モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年8月

ブラックダウニー?


Post-1321久しぶりのコストコで発見。
こんなの出てたんですね。

ネットで検索したら、6月、いや3月ぐらいにはその存在が確認できます。
なんだ、今浦島か...

正式名称は「ウルトラダウニー シンプルプレジャーズ オーキッドアルーア」。

いったい、なんのこっちゃ?
要はオーキッドの香りのダウニーってことですね。

ボトルの色も正確には黒ではなく非常に濃い紫。

サンプラーがぶら下がっていて、なかなかいい香りなのでとりあえずお買い上げ。
3.96Lで1568円。

そばにいた親子も興味を示していましたが、クンクンと容器を嗅いで一言。
「段ボールのニオイみたい!」

いったい、なんのこっちゃ?


カークランド・シグネチャーの水 2010.08


Post-1320今日の小樽の最高気温は33.8℃。暑かった。
たぶん、道内でも最高?!

こういう暑い日は熱中症に要注意。
そんな水分補給の必需品といえばこの水です。

昨日、久しぶりにコストコへ行ってきました。

またいろいろと買ったのですが、5月に買ったカークランド・シグネチャーの水も底をついていたので2カートン購入。
事前にストレッチをしていったので腰のほうはなんとか無事でしたね。

さて、今回の価格ですが、前回と同じ599円。1本当たり17.11円。
円高が継続しているので安値安定です。

これでまたしばらく安心して飲めまする。

Island Princess Royal Crunch


Post-1319ポップコーンというと、映画館で食べる塩味のを想像してしまいますが...

これはキャラメルやチョコでコーティングされているポップコーン。
コーティングというと硬そうに聞こえますが、口の中に入れると溶けるような食感。
個人的にはチョコよりキャラメルのほうが好きかな。



Island PrincessのWEBサイトを見るとチョコやポップコーンがメインですがワインも売っているんですね。

これは袋入りですが、ボトル入りの大きいサイズもありました。

まあ、でもこれは塩味のみたいにボトルを抱えてパクパク食べるのはちょっと...
なんせ甘いんで、そんなに量はイケないでしょうね。
食べきりなら袋入りぐらいがちょうどいいのでは。

売り物はどれ?


Post-1318パハラのP.T.Cafeの駐車場に止めてあった車。
ちょっとクラシカルで黄色の車体。
それとは好対照な白にシルバーの屋台っぽい後ろの車。

あ、後ろのけん引されてる車になんか貼ってある。



「FOR SALE」ってことになってるけど、後ろの車だけかなあ。

後ろだけあっても...って日本だと思ってしまうけど、向こうじゃ当たり前なのか。

ひょっとして前の車と両方?
なら、買ってもいいかな、なんてほんのちょっとだけ色気が出たりして。

いずれにしても値段が不明でよかった(笑)

これなら飲める!


Post-1317只今風呂上がりです。

無性に炭酸が飲みたかったのですが在庫なし。
で、あったのがコレ。炭酸には違いないけど...
最近は猛暑の影響で店頭でも品薄のようで。

面白半分で買ったヤツですが、これならアルコールNGの自分も飲める!
でもね...なんか...おかしいな...ノンアルコールなのに酔ってきた???

HAWAIIAN BATH&BODY


Post-1316知らず知らずのうちにたまってた空き箱。
すべていただき物です。

脂ギッシュな中年男の洗顔にはもったいないような気がしますが、これが意外といいんです。
普通の石けんよりは脂が落ちる気がします。
さらに洗顔の時だけハワイの香りにに浸れる気がして一石二鳥。

HAWAIIAN BATH&BODYのWEBサイトを見ると全部で15種類あるようです。
さすがにこれは完全制覇はムリでしょう。

現金がない!


Post-1315ホントは写真にあるようなものを飲んだり食べたりする予定でしたが...
事件発生でおあずけとなりました。

事件?現金がない?
いったいこれは...

KAU COFFEE FESTIVALの会場で確か2か所ぐらいでコーヒーを購入した後でのこと。
財布の中を見ると、アレ?お金がない!
そう、キャッシュがまるでないのです!!



