モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年5月

先ずは足の確保だ!


Post-685コナ到着後、一番最初にすることは、足の確保、そう、レンタカーを受け取りに行くことです。
広いハワイ島、どこへ行くにも車がないと始まらない。

分離帯に渡って、シャトルバスを待っているとすぐ来ましたね。
今回は初めてダラーにしました。
なぜダラーにしたかはこちらをどうぞ→ :emojion:

初ダラーでの手続きでしたが、今までで一番スムーズに終了。
カウンターの女性の対応がすごく良いんですよ。
愛想が良くって、かかっている音楽のリズムに合わせ、テキパキとこなしていきます。

カギを受け取り、言われた場所に向かいます。
さてさて、どんな車なのかな?
ある種の期待と不安が交錯します(笑)


そこにあったのは、ちょっと古めのJeepのコマンダー。
SUVで予約していたので、去年のような車を想像していたのですが、ちょっと予想とは違っていましたね。
第1印象はゴツくて硬派な匂いがします。
でも、ヤワな道路ばかりを走るわけでもないし、去年以上に道なき道を走る可能性もあるので、これはこれで良かったのかも。

ただ、リモートキーの電池が弱かったのには閉口。
終盤はほとんどリモートが効かなくなってアセりましたけどね。

ともあれ、これから丸8日間付き合ってもらう相棒クン、よろしく頼むよ!

あぶねえ、あぶねえ。


Post-684いやー、コロッと忘れてました。
ハワイへもう1回行けるかも知れないというマハロキャンペーン

限りなく確率は低いですが、出さないことには当たりません。

カン違いして明日が締め切りだと思っていたのですが、6月30日まででした。
でも、放っておいたらまた忘れそうなので、とっとと出すことにします。
半券お持ちの方、お忘れなきように。

おっ? いつもとなんかちがうぞ?!


Post-683さて、いよいよコナ国際空港に着陸です。

が、どうも飛び方がいつもと違うような...
確か去年までは進行方向そのまま滑走路に進入したはずですが、今回は一度空港を通り越して逆方向から着陸したのですよ。
天気も良くって、別に風が強かったわけでもないのですがね。

とらねこさんも書いてましたが、今年は例の入国審査のドームというかテントにほとんど横付け状態で駐機しました。
なるほど、逆方向からの着陸だと、誘導路の戻りが少なくてムダがなさそうです。
まあ、これがその理由かどうかはわかりませんが...

タラップを降りて少しは歩きますが、いつもと比べると格段に短いです。
それでも、グレーのシャツの「人間バリケード」の方々がおりまして、少しでもはみ出そうものなら、途端に注意を受けます。

ドームテントの入口にコナ出発時の記念撮影でおなじみのALOHAの看板が立てかけてありました。
こーゆう形で見るのは珍しかったので写真を撮っていると、「人間バリケード」の一翼を担っていた女性が、「あら、写真なら撮ってあげるわよ」と声をかけてきました。


入国前なのにいいのかな~ と、ちょっと戸惑いながらもお言葉に甘えて記念撮影。何度もコナ到着は経験していますが、これもいつもとちがうパターンです。

お礼を言って、ドームに入ろうとしたときに振り返って見ると、ウチの記念撮影を見ていた他の乗客が写真撮影を頼んでいます。
おかげでちょっとした渋滞も発生。
うむむ、悪しき前例を作ってしまったかな?
当然のようにその光景は見なかったことにして、そそくさとドームの中に入ったのであります(笑)

BAGEL&BAGEL


Post-682コナに到着する前にもう一つだけ。
こういうものは、いつ変わるかもしれない、いわば賞味期限が短いネタですからね。

今までは到着の前に配られていた朝食は、最近は機内食が終わって回収した後、すぐ配られます。
好きな時間に食べれるようにという配慮だそうですが、んー、これはどうかな~

ベーグルがミネラルウォーターとともに袋に入って渡されます。
でも、就寝前にもらってもすぐ食べるわけではないので、結局、座席のポケットに入れたりしますが、これが結構、ジャマになります。
それにベーグルを水だけで食べるのも、ちょっと味気ないし。


てなわけで、やっぱりコーヒーが出てくる時間に食べるのが一番。

確か、去年はクロワッサンだったような...
今年は「BAGEL&BAGEL」のベーグル。これもコラボ物です。


パン好きのBPですが、ベーグルはあまり食べたことがありません。
なのでなかなか評価が難しいのですが、キャラメルミルクチョコなのでどうもお菓子っぽいです。
それに、なかなか歯の付きもよろしいようで(笑)


さて、これを食べ終わるとほどなくして着陸態勢に入ります。
気がつくとホワイチーも目を覚まして、活動を開始していました。
シートベルトサインが出て写真撮影はこれでおしまいです。

この空が見たくて


Post-681いつもなら機内食を食べた後は爆睡態勢に入るのですが、この日はちょっと違います。

ある種の緊張感があって、なかなか寝付けません。
そう、ある時間帯には起きていなければならないという緊張感です。

去年は見事に寝過ごしました。
気がついたらもうオアフの近くでしたから。

出発前は仕事が忙しく、睡眠不足だったにもかかわらず、どうも目が冴えてしようがない。
それでもいつしか知らぬ間に寝てました。

1時間ぐらい意識を失っていたでしょうか。
ハッとして目を覚まし、窓のフードを少しだけ開けて外を見ると、おお、ナイスタイミング。
思わずなんてオレは睡眠上手なんだ、と自画自賛です。去年は寝坊したくせにね(笑)


