モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年9月

逃げろ!


Post-842外の写真を撮っていたら、翼の上に書かれているこの矢印が目に入りました。
まるで誘導されているみたいに。

このときの座席は46ACで非常口前の席のすぐ後ろ。
この矢印はちょうど非常口から始まっています。

ということは非常口からの避難経路を示しているんですね。

ここを歩くことはたぶんないと思いますが...

すべての道はヒロから


Post-841ハワイ島をドライブしていつも気にしているのがマイルマーカー。
目的地の大体の位置を確認するのには無くてはならないものですね。

日本でもキロポストなるものが存在していて、目的はほぼ同じです。

ハワイ島の基幹となるハイウェイは11号と19号。
どちらも起点はヒロです。
ちょうどケンズがある交差点が両方の0マイル地点。
写真は11号の0マイルマーカー。
19号のは撮り忘れました。

なぜヒロなのか...
たぶん政庁があるからなのですが、これは日本も同じ。
大正時代に日本の国道は東京(日本橋の道路元標)が起点とされていました。
事実上、東京が「山の頂点」だったわけですね。
現在の国道はこれにはとらわれなくなりましたが。

実は鉄道も同じで、東京駅が起点です。
ゆえに東京発の上り列車は存在せず、上りの時刻表も東京駅には存在しません。


さて、ヒロにある0マイルはこれだけかと思っていたらまだありました。
こちらは200号、通称サドルロードの0マイルマーカー。
ダウンタウンにありました。
これもヒロ側が0マイルですね。

こうやって写真を撮ったりなんかしていると、0マイルを探してドライブするのも面白そうです。
次はコナ方面でトライしてみますかな。

ホントにできるのかな~


Post-840ちょっと間が開きましたが、DFW(Discount Fabric Warehouse)の続きです。

滞在時間は40分ほど。
今回は3種類の生地を購入しました。
トータルで19ヤード、80ドルを超えました。


1枚目はハイビスカス、プルメリア、レフアと御三家のデザイン。
用途は未定だそうです。


次はシックな色使いのモンステラ柄。
これは座布団カバーになる予定?


最後はサーフボード柄。
モンステラとちっちゃなホヌも一緒にデザインされています。


このデザイン、色が2種類ありました。
ウチはアイボリーベースでしたが、同じデザインでグレーもありました。

このデザインのチョイスはBPの意向も少し入っています。
なんかアロハシャツにしてみたいデザインだなあとその場で感じたのです。

試しに「これアロハシャツにいいんじゃない?」とか
「作ってもらえたら最高なんだけどな」などとBPの妻の耳元で囁いてみました。


ところがどういうわけかこれが即効性があって、アロハシャツの型紙も一緒に買うことになりました。
近年にない「ヤル気」です。

さらに8月中頃、tutuさんのブログでこのデザインのグレーの生地が出ているのをBPの妻が偶然に発見。
もうすでに製品化されているのを見て、BPの妻もこれはますます作らねばと思ったかどうか...

ただ、いまだ作業は開始されておりませぬ。
願わくばBPの体形が変わらぬうちに何とかしていただけたらなあ、なんて思う今日この頃です。

久しぶりに気になる?!


Post-8395月に“向こう”へ行って以来、気にはしていなかったのですが、地味~に円高になってたようですね。

しばらく使うあてもなく、手持ちのドルもだぶつき気味。
“向こう”へ行くのも、たぶん来年の話になりそうなので、あえて両替する必要もないなと考えてはいましたが...

ところが、先週末のニューヨーク市場の終値が90円を切ったというニュースを見て、眠っていた「何か」が首をもたげてきました(笑)

週明けの円相場ですが、やはりニューヨークの流れそのままですね。
(注:上の数字は販売ベースです)


これは今年の出発日(4月29日)の成田空港でのレート。
7円以上の差がありますね。

うーん、どうしたもんかな~
あとは、自分なりの「ライン」を設定しておいて...
準備だけは怠りなきように...

コナ・コーヒー・レビュー 「KA’IO FARMS」WINGS OF THE MORNING


Post-838今回のコーヒー・レビューは「KA’IO FARMS」のWINGS OF THE MORNING です。

「KA’IO FARMS」は元々日系人の方が所有されてた農園で、場所はホルアロアにあります。
“KA’IO”も日本の苗字に読めなくもないですが、農園のトレードマークでもある「ハワイノスリ」の解釈が自然ですね。
住所は公表されていないようなので、ここでも掲載は控えます。

WINGS OF THE MORNINGというのは、ここの農園の100%ピュアコナコーヒーのブランド名です。

詳細はWEBサイトに日本語ページがあるので、そちらをお読みください→ :emojion:


何といっても特徴的なのがパッケージ。
他では見かけない布製の袋に入っています。
ただし、直接豆が入っているわけではなく、無地の普通のパッケージを梱包している感じです。


豆の焙煎はミディアムダーク1種類。
さらに12ozのWHOLE BEANS(豆のまま)のみの販売となっています。
値段は$23.00。8ozに換算すると$15ちょっとなので標準的な価格です。
尚、WEBサイトでは布袋なしも1ドル安く売っています。


