

Organic Silk Honey(オーガニック・シルク・ハニー)。
これぞ究極のハチミツです。



フタを開けたところ。
いつものホワイト・ハニーにしか見えません。

去年までで完全制覇したと思っていたら、WEBサイトでは見慣れないラベルのハニーが出ているではありませんか。
これは買わずにいられない。

「Limited Edition」とうたっていますが、何が特別なのか。
その答えは試食したらすぐにわかりました。



たぶん、今まで舐めたハチミツの中で一番のなめらかさ。
ノーマルのホワイトハニーと比べたら歴然としています。

ホワイトハニーはまだザラザラ感が舌に残るのですが、このシルクハニーにはそれがない。
文字通り、シルクのような舌触りです。
いやはやすごいのを作っちゃいましたね。



冷蔵庫から出してすぐはまだ硬いのですが、焼きたてのトーストの上ではたちどころにトロ~リと溶けます。
開封した日だけは贅沢に塗っちゃいました。

このなめらかさを出すにはそれなりの手間がかかっているのでしょう。
価格はやはり高めの$19.00。

ハチミツにこの値段?
でも、一度は試していただきたい一品なのです。