モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年1月

閉店 Ver2 ...(嗚咽)


Post-1024最近、コンタクトレンズが合わなくなったようなので、今日、久しぶりに札幌のコンタクトレンズ店へ行きました。
ブログのやり過ぎ(笑)なのか、どうも目が疲れるし、視力が落ちたような気もするし。

おまけに最近、手元が少々見づらくもなってきたようで。
うむむ、とうとう来るべきものが来てしまったのか。
まあ、検査も兼ねて、もしそうだったらソレ用のレンズに変えるつもりで行ったのですが...

が、行ってビックリ!いつもの店(兼眼科)が閉店しているではありませんか!
ガーン、知らなかった。それも11月末で。なんだよ、知らせろよ~
と、だれもいないフロアでつぶやいてもしょうがないので、すぐ近くの系列店へトボトボと向かいました。

結局、眼科も変わって、新規患者となってしまいました。
28年分のカルテはどこ行ったんだ?ちくしょー!

悶々として待合室へ。
激混み。泣きっ面に蜂だね。

名前を呼ばれて検査のためレンズをはずされ待っていると
「BPさん、右と左、逆に着けてましたよ」
「えっ?」

長年使ってると、ごくまれにあるんですよ。
記憶ではたぶん3回目。
2ヶ月ぐらい前からおかしかったから、その頃にタンパク除去した時かな?

正しく着けたら視力検査も悪くはなかったので様子を見ることに。
あ~あ、なんだか気が抜けちゃったな。

でも、しがらみがなくなったので、もう札幌まで来る必要はない?
小樽でも眼科付きの店あるしね。


ということで、ポイント全部使い果たしてコレにしてきました。追い金22円也。

ライマン・ミュージアムの鉱物(10) 「Gold」


Post-1023

タイトルとは関係ありませんが先ずは報告から。

例の閉店セール行ってみましたが、めぼしい物はなし。
ワックス類、ドリンクホルダーとかシガライターにつけるアクセサリーなんかを小出しに半額以下にしてました。
そりゃそうだよね。今から全部やってたら閉店前に商品なくなっちゃうよね。
ホントはスノーブレードが欲しかったんだけど。
しばらく巡回が必要です。

さて、本日の鉱物、いわずと知れたGold(金)です。
あらためて説明する必要はありませんが一応。

化学組成はAu。
立方晶系で粒状 箔状 樹脂状といろいろな形で産出。
硬度は2.5~3でやわやわデス。
比重は19.3とメチャ重。

写真の塊、スゴいっすね。
金って他の鉱物に紛れてごくわずかに採れるのが一般的だと思ってたので。
その辺の山を掘ってこんなの出たら、即、じゃじゃ馬億万長者だけど。
妄想、妄想!

閉店...(涙)


Post-1022地元案件ですいません。

ずーっと前からお世話になってました。
通勤路の途中にあって、行きなれた店だったんで残念です。
すぐそばに系列店があるのでしょうがないんですけどね。

なんか買っておくものないかな。
タイヤとか買いだめしたいとこだけど夏も冬も2年目だし。
これから様子見に行ってきます。

たまってきたなあ


Post-1021と言っても、お金でもマイルでもなく番組の話。

今日は午後から出勤なんですが、午前中はブルーレイディスクレコーダーに貯まった番組の整理です。
買ってからほとんどやってなかったので、そろそろハードディスクの残量が心もとない。

一覧を見ると、録画したけど1回も見てないやつとか結構あるな~
ハワイと名が付けば、手当たり次第録画してたんで。
消すにしても中身を見ないことには...

...なんだ、これは今日のもんじゃないっしょ(笑)

Medinilla(メディニラ)


Post-1020こんな形でおまけに色がピンクだと、日本じゃたぶん違和感を感じるかな。
でも、ハワイだと何の抵抗もなく受け入れられるんですよね。
たぶん、気候のせいなのかな。

学名:Medinilla magnifica(メディニラ・マグニフィカ)
和名:オオバヤドリノボタン
原産地はフィリピンでノボタン科メディニラ属です。


撮影地:ナアレフ

カメレオン君登場!


Post-1019コーヒーを試飲していたら、人だかりができているのでのぞいてみました。

グリーンウェルの農園関係者と思われる人がカメレオンを捕まえたようです。
手のひらに載せているところを子供たちが取り囲んでいます。
親のことなんかそっちのけで。

みんな興味津々の顔で、でも、ちょっとだけ距離を置くような感じ。
触ってみたいけどなかなか手を出せないでいます。
こういうときの子供の顔って生き生きとしてますね。



一人の男の子が勇気を振り絞って手を延ばし始めました。
そう、写真の子です。
やっぱり男の子だね。



つんつん。
やったあ!
うれしそうな顔。



一人が触ると、堰を切ったように我も我もと手が伸びてきます。


たまったもんじゃないのがカメレオン君。

「ったく、うるせえなぁ。ま、仕事だからしゃーないけど。ブツブツ・・・」
こんな彼のつぶやきが聞こえたとか聞こえなかったとか。

ポチが止まらない


Post-1018ナイトセールなるものでまたまたポチってしまった。
先日ポチったネットブック用のマウス。
いっちょまえにワイヤレスです。

無くてもよかったんだけど、安いし(たぶん)、残り4台とか書いてあるし。
一度ポチの味を知ってしまうとどうも...
でも、いいよね、680円なら。
2時間後に完売になったのを確認して、ほらね、と自己満足。

