モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年5月

さらば鶴丸


Post-178今日は鶴丸の最後の日。

国際線は昨日のアモイ→成田が最終フライト。

国内線は伊丹20:20発→羽田21:30着がラストで、これが正真正銘の最後の雄姿です。

実は今回のハワイ島の帰国便JO079が鶴丸767でした。
無くなるのは知っていたので、ちょっとした記念になりました。

過去にさかのぼって調べてみました。
2006年のビデオを見たら、あ、映ってる。


成田~コナ往復で鶴丸767に乗っていました。
この頃はまだ何機もあったのかな?

リゾッチャの塗装もそうだけど、残しておいてもいいような気がしますが...

ほぼ50年間にわたり飛び続けた鶴丸。お世話になりました!

本日のラナイから1


Post-177ヒロでの滞在先は「ナニロア・ボルケーノ・リゾート」
2日目の朝、ラナイから見えたものは...

部屋の真下はプール。
こじんまりとしているかわいいプールです。

家族が1組だけで閑散としています。
子供が海に向かってなにやらやってます。
写真だとわかりずらいですが釣りをしてました。
ここのプールは海にせり出すように造られていて、プールのヘリから直接釣り糸を垂らせます。

お、何か釣れたのかな?


沖に目をやると、カヌーを漕いでいる人。

さらにボードの上に腹ばいになる人。
いろんな人がいます(笑)

25%


Post-176この標識、さて、どこでしょう?


25%、もちろん道路勾配です。

坂の町、小樽の船見坂?

あそこはせいぜい16%程度。



ここまで引くとわかりますよね。


ハイ、そのとおり、ワイピオ渓谷でした。

話はちょっとだけ戻ります。

ホノカアを出発しようとした時はもう15時を回っていました。
ここまで来たからにはワイピオ渓谷に寄ってみたい。
ホノカア→ワイピオ→ホノカアで30分。
ホノカア→ヒロが1時間。
今からだとヒロには17時前に着ける。
という感じで計算して、いざ出発。

正直、天気はあまり良くなかったです。
今回は2回目。前に来たのは2005年
前回も天気は良くなかったはず。

ワイピオを出発したのは15:34。
ヒロ到着が16:42。うむ、予定通り。
ハワイ島に慣れてきたせいか、最近は時間が読めるようになりました。

COCOPAN


Post-1751Plus1Cafeでの夕食後、KTAへ買出しに。

KTAでは例の水と次の日の朝食を購入。

間違いなく朝寝坊する予定だったので、朝食は部屋で簡単に済ませるつもりでパンと牛乳だけにしました。
買ったのはプナルウ・ベイクショップのあんぱんとスタンダード・ベーカリーのCOCOPAN。


先ずはあんぱん。$2.99
つぶあんです。味は、まあ、普通ですね。
あんぱんでこの値段は割高かも。


こちらはCOCOPAN。$3.69

この値段もまた微妙。パン2個で$6以上はちょっとね。

このCOCOPAN、あんというかココナッツのペーストが入ってます。
このペーストの食感が実におもしろい!(湯川風)
まさしく「シャリシャリ」という感じです。

活字で伝えるのは難しいので、最後にCOCOPANを拡大してみました。
「シャリシャリ」という音が聞こえませんか?(笑)

1日目の夕食


Post-174さて、初日の夕食ですが、日本にいる時からちょっと食べすぎであまり食欲がありません。
できればめん類とかで簡単に済ませたい。
ということで、中華にすることにしました。

眠たいので新規の店を開拓する気力もなく、味もハズレると悲しいので、前回行った「1Plus1Cafe」へ。
ここなら安心してオーダーできます。


ここのいいところはメニューが全部写真入りというところ。
これなら想像とかけ離れたものが出てきてビックリする心配はありません。


麺はSpecial Clear Noodle Soupをオーダー。$7.95
ここの麺はハズレはないです。


もう1品はチャーハンにしました。$8.25
薄味であっさりしているので、量が多くてもいけます。

新しい店を探すのも楽しいですが、行きつけの店があると何を食べるか迷った時には助かります。

命の水


Post-173大げさなタイトルですが...

さて、ハワイ旅行中、命の次に大切なものは?

お金?パスポート?
ここはとりあえず、“BPの妻”と言っておきます。ウフッ

冗談はさておき、自分にとっては“水”だと思っているんですが、どうでしょう?

2006年11月、この水がいかに重要であるかを思い知らされた出来事が...
これについては長くなるので別の機会に。かなりもったいぶってます(笑)

思い知らされているせいもあって、夕食のついでに買出し。もちろん水が最優先。

ちょびちょび買うのもめんどくさいので初日にドカッと買い込みました。
500ml×24本で$4.99、1本あたり21セント。安い。
実際にはディポジットとフィーで+6セントかかります。

24本は多いかなと思いましたが、6日で飲むとして、1日で4本、1人あたり2本がノルマ。
だとすると、そう多くもないかな。
実際はどうだったかというと、帰国日までに3本程飲みきれませんでした。

毎日、4本を車に積んで出発します。半分は凍らせて。
浴びるように飲んでましたが、コーヒー農園めぐりの時は、試飲が続いてさすがにペースダウンでした。

ヒロ到着


Post-172最初の宿泊地のヒロに到着しました。

先ずは車中からお約束の看板を撮影。
まっすぐホテルへ直行しました。


ヒロでの宿泊先は「ナニロア・ボルケーノ・リゾート」。今回は3泊しました。

ヒロのリゾートホテルと呼ばれるものはあまり選択肢がなく、ほとんどはヒロ湾に突き出た岬に集中しています。

ここにしたのは、先ず値段が安かったこと。最上級のデラックス・オーシャンフロントが14000円ぐらいでした。
そして部屋がリノベーション直後であるということも決め手になりました。


