モーハワイ☆コム

カテゴリー:旅行あれこれ

JAL、国内線の機内インターネット接続がずっと無料に


IMGP1623201605010001

JALは6月20日付プレスリリースで、
国内線の機内で提供しているWiFiサービスを永続的に無料化すると発表しました。
http://press.jal.co.jp/ja/release/201706/004314.html

いずれはこうなると思っていましたが、意外と早かった。
今年1月までの15分間無料キャンペーン、
8月までの無制限キャンペーンまでやって、いまさら有料には戻せないよね。

今年のGWに利用してみて、ヒマつぶしには結構、役立ちました。
まあ、機内はともかく、パブリックな場所での無料WiFiは当たり前になってきましたから。

さて、これで他のキャリアはどうする?
ANAは今のところ、その予定はないらしい。

アーク塗装が消える日


DSC_00070001_2

先週のことですが、JALの旧塗装機(太陽のアーク)が、羽田から姿を消しました。
ジェイエアが運航する、6月15日の山形発羽田行きJL178便が最後だったようで、
これで残るは日本エアコミューターなどのグループ会社の機材だけだそうです。

写真は2013年のもので、少し前まで見た気もするのですが、
JAL本体のアーク塗装機は、すでに鶴丸に移行済みだそうです。

今では見慣れた鶴丸ですが、実はこのアーク塗装も意外と好きだったんだよなあ。

しんよげんの書


IMGP2473201605070001

2017ねん6がつ、ねさげをだんこうしたはわいあんこうくうの戦士でしたが
わずか2日でちんあつされてしまいました。
それから2週間、これではいけないと再びはわいあんこうくうの戦士がたちあがりました。
ケンヂ~ オッチョ~


昨日からハワイアン航空の運賃が下がっています。
確認したのは新千歳-ホノルル線だけですが、
とある月のとある日程で検索したところ、
100,960円→85,960円と、15,000円も下がっています。
ハワイアンエアラインズVISAカードのサイト経由だと82,460円まで下がる。
これは大きいな。

前回(5/31から6/1)は、わずか2日で元に戻ってしまいましたが、
今回はいつまでもつのかな?
仮に前回と同じ2日で戻るとすると、明日には戻ってしまうのか。

いや、羽田-コナ直行便特別運賃のキャンペーンとバランスをとるなら、
少なくとも6/30まで連動して継続すると思いたいですが。

こればっかりは’よげん’はできませぬ。

HAの逆襲! 延長戦?


20170615

JALのコナ直行便就航のおかげ?で始まったHAのコナ直行便特別運賃ですが、
予約期限が6月14日までということで、
そんな猶予がないんじゃ決められねーぜと叫んだところ、
なんと、今日になって、期限がこっそり6月30日までに変わっておりました。

あれぇ? 聞こえたかなあ?(笑)

じゃあ、今度は7月1日になったらどうなる?再延長?
できればサーチャージの下がる8月くらいまで延長してくんないかな。

JALカードの年会費をマイルで払えるようになるそうですが...


IMGP2552201605070001

JALと、株式会社ジャルカードは、マイル特典交換の新たなメニューとして、
JALカード年会費をマイルで支払いできる新サービスを2017年6月15日より開始するそうです。
http://press.jal.co.jp/ja/release/201706/004309.html

例えば、CLUB-Aカードの年会費は10,800円。
それを10,800マイル使ってを年会費を払うということなんですが...

陸マイラーにとって10,800マイルといえば、かなり身銭を切る感じ。
ショッピングプレミアムに入会済みでも、108万円の買い物が必要。
人それぞれマイルの価値観が違うと思うけど、
自分なら、冗談でしょ!と思ってしまうレベル。

このサービス、自分は見なかったことにします(笑)

JAL、8、9月発券分の燃油サーチャージを引き下げ


DSC_06700001

JALは6月13日付プレスリリースで、
8月1日から9月30日までの間に発券する日本発の航空券について、
燃油サーチャージを引き下げると発表しました。
http://press.jal.co.jp/ja/release/201706/004307.html

