モーハワイ☆コム

カテゴリー:2005ハワイ島

PARKING PERMIT COLLECTION


Post-524COLLECTIONというほど数はありませんが...
レンタカーに乗り始めてからのPERMITを捨てずに取ってあったのでアップしてみました。

ホテルの駐車場も千差万別。
ゲートがあって、毎回チェックされるところもあれば、勝手に停めてとりあえずPERMITをダッシュボードの上に置いとけばいいところもあります。

トップの写真は、一番最近に泊まったケアウホウ・ビーチ・リゾート。2008年5月。
ここは有料。セルフで$7は有料のところでは平均的かちょっと安め。
Valetの$10も良心的。
ゲートも無いし、ノーチェックでした。


これはナニロア・ボルケーノ・リゾート。同じく2008年5月。
ここはタダ。レシートのようなPERMIT。
駐車場もガラガラで、基本的にノーチェック。
ただ、1度だけ夜に駐車場の入口でチェックがありました。


次は2006年、2007年のワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート。
ここもタダでしたが、現在はゲートも出来て有料になったようです。


最後は2005年5月のキングカメハメハ・コナ・ビーチ・ホテル。
ここは有料でした。当時で1日7$。今は値上げされてる模様。
ゲートがあって常に人がいてチェックされます。
ホテルの駐車場というより、街の駐車場といった感じです。
カイルア・コナのど真ん中なので、宿泊客以外も停めてるようです。

さすがのハワイ島もタダで停めれるホテルの駐車場は少なくなってきました。

これでもか!


Post-515これほどドトールが話題になるとは思ってませんでした。

さすがはモーハブロガー諸氏。
いざという時には打ち出の小槌のようにネタが出てくるもんなんですね(笑)

聞くところによると、とあるワイドショーではとんでもない情報を発信してしまったようで...
自分の知る限り、2005年には既にあの十字架は建っていました。

JAL系ツアーではレフア号という無料の半日観光でドトールに寄ります。
2005年に初めて行ったドトールはそのレフア号で行きました。


カイルア・コナからはそこそこ近いのですが、ツアーかレンタカーでないと行くのはちょっときびしいです。
もちろんコーヒー農園ですから、試飲したり豆を買うのは当たり前なのですが、この庭園を見るだけでも価値アリです。

昨日の動画は「永遠の泉」のみでしたが、今日は庭園の様子をつなげてみました。
2005年のレフア号の時のものです。
長いです。飽きるかも。でも、寝ないでね(笑)

Doutor Mauka Meadows


Post-514昨日からみなさんドトールづいてるようなので、ここは一つ便乗してみますか。

彼女には全く興味がないので、「別に..」という感じ。(コレももう死語?)
ただ、ここに来たことによって少しは「丸く」なってくれたら意味はあるのかも。
それだけここは人を癒すことが出来る場所。


楽園のようなガーデンを歩ながら、たくさんの植物にふれ、最後に天国に到達する。
ここに至る過程も重要。

「永遠の泉」
写真はかなりアップされているようなので、動画でいってみます。

Chain of Craters Road の夕焼け  :emojimark_vcamera: 動画 :emojimovie:


Post-471さて、オーシャン・エントリーを見物して車に戻る途中、あまりに夕焼けがきれいなので立ち止まり撮影。

ここでは方角からいくと太陽は山に沈んでいきます。
もうこの時はすでに太陽は山に隠れた後でした。
雲に混じってプウ・オオ火口からの噴煙もたなびいています。

そしてプラマ・パリと呼ばれる山の斜面には赤い溶岩が点々と見えます。
斜面をゆっくりと下る溶岩はしばらくすると海へ到達し、あのオーシャン・エントリーとなるわけです。

Chain of Craters Road からのオーシャン・エントリー  :emojimark_vcamera: 動画 :emojimovie:


Post-470オーシャン・エントリーを見るためには、現在はカラパナ側からですが、2005年当時はChain of Craters Road側から行くのが主流でした。

ラエアプキのエントリー地点のそばまで歩くとブレイクアウトした流れる溶岩も見られたそうです。
ラエアプキまでは2マイルぐらいあるので、余程の好条件でないとツアーではそこまで行きません。
溶岩の流れ具合もそうですが、ツアーのメンバーにもかなり左右されます。まあ、ツアーも良し悪しですね。



大体15分ぐらい歩いたところでオーシャン・エントリーを望遠鏡で眺めるのが普通のようです。

ポイントに到着して先ず思ったことは、遠いな~ということ。
想像してたよりずっと小さく見えます。
2マイルだから3.2kmですか。これだけ離れていれば仕方ないか...

これは望遠鏡がなければ全くダメですね。
ビデオもズームを最大限に活用しました。
三脚がなかったのでかなりブレブレで、この動画を見たら酔うかも知れません(笑)

Lava Tube  :emojimark_vcamera: 動画 :emojimovie:


Post-468キラウエアのクレーター・リム・ロード沿いにあるサーストン・ラバ・チューブです。
場所はキラウエア・カルデラの東側の端、キラウエア・イキ火口の東のヘリです。

ラバ・チューブは溶岩が地中を流れた抜け殻のようなもの。
映像でもわかるとおり、人間よりはるかに大きい溶岩洞窟です。

今は遊歩道も洞窟内の照明等も整備されていて、10分もあれば1周出来ます。
昔はココをドロドロの溶岩が流れていたとは不思議な感じです。
公開されてるのはココぐらいですが、他にもたくさん溶岩洞窟はあるようです。

Kahuku  :emojimark_vcamera: 動画 :emojimovie:


Post-467カフクといってもエビで有名なオアフのカフクではありません。
ハワイ島の南部、サウスポイント・ロードが11号から分岐する辺りがカフクという地域。

この辺の道路はとにかくまっすぐで、風景も単調。
それに加えて、みなさん超高速で走りますからいろんな意味で危険な香りがする道路です。

そのカフクには路側に展望台があり、サウスポイント方向を望みます。
天気にもよりますが、はるか彼方にハワイ島最南端のカ・ラエ岬を見ることが出来ます。

キンカメ動画 【ディレクターズカット】


Post-466ちょっと前にキンカメのすごい音を聞いていただきましたが、映像的には続きがあります。

一応、部屋の中をひと通り撮影していました。更にラナイからの映像も。
その模様をディレクターズカットでお送りします。

再度確認しますが、泊まったのは2005年5月。
AVAの部屋指定なしで、3Fの379号室です。

今はリノベーションが終わっているかもしれないので、あまり参考にはならないかも知れません。

成田空港展望台  :emojimark_vcamera: 動画 :emojimovie:


Post-462成田空港の展望台です。

新千歳から到着して、コナ便の出発までは6時間あります。 
6時間もあるのでいろいろと空港内を探検できますが、展望台へ行ったのはこのときが初。

飛行機の動きは思ったよりありません。時間帯なのかな?
今はなき「鶴丸」もたくさん止まってます。

空港内は人であふれていますが、ココはそんなに混んでないので、天気がよければココでボーっとするのもいいかもしれません。

To King’s Shops  :emojimark_vcamera: 動画 :emojimovie:


Post-461ハプナ付近の19号から、ワイコロアの交差点を経て、キングス・ショップスまでの映像です。


ちょっと単調で長いです。
オマケに画像悪し。

自分で編集してても飽きました。
すこしやり方を考えねば...


最初の方で正面に見えている山はフアラライ山です。
結構、雲に隠れていることが多いのですが、この日は山頂まで見えました。