でも、今までのホテルとはどうも勝手が違います。
車寄せに到着しましたが誰もいません。
普通はベルボーイとかがいて荷物の積み下ろしを手伝ってくれるものと思っていましたが...
値段が値段なんでしょうがないというか、でも、逆に気を使わなくていいかもしれません。


フロントへ行ってチェックイン。
今回、日程が1日前倒しになったせいで、ホテルの1泊分追加が別予約になっていました。
このままだと1泊したあと一旦チェックアウトして荷物を部屋から出さなくてはいけません。
つたない英語でそれを説明して、何とか部屋を変わらなくてもいいようにしてもらいました。

チェックインを済ませ、車をパ-キングへ。もちろんセルフ、タダです。
当然のごとく自分たちで荷物を部屋まで運びました(笑)

部屋の鍵は今どき珍しくカードキーではなく普通の鍵。
実はこの日の夜、もう寝ようかなと思っていると、コンコンとドアをノックする音が。
のぞき穴から見ると険しい顔の男性が立っています。
なんだ?こんな時間にと思いドアを開けるといきなり部屋のキーを差し出し、
「おたく、鍵穴に挿しっぱなしだよ!」
「えっ?」
よく見るとウチの部屋の番号。
そういえばさっき買いだしに行って、荷物が多くて両手がふさがっていたので後で抜こうと思って忘れてた!
男性にお礼をいい、彼も笑顔でGOOD NIGHT!
直後にドアが閉まる音がしたので、どうやら同じフロアのお客さんだったようです。
うーん、カードキーに慣れているとこういうことが起きる可能性が。気をつけないと!


部屋は9階のデラックス・オーシャンフロント。
この棟は10階が最上階なので上から2番目。


到着直後のラナイから見た景色です。天気悪っ!
まあ、こんな天気ばかりじゃなかったですけど...
とにかくいろんな“顔”を見せてくれました。
そんな風景、部屋の中の詳細は追々アップしたいと思います。

HONOKAA PEOPLE’S THEATRE


Post-171ホノカアに行ったのには実はもう一つ理由があります。それは映画館の写真を撮るため。

北海道ローカルのFM局ノースウェーブの番組「ISLAND BREEZE from HAWAII SAPPORO EDITION」の中で、DJのNobby池田氏がハワイの映画事情について語っておられました。

戦前、ハワイへは日本からたくさんの移民の方が入植してます。
移民の方はほとんどがサトウキビのプランテーションで過酷な重労働。
そんな移民のために娯楽をと、日本人移民1世の谷本初蔵氏がトラックに映写機を載せてハワイ島の各プランテーションを巡回したそうです。
1930年代に入り、谷本氏はハワイ島各地に本格的な映画館を建てました。
その数は数十とも言われ、「プランテーション・チェーン・シアター」と呼ばれています。


ホノカアにあるPEOPLE’S THEATREも谷本氏が建てた一つ。
各地の映画館はほとんどが閉館していますが、ここは今でも営業している貴重な映画館です。



窓口です。大人が$6は日本に比べて安いですね。



上映中の映画と次回作。


中には入れましたが、営業は夜のようで人の気配はありません。



古い映写機が飾ってありました。


カフェが併設されています。夜はここも人で賑わうんだろうな。

番組の中でNobby池田氏は、これらの映画館はいつ無くなっても不思議ではなく、ハワイ島へ行くチャンスがあればぜひ写真に収めてほしいと。

今回の渡ハの直前にこのオンエアを聞き、ずっと頭の中に残っていたので、ホノカアはもちろん、ハワイ島を移動する道すがら見つけた映画館は写真を撮りました。
後日アップの予定です。

ホノカア


Post-170今日は夕方までにヒロに着けばいいので比較的余裕があります。
せっかくTEXまで来ているので、ホノカアの街を訪れてみました。

19号に戻らず、TEXの横の道路を240号に直接ぬけます。
いつもは通過していましたが今回は車を止めて写真をとることに。


コナやヒロでは車を止めるにしても苦労するけど、ここでは止め放題。
端から端まで歩いても2~300mといったところでしょうか。
午後3時前の昼下がり、車も少ないけど、人もほとんど歩いていません。


おもしろそうなショップもありますが入る勇気が出ません。
入ったら最後何か買わなきゃ出てこれないという小心者ですから(笑)


こんな街並みを見ていると、椅子に座って、コーヒーを飲みながら、1時間でも2時間でもぼーっと眺めていたくなりますね。

ホワイトハニーの補足


Post-169ホワイトハニーのパンフレットをもらってきたのを思い出したので補足でアップします。

このパンフに出ているのは、定番のホワイトハニー、冬にしか採れないウインターハニー、ジンジャー入りホワイトハニー、リリコイ入りホワイトハニー、レフアハニーの5種類です。
2個または3個の木箱入りギフトボックスもあります。

容量は標準が8ozで、ホワイトハニーだけ20ozもあります。

季節によって必ずしも全部のハニーがあるわけではないようです。
今回はジンジャーとレフアはありませんでした。