すいません、事件でも何でもなく、単に持ち合わせがなかっただけでした。ケケケ
ホテルを出るときに補充してこなかったんですねぇ。

まいったなあ。これでは何も買えない。
クレジットカードやトラベラーズチェックはあるのですが、農園のブースはこの日限りの露店ですから、カードやチェックは使えない。
かといって、ここから先、何も買わずに帰るのは忍びない。
どっかでチェックで買い物して、おつりでキャッシュを確保したいところです。

ちょうどUCCのマツオさんとお会いしたので聞いてみると、「P.T.Cafeならチェック使えるはずですよ」とのこと。
歩いて2、3分なので、昼も食べてないことだし行ってみることにしました。

難なく到着して、確か裏口からも入れるはずなのでドアを開けようとするとカギがかかっている。
アレレ? しょうがない、正規に正面から入りましょ。



正面に回ると、ん? 暗い...
なんだ?この張り紙は。
...
ウゲゲ、休みじゃん!
FESTIVALのためではなく、土曜日が定休日になってます。(この日は土曜日)
それにしても他の日も営業時間短いなあ。

途方に暮れて周りを見渡すと、お? そばのジェネラルストアがやっているではありませんか。
でもなあ、なんかチェックは使えそうもないけどなあ。
一応、ダメもとで聞いてみると、なんと予想に反して使えるとの返事。
ラッキー! とりあえず何か買わなくては。

こういう時って何を買っていいか意外と決まらないもので。
結局、カウ・コーヒーを買ったのですが...
なんか...どれもこれもほこりがかぶってて...
同じコーヒー、会場で買えたのに(涙)

なんとか現金を確保しましたが、この時買ったコーヒーはいまだ未開封です。

夏の終わりに


Post-1314今夜、夕食後に一服していると、パン!パン!という音が。
まるで銃をぶっ放しているような音。
これは事件か! と窓際に走って行くと...

すぐ近所の神社のお祭りのラストで上げた花火でした。
写真はあわてて撮ったラスト1発。

小樽の主なお祭りもこれでほとんど終了。
それを合図に季節は秋に切り替わっていくのです。

レシピ・コンテスト


Post-1313KAU COFFEE FESTIVALのパハラ・コミュニティセンター会場内ではカッピングの他にレシピ・コンテストなるイベントも行われていました。

レシピ・コンテスト、いわゆるコーヒーを使った料理を審査員が評価するというもの。
ディビジョンがプロ、アマチュア、学生と3つに別れていて、さらにそれぞれが前菜、メインディッシュ、デザート、ドリンクの4つのカテゴリに別れて争われます。

自分がコーヒーの試飲に熱中しているときに、ふと後ろを振り返ると料理がたくさん並んでいます。
料理の原型が残っているところを見るとまだそんなに試食はされていない模様で、まだ評価の途中なのかな?

トップの写真は前菜。
左なんかは見栄えもいいですね。



こちらはメインディッシュ。
メインでコーヒーを使うとなると、これは難しそう。

左の「PORK CHOPS WITH COFFEE SAUCE」はいったいどんな味がするんでしょ。



これはデザート。
さすがにコーヒーはデザートの得意分野だし、味も想像できるので、これなら頼まれればなんぼでも試食したのにな。
後ろにはコーヒーもあるし(笑)



ドリンクはエントリーが少なかったなあ。
やっぱりコーヒーはコーヒーとして飲むのが一番なんでしょうね。


開始の午後1時からもう1時間は経っているのにこんなユルユルでいいのかな?
上で頼まれれば試食うんぬんと書きましたが、この時点で自分の腹はコーヒーの試飲でパンパン。
なので、お願いされてもたぶんダメだったでしょうね(笑)

つづく...

:emojicup: Cuppingもできちゃいます


Post-1312KAU COFFEE FESTIVALは外だけでなく屋内でも催し物があります。

会場のパハラ・コミュニティーセンターの中では大きく2つのイベントが。
そのうちの一つがこのKAU COFFEEのCuppingなのです。

Cuppingと聞いて、最初はプロの方たちがテイスティングして評価するのかなと思っていました。
でも、実際は来場者が誰でもテイスティング出来るのです。

外の各農園ブースでも試飲できますが、ここだとまとめて試飲できるので、お気に入りを確認してから外に買いに行くこともできますね。



テイスティング出来るのは全部で15種類。
基本は外のブースで購入できるのですが、中にはラベルもなく、外にブースのない農園の豆もあったりして、ここでの試飲のほうが確実です。

もちろん、15種類全部試飲しました。
ここまで来て飲まないわけにはいきません。
たまに空になってるコーヒーもありましたが、新しく淹れてくれるまで待って飲みました。

個別に全種類写真も撮って、何種類かは実際に買ってきたので後日、詳しくレポートします。

当然のようにコーヒーの飲み過ぎで、おなかがチャポチャポ。
利尿作用が強いコーヒーですから、即、もよおしてきます。
でも大丈夫。すぐ目の前にはトイレがありますので。

つづく...