2017年4月から5月のシンガポールケロシン市況価格2カ月平均は、1バレルあたり$52.51で、
同期間の為替平均1米ドル111.14円を乗じた円貨換算額は6,947円となり、
2017年8月から9月に発券される航空券に適用される燃油特別付加運賃は、
条件表のZone A(6,000円基準)の金額を適用し、ハワイ線は片道2000円となります。

シンガポールケロシン価格の若干の下落と円高によりZone Aとなりましたが、
この勢いでサーチャージがゼロになるかというとそうでもなく、
円貨換算額は6,947円と7,000円をギリギリでクリアしたわけですから、
逆にちょっとでも円安になったりすると、簡単にZone Bに戻りそうな気配です。
予定がはっきりしているのであれば、8、9月中の発券が賢明です。

ちなみにANAは9日に同様の引き下げをすでに発表しています。

HAの逆襲! と言いたいところですが...


20170607

今日になって、ハワイアン航空のホームページ上で、
「東京(羽田)からハワイ島コナへの直行便特別運賃」の告知が出てきました。

2017年9月15日から2017年12月21日までの出発で、羽田-コナ往復 87,900円からということで、
JALのコナ直行便を意識したキャンペーンとなっていますが、
いかんせん、予約期限が2017年6月14日までと、あまりにも猶予がなさすぎる。

3か月先の予定で、即決できるかな?
いろいろ考えてたら、決断したころにはキャンペーンが終わってたりして(笑)

ハワイアン航空、ついに札幌/ホノルル線へもA330-200投入へ!


IMGP1704201605020001

6月1日のAviation Wireとハワイアン航空のマーク・ダンカリー社長兼CEOとのインタビューの中で、
唯一B767で運航されている札幌線について、今後、新仕様のA330-200を投入すると語っています。
http://www.aviationwire.jp/archives/121324

具体的な時期も語られていて、2018年前半とのこと。
ようやく北海道にもあのフルフラットのビジネスシートやエクストラ・コンフォートが登場です。
なにせ今使っているB767-300ERはボロボロで、
先日も乗って、あとでネタとして書きますが、すごかったです(笑)

これでまたまた迷ってしまうわけで、JALのコナ便もいいけど、HAの新機材も捨てがたい。
特にコスパの良い68席もあるエクストラ・コンフォート(プレミアムエコノミー)は非常に魅力的です。

他にもこの記事では、コナ便のこととか、JAL/ANAへの対抗策ついても語られていて興味深いです。

2日天下


IMGP2473201605070001

一昨日の「よげんの書」で、HAが逆襲で値下げを断行した云々と書きましたが、
今日になって、なんとその下がった運賃が、元に戻ってしまいました。

わずか2日でのこのV字回復はなんなんでしょうか。
まるでエクスペディアの48時間セールみたい(笑)

理由は不明。
そもそも値下がりした理由もはっきりしてなかったのに、(JALへの対抗説はあくまで仮説)
ドル建てだったとしても、円相場はそんなに動いてなかったし。

今後も監視は強化していきますが、
なんだか、2日間だけいい夢を見たむなしさだけが残りました。

よげんの書


IMGP2473201605070001

2017ねん6がつ、はわいせいふくをたくらむじゃるが、こなせんしゅうこうをはっぴょうすると
はわいあんこうくうの戦士がたちあがり、ねさげをだんこうした?!
ケンヂ~ オッチョ~


昨日の記事の最後で、HAの逆襲を予言しましたが、
今日になって、突然、HAが運賃を値下げしました。

全部の月を確認したわけではないけど、
数か月先の運賃を比較すると、10%程度は下がっているように見えます。

一番競合する羽田-コナ線の某月某日のエコノミー運賃は、税、サーチャージ込で87,680円。
運賃だけなら70,000円てとこですか。

新千歳発だと多少異なりますが、
一方的にJALの方を向いていたところを、髪をやや引っ張られた感じです。
うーむ、こいつは思案のしどころか。
まあ、好きなだけ悩むがいい(笑)