ようやく見れましたよ、この幻想的な空の色を。
ハワイへ行く目的の一つがコレだと言っても過言ではありません。

まだ多数の方が就寝中だったので、フードの開閉は小刻みに。
それでも窓から刻々と変化する空の色を堪能することができました。

そしていよいよサンライズ。

姿を現した太陽に向かい、なぜか手を合わせ、これからの旅の安全を祈願するのであります。

Soup Stock Tokyo


Post-680離陸後、1時間半ほどして、待望の機内食が出てきました。

昼はおにぎりと味噌汁だけで、その後、搭乗前にロールケーキとゆで卵をちょこっと食べただけ。
ものすごーーく腹が減っています。

この機内食、「Soup Stock Tokyo」とのコラボで、体にやさしい食事がコンセプト。

いろんなブログや掲示板で賛否両論が出ていることは知っていました。
どちらかというと“否”のほうが多かったことも。
そんな「評判」の機内食ですが、見た目はいつもとそんなに変わった感じはしません。


BPにとっては重い食事より、こんな感じで野菜が多いのは大歓迎。
確かに体にやさしい感じです。
トマトクリームドリアもそんなに悪くありません。

ボリューム的にも往路はこのくらいでちょうどいいでしょう。
帰りの便だとちょっと物足りないかも知れませんが。


デザートのイチゴミルク味ゼリー。
ここで一つ注文が。
このゼリー、食べる時、ちょっと温かったのですよ。
キンキンに冷えている必要はないですが、あくまでもデザート、冷えてたほうがやっぱりおいしい。

全般的にまずまずじゃないですか?
まあ、グルメな舌を持ち合わせていないBPの感想なので参考になりませんが。
それにこの時は相当ハングリーでしたからね。
昔からよく言うじゃないですか「空腹に不味いものなし」ってね(笑)

初物


Post-679今シーズン初の生ウニ。
実家からもらいました。

北海道でも解禁になっているところとそうでないところがあるようです。
これは小樽の隣町、余市産。


塩水ウニなので、今夜はそのまま刺身でいただきました。

う、うめぇー!

懲りずに...


Post-678「ぐっすりキット」が配られた後は、ドリンクサービス。

BPはトマトジュース。BPの妻はスカイタイム。
ん? これって去年と同じ組み合わせじゃあーりませんか!

うーん、進歩がないって言うか、冒険心がないって言うか...
でも、アルコールをたしなまない我が家にとってはこーゆう選択しかないのであります。

それより、今年はなぜかトマトジュースにコショウが付いてこない。
そこで大声で「コショウはどうしたんだ!」

と叫ぶことなど小心者のBPにはできるわけもなく、おもむろにレモンをしぼってチビチビと飲むのであります。
実は去年、コショウを大量に入れ過ぎて、恐ろしく辛いジュースになってしまったので、コショウがなくてある意味正解だったかも。


おつまみは1袋だけ開封。

去年は2袋ともハワイ入りしたのですが、今年は猛烈な空腹に耐えかねて開けてしまいました。
現地でおやつにしようと目論んでいましたが、結局、食べることなく現地の人の胃袋行きとなりました(笑)

ぐっすりキット


Post-677あんまり長く成田にいると、またお叱りを受けるので、そろそろ飛び立つことにします。

成田発コナ行きJO 070便は定刻の出発でした。
ゴールデンウィークということもあって、機内はほぼ満席。

座席は46AC。主翼のすぐ横です。
そう、例の席のすぐ後ろです。

WEBチェックインしていましたが、一応、千歳で聞いてみると45ACはすでに埋まっていました。
まあ、この辺はGWだし、上級会員もいるので仕方ありませんね。

さて、離陸後、シートベルトサインが消えて最初に配られるのがコレ。
ハワイ線のエコノミーで配られる「ぐっすりキット」といわれるものです。


中身は、スリッパ、アイマスク、汗取りシートの3点セット。
これで「ぐっすり」できるかどうかはわかりませんが、今までなかったものなのでチョッピリ嬉しかったりして。

いつもは100円ショップでスリッパを用意してくるのですが、今回はバタバタしていて買ってくるのを忘れていたので、さっそく使うことに。
ホントは未使用で持って帰りたかったけどね。
結局、向こうのホテルでも使っていたので、帰国時にはボロボロになっていました。

実はこれって帰国便でももらえるのかな~ と期待していたのですが...
WEBサイトにもあるとおり、ホノルル出発便では配っていないそうです。

とりあえずアイマスクと汗取りシートは未使用で持って帰りました。
でも、コレって...いつ使うんだ??

うっかりしてました


Post-676このルールになってからだいぶ経っていますね。
BP家も液体物の機内持ち込みは慣れているつもりでしたが...

往路はもちろん、すんなりパス。
ほとんどは預けちゃいますからね。

ところが帰りのコナ空港で女性係官に呼び止められました。

ジップロックの中を指差し、「コレ、大きすぎよ」
ん? 怪しいものは入れてないつもりだけど...

指摘されたのはBPの妻の化粧水。
よく見ると容器は120mlとなっています。
うーん、100mlまでですから、これはアウト、ボッシュートです。

中身がほとんど入ってなかったので思わずジップロックの中へ入れてしまったようです。
ほとんど空に近かったのですが、それはあまり関係ないようで、容器の大きさがすべてです。

ルールを厳格に捉えるといたし方ありませんが、それにしても良く見てたよな~ 
まあ、たまたまかも知れませんが...
皆さんも気をつけてね。