モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年4月

1日目は天気が急変


Post-650成田発JO070便は定刻の出発。

途中、ほとんど揺れることはなく、今までになく順調なフライトでした。

コナ空港到着時も御覧のような晴天で、初日から調子いいぞと喜んでいたのですが...

コナ周辺で3か所ほど寄ってヒロへ向かいましたが、ワイメアの手前ぐらいから天気が急変。
ワイメアを抜けてからは濃霧。
ホノカアで霧は消えましたが、小雨が降ったりやんだりがヒロまで続きました。


写真はワイメア~ホノカア間。
この辺の霧は珍しくはないのですが、この天気じゃ写真もおあづけ。
途中の予定もキャンセルしてまっすぐヒロへ向かいました。

やっぱりハワイ島は広いな。

吟じます。


Post-649BP家がなぜか~~ぁ~~ぁ~~

成田空港の搭乗口に~~ぃ~~ぃ~~ぃ~~

なんだか今日は行けそうな気がする~~~


あると思います!

カモフラージュ?


Post-648最近アップされる方も多いこの本。
もう多くの方が目にされているのではないでしょうか。

BP家も先週、手に入れました。

金曜日、BPは残業だったので、BPの妻が書店へ。

彼女は置いてあると思われる旅行関係の棚を探しましたがなかなか見つけられません。
店員のおにーちゃんに聞くと、パソコンを操作しながら「2冊在庫がありますね」との返事。
小樽ではたぶん一番大きい書店なのに2冊とはね。


「確かこの辺にあるはずなんですが...」と、おにーちゃんも一緒に探しますが、やっぱりありません。
そんなとき、BPの妻の視界にブログで見ていた赤い文字が。
とある本の裏側に隠れていました。
わかりますか?どこにあるか。


そう、パラオ君の後ろにいたのです。
巧妙にカモフラージュされていました。
困るよ~パラオ君。

さて、肝心の本ですが、他の雑誌では書かないだろうと思われる内容から、ちょっとマニアック系です。
でも、ハワイ島信者にとってはまたとない本。
持っていて損はありません。

Happy Cakes


Post-647先日、オアフに行っていた兄貴からのお土産。

「Happy Cakes」はハワイ産のパイナップル、マカダミアナッツ、ココナッツが入ったケーキ。

コレ、手のひらサイズですがずっしりと重いんです。
持っただけで“具”がギッシリと詰まっているのがわかります。
兄貴、重かっただろうな~

さて、商品名にあるHappyとは何なのか...


食べてみるとわかりました。
甘い物好きにとってはHappyそのもの。
それぞれの素材の風味がものすごく口の中に広がります。
あの重さの意味が理解できました。


はっきり言って甘いです。カロリーも高そう。
なので、1回の量は少量で十分満足できます。
BP的にはちょっと濃い目のコナ・コーヒーとともに食べるとHappyな気分に浸れます。

ナマステ先輩


Post-646こんにちは、ホワイチーです。

今日はボクのモデルにもなっているナマステ先輩を紹介します。

ボクはヒロのパナエワ熱帯動物園の出身ですが、そこの1番人気がこのナマステ先輩です。
先輩はホワイトベンガルタイガーで本土のラスベガスからやってきたそうです。

行っていつも見られるわけではありません。
あまりに暑いと茂みの中で涼んでいることもあります。


BP家のおじちゃんとおばちゃんが行ったときは運よく見ることができたそうです。
でもちょっと遠いですね。

おじちゃんが車に忘れた望遠レンズを取りに行ったそうですが、なかなか戻ってきません。
迷子になったそうです。
全然違う方角の道から戻ってきたおじちゃんは結局、車まで戻れなかったそうです。もうその時にはナマステ先輩は姿を消していました。


おじちゃんがいない間、おばちゃんが写真を撮りました。
ホントはこの大きさなのですが、トップの写真はおじちゃんがトリミングして大きくしたそうです。


どこかのおにーちゃんが先輩に話しかけています。
何を話しているのでしょう。
同じ動物園にいたのにボクは先輩と会ったことがありません。
一度でいいからお話ししてみたいなぁ。

おおっ! つーか、ネネ


Post-645ナニロアの駐車場での1枚。

停まっている車はBPが借りたレンタカー
このナンバー、忘れもしません(笑)

その横で、今、まさにタイヤをつつこうとしているネネが!
ウチの車に何すんねん!と言いたいところでしたが...
位置関係をよく見ると、タイヤの横ではありませんね。

車体に映った自分の姿を見て何を思ったのかな?

渋滞ポイント


Post-644左にアロハ・シアターが見えるので、カイナリウのあたりでしょう。

「CHIROPRACTIC」の看板も気になるのですが、ココでは別のところに注目していました。


視線を左に移すと、11号が目にはいります。
この辺の11号は車がメチャ込み。
一応、市街地なので速度は落ちるのですが。
それにしても慢性的に渋滞しています。


この渋滞のメカニズムを考察するのもオモシロイ。
日本だと道路線形が悪いとか、信号のサイクルが悪いとかが一般的。

ここではこの街の両脇の店がかなり魅力的だから、ドライバーがつい見とれてしまうとか...
でも、自然渋滞っぽいけどね。

天気が良いと...


Post-643
クア・ベイの駐車場です。

天気が良いと平日にもかかわらずほぼ満車。
道路脇にもたくさん駐車しています。


ビーチはこれでも人がいるほうなのかな?
日本でこれだとガラガラって言うんですかね。

クア・ベイも含めて、ハワイだとビーチと呼ぶにふさわしいですが...
日本のあのイモ洗い状態を見てしまうと、申し訳ないですがあちらは海水浴場としか呼べません。

天気が良くないとこの色は出ないようです。
エメグリに白い砂...やっぱ最高!

オカルトチック?


Post-642エントランスから中に入ると、正面や横の壁に噴火に関係する絵や写真が掲げられています。

あ、申し遅れました、ここ、ボルケーノ・ハウスです。
2回目の登場です。1回目→ :emojion:

ちょっとブキミーな絵や写真なので載せようかどうか迷いましたが...

トップの写真は噴煙の中にペレの姿が見えますね。
これは絵なのでそうでもないのですが...


こちらは夜に見ないほうがいいかも。1人でトイレに行けなくなります(笑)
それとガラスに映っているのは違いますよ。それは我々ですから。
上に飾ってある額のほうです。
わかりづらいので拡大してみましょう。


先ずは左。噴煙のなかに着物姿の女性が...うおおっ!


右側、これはすごい。か、顔が! キャーッ!

中岡俊哉氏が御存命なら鑑定していただきたいところです。

赤頭隊長の海水浴


Post-641カハルウ・ビーチにつながるケアウホウ・ビーチ・リゾートの海岸でホヌを撮影していた時のこと。
ふと見ると赤頭クンが水際にいます。

赤頭クンのブログへの登場はこれで3度目。
前回の記事で「隊長」の辞令を受けました。
初めて隊長に会う方は過去2回の登場シーンも併せて御覧ください。

1度目→「赤頭クンの華麗なる離陸」
2度目→「赤頭クン、隊長に任ぜられ陣頭指揮を執る」


さて、隊長ですが、何をするのか観察していると、なんと水浴びをしています。
おいおい、海水だぞ。羽根、大丈夫なのかな。
でも、そんな心配は無用、と言わんばかりに頭から海水を浴びています。
まあ、隊長はそんなにヤワじゃないので大丈夫なんでしょ。


写真のように黙々と海藻を食べていたホヌ君ですが...


赤頭隊長のパフォーマンスに敏感に反応したのか思わず顔を上げ、周りをキョロキョロ見回していました。