このぶんだと、そんなに遠くない将来、何かとんでもないものをポチってしまいそうで怖い。

試食もできますヨ


Post-1017昨日のつづきデス。

グリーンウェル・ファームで出来るのは、なにもコーヒーの試飲だけではありませぬ。
写真のように“試食”できるものもあるんです。

手前にあるのはハチミツ。
3種類あって、それぞれ違う花から獲れたもの。各$7.50。

その後ろに見えるのは試飲用の砂糖。
マウイブランドですね。BPはブラック派なので使用せず。



一番奥に見えたマカダミアナッツの製品版がコレ。
値段が写ってないですね。

大人はコーヒーのポットのほうにいますが、こちら側は子供たちが群がっておりました。



あと、チョコレートとか



食べ物じゃないけど、コアの木でできたコーヒー豆をすくうスプーンなんかもありました。
このスプーン、なんかいいな。今度買ってこようかな♪

試飲パラダイス  グリーンウェル・ファーム


Post-10166日目の話に戻ります。

この日はコーヒー農園デー。とにかく1日コーヒー農園を巡ります。
ほとんどの農園の営業時間は3時か4時までなので、いかに効率よく回るかが重要ですね。

先ずは南へ。
今日の1発目はグリーンウェル・ファーム。場所はこちらを→ :emojion:
ここは毎年のように寄りますが、なんたって試飲できる種類がダントツです。
上の写真の売っている豆のほとんどを試飲できますね。



ショップにはご覧のようにポットがズラリ。
プライベートリザーブ、ピーベリー、ミディアム、フルシティ、ダーク、フレンチ、デカフェ、フレーバー2種の全部で9種類。
(写真では8種類ですが、あとからもう一つポットが出てきました。)

これだけあると迷いそうですが、ここはひとつ全部試してみてください。
ちゃんと違いがわかりますから。
そして、自分の好みに合った豆を買う、なんてのがいいのでは。
お土産にするにしても、ここで確認しておけば間違いないですしね。
自分はプライベートリザーブを買いました。



背中合わせにポットが一つ。
コレ、グリーンウェルの豆ではなく「HOSHIDE FARM」というところのコーヒー。

「HOSHIDE FARM」は2008年コナコーヒー・カッピングコンテストの優勝農園です。
ここに寄ったもう一つの理由は実はこの豆を手に入れるため。
なぜこの豆がグリーンウェルに? そしてそのコーヒーのお味は?

これについてのレビューはまた後日アップしますね。

Coffee Gallery/コーヒー・ギャラリー  HALEIWA BLEND


Post-1015コーヒーと言えば、ほぼ100%コナ・コーヒーしか飲んでいない今日この頃ではありますが、久しぶりにブレンドを飲んでみることに。

写真は「Coffee Gallery」のHALEIWA BLENDというコーヒー。
このお店にも、ましてやハレイワにも行ったことがないのに、なぜあるの?
去年、kodaの兄貴からおみやげでいただきました。ムフフ...

「Coffee Gallery」といえばハレイワではかなり有名なんでしょ?
ハレイワを知らないBP氏はこれ以上、先に進めない。終了です。

というわけにもいかないので、WEBサイトでちょっくら情報収集。



ちょっと見ただけですが、いやー、いい雰囲気のお店ですね。
こじんまりとはしていますが、コーヒーだけじゃなく、軽食やスムージーなんかもあります。
カメハメハHWY沿いで、ジュバンニとかマツモトシェイブとかが近くみたいなので、ドライブの途中でぜひ寄りたいところではありますが、いったいいつになることやら。



さて、ここのコーヒーですが、とにかく種類は豊富ですね。
ハワイ産ストレートをはじめ、ブレンド、フレーバーも各種あって、選ぶのに苦労しそう。

この「HALEIWA BLEND」は解説によるとハワイアン・コーヒーとコロンビアによるブレンドとなっています。
じゃあ、ハワイアン・コーヒーとは何ぞやとなるのですが、どこの島とは書いてませんがハワイ産のコーヒー豆のことを指しているようです。
価格からいくとカウアイあたりかなとも思いますが、一概には言い切れませんね。
配合比率を変えるということもあるので。



豆のグレードとしてはファンシークラスかちょっと小さいくらい。
ピーベリーも混ざってました。



ブレンドということで、焙煎度の違う豆が入っているのがわかります。
ミディアムとそれよりちょっと深煎りの豆。
ハワイアンとコロンビアの違いだと思うんだけど、どっちがどっちかはわかりません。
もともとコナ・コーヒーに傾倒する前はコロンビアは好きな豆だったので、ちょっと期待しますね。

飲んでみると、ベースがミディアムの割には酸味は弱め。
苦味に関してはほとんど感じません。
くせがなく、かなり飲みやすいです。
深入りの豆で上手く酸味を抑えていますね。

やっぱ、この飲みやすさを演出するのが、ブレンドの妙技なのかなあ。
100%もいいけど、たまには浮気もいいかもね(笑)