豆のグレードについては何のクレジットもありませんが、大きさからいくとファンシークラスですね。

ミディアムダークとのことですが、黒光りしていて、ダーク系の焙煎に見えます。
が、挽いてみるとそうでもなく、焙煎相応の色です。

飲んだ感じは、酸味、苦味とも弱め。
どちらかというとピーベリーにも似た飲みやすさです。
ただ、豆が小さい分、ちょっとだけ渋味を感じます。


WEBサイトのほかキムラ・ラウハラ・ショップでも手に入ります。
今回、ウチはキムラで買いました。

キムラ・ラウハラ・ショップへ行かれる方は多いと思いますが、この布袋入りは珍しいと思いますので、購入を検討してみてはいかがでしょう。

ふらの牛乳ワッフルと仲間たち


Post-837夜の頂き物シリーズ。

ふらの菓子工房「プチフルール」の『ふらの牛乳ワッフルと仲間たち』です。
ふらのの生乳とバターを豊富に使って口あたりのソフトなワッフルです。~HPより
このワッフルの他にも「ふらのチーズパイ」とか「富良野カレー番長」なんかも有名ですね。


ホームページによると全部で7種類。
今回はカスタードクリーム、小倉生クリーム、生クリームストロベリー、生クリームバナナの4種類いただきました。
(ホームページにはなぜか生クリームバナナはありません)



さっそく写真撮影して見ました。
あ、全部一気に食べてはいませんよ。半分だけです。
消費期限は3日あるので、やや日持ちします。

ふわふわワッフルに牛乳風味豊かなクリームがおいしい。
そんなに甘くないので2つは楽勝。
個人的には小倉とストロベリーがおススメです。

富良野のお店かWEBサイトでしか買えないと思ったら、札幌駅のスーベニアキオスク札幌西店でも購入できます。

どっちかな~


Post-836ヤシです。

花が終わった後の実をつけている状態。
これを見ていると、ゲソかレゲエを想像しちゃいます(笑)

正式な種類を載せようと調べていると、いっぱい種類があって迷います。
最終的な候補は2つ。
・Pinanga maculata(Tiger Palm)
・Pinanga coronata(Bamboo Palm)

両方の写真をみてもほとんど区別はつきません。
チラッと見える樹皮はBambooっぽいのですが...

原産地が違うので(前者がフィリピン、後者が中米)その辺がカギを握りそうです。

(写真は2008年、コア・コーヒー・プランテーションにて)

DFWのアロハシャツ


Post-835DFWと勝手に略しましたが、Discount Fabric Warehouseのことです。
昨日に続いての訪問となりました。

下見をしていてもあらためて品定めは必要みたいで、それなりの時間を費やさなくてはならないようです。
当然、BPはまたしても早々に別行動に。
ヒマだといろいろなものが見えてくるようで、いつもは気がつかないものも目に入ります。


これは天井からぶら下げられていたアロハシャツ。
ここでは生地以外にも製品版も売っているようです。


裏側から。
自分ではあまり着そうもない色ですが、デザインがいいですよね。


その隣りにあったもう1枚。
これもベースのデザインが凝っています。
BPの好きなブルー系。これなら着れそうかな?
原色の黄色とピンクのハイビスカスがアクセントになっていますね。


なんと、価格は$12.99。
触ってみなかったので、素材は何かわかりませんが、これって安くないですか?

ぶら下がっていたのは、明らかにサイズが大きそう。
この値段でこのデザイン、もし、サイズがあったら、買ってきてもいいかなと思っちゃいましたね。

ここを曲がれば...


Post-834暦の上ではシルバーウィークも終わり?
今日と明日を休めば、日曜日まで連休継続中の方も多数いらっしゃるかもしれませんが、BPは出勤です。

ブログのほうも通常モードに切り替え淡々と。
と思いましたが、連休疲れかどうも筆が進みません。
なので、ちょっと手抜きで短めに。

4日目、BICを後にして、昨日長々と下見したDiscount Fabric Warehouseに向かいます。
よくここの場所が??という声を聞くことがありますが、ちょうど写真を撮っていたので載せてみます。


BICからKekuanaoa St.に出て11号方向に進みます。
11号との交差点を右折して11号に入り2つ目の交差点を左折です。
この時点で左手に黄色と赤のツートンの建物が目に入っていると思います。


ここは信号が無いので、対向車に注意しながら左折します。
車線が多いし、結構飛ばしてくるので要注意です。


左折したらすぐ右手が目的の場所です。
皆様、じっくりとお買いものをお楽しみください。

頼むとしたらあの人しか...


Post-833マウナロアのビジターセンターで売っていたマカダミアナッツの実。

ネットにたくさん入って売っていました。
さすがに売り物だけあって、表面がきれいですね。
値段は良く見てこなかったので不明です。

お土産にしようかとも考えましたが、割るのが大変そう。
よくコーヒー農園なんかでは割る道具が置いてありますね。
そんな道具を用意するのもなんなんで、今回は断念しました。
でも、あの人に頼めば何とかなったかな?


あの人とは、そう、「村雨の大吉」さんです。
彼に頼めば一度に3個ぐらいを素手で割ってくれますからね。

「村雨の大吉」を御存じない方はこのへんを→ :emojion: