モーハワイ☆コム

カテゴリー:2007ハワイ島&オアフ島

ジャンボを回顧してみたら...


Post-1563惜別の思いを込めてB747の記事を書こうと思ったのですが、写真が無いんですねこれが。
ていうか、あまり乗ってないんですよ。

今は無きコナ便は通常B767なんで、コナ便しか乗らなかった我が家にとってはジャンボでハワイって記憶はほとんどナシ。
それじゃ記事にならないので、気合い入れて探したらありました、トップの写真が。


これ2007年の写真です。

2007年はツアーで行った最後の年なんですが、機材繰りの関係でコナ便なのにB747に変更。
コナ空港ではよく見る光景ですが、ジャンボから2か所のタラップで降りてくるという珍しい1枚となりました。

座席数が増えたおかげで機内は超余裕。
この時の座席は36ABの非常口席でした。→ :emojion:

写真はありませんが、2006年の帰りも国内乗り継ぎの関係で成田に早く着かねばならず、79便をホノルルで73便に乗り換えジャンボに。
この時も確か非常口席でした。

今考えると、機会こそ少なかったんですが、ジャンボとの相性はとっても良かったんですね。


PARKING PERMIT COLLECTION


Post-524COLLECTIONというほど数はありませんが...
レンタカーに乗り始めてからのPERMITを捨てずに取ってあったのでアップしてみました。

ホテルの駐車場も千差万別。
ゲートがあって、毎回チェックされるところもあれば、勝手に停めてとりあえずPERMITをダッシュボードの上に置いとけばいいところもあります。

トップの写真は、一番最近に泊まったケアウホウ・ビーチ・リゾート。2008年5月。
ここは有料。セルフで$7は有料のところでは平均的かちょっと安め。
Valetの$10も良心的。
ゲートも無いし、ノーチェックでした。


これはナニロア・ボルケーノ・リゾート。同じく2008年5月。
ここはタダ。レシートのようなPERMIT。
駐車場もガラガラで、基本的にノーチェック。
ただ、1度だけ夜に駐車場の入口でチェックがありました。


次は2006年、2007年のワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート。
ここもタダでしたが、現在はゲートも出来て有料になったようです。


最後は2005年5月のキングカメハメハ・コナ・ビーチ・ホテル。
ここは有料でした。当時で1日7$。今は値上げされてる模様。
ゲートがあって常に人がいてチェックされます。
ホテルの駐車場というより、街の駐車場といった感じです。
カイルア・コナのど真ん中なので、宿泊客以外も停めてるようです。

さすがのハワイ島もタダで停めれるホテルの駐車場は少なくなってきました。

LA MER


Post-4722007年、何年かぶりにワイキキのDFSに行きました。
噂には聞いてましたが、いや、本とかでは見ていましたが、すごい変わり様にビックリですね。

BPが知っているDFSは、今みたいにカラカウア通りに入口はなく、もっと奥で、横に入口がある建物でした。
カラカウア通りの入口付近って、昔、フットロッカー?ハワイ銀行?があったところじゃなかったっけ?
まあ、浦島太郎状態ですね(笑)

あんまり物は買いませんでした。あ、BPはですよ。
BPの妻はラルフのポロシャツ、それと、クリニーク。
そして写真の「LA MER」という怪しげなクリームを購入しました。


オアフに滞在中、「ISLAND BREEZE from HAWAII」というラジオ番組の公開収録を見に行ったのですが、その番組の中で以前アップした「Pure Hapa」とともにこの「LA MER」が紹介されていました。

DFSにこのブースを発見し、説明を受けている彼女の目の輝きから、たぶん買うんだろうなと思っていたらやっぱり...


効能書きには海藻エキスだとか海のミネラルとかいろいろ書いていますが、要は保湿クリームみたいです。
まだ空容器があったので、レビューしてみようかと中を見てみましたが、完璧に使い切っておりました。
ニオイだけはしていたので確認してみましたが、普通の化粧クリームのニオイです。

効果があったかどうかは、んー、使っていたのも気がつかなかったので...
一番小さいサイズを購入しましたが、それでも$125 :emojiface_gesso:
まあ、男にとってはようわからんアイテムです :emojiface_koma:

部屋指定なし


Post-438ツアーでは一番安い価格帯はホテルが「部屋指定なし」のカテゴリーにならざるを得ません。

この「部屋指定なし」ですが、普通はマウンテンビューかガーデンビューになることがほとんどです。
実際、BP家は過去において「部屋指定なし」でしか泊まったことはありませんが、やはり部屋はそれなりでした。

でも、ごくまれにいいグレード部屋にあたることもあります。
2007年のマリオットの部屋はやや恵まれた方だったかもしれません。
部屋番号は4137号室。4階です。
今までは2階か3階にしかなったことがなかったのでちょとだけ出世です。


WEBサイトの図を見ると泊まった部屋は「プール・テラス・ビュー」に該当するらしい。
確かにラナイの正面はプールでした。
でも少しだけ海の方へ視線を向けると、遠くに海が見えるのです。
他のホテルだと「パーシャル・オーシャン」といってもおかしくありませんが、マリオットにはそのカテゴリーはありません。

ほとんど部屋にはいませんでしたが、4階は結構見晴らしがいい。
ちなみにすぐ上の5階のカテゴリーは「オーシャン・ビュー」。紙一重ですね。

はずれもありますが、こんなこともあって「部屋指定なし」はやめられません。

マリオットの早朝散歩


Post-4342007年に泊まったワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート。

この日は回るところが多いので早起きして朝食です。
朝食を食べた後、時間はないけどちょっとだけ中庭を散歩。

プールの周りにはまだ誰もいません。
パラソルも閉じたまま。
もちろん誰も水には入ってないので、水面が鏡のように美しい。
あ、鳥が1羽だけいますね。


芝生の上では鳥たちが井戸端会議中。
ちょっと近寄りがたい雰囲気です。

今だけ彼らはこの中庭では多数派なのです。

ミラマーのラナイから


Post-432たまには気分を変えてオアフの話題を。
話題といっても、ただ写真があるというだけなので、特段、何を書くというわけではありません。

7年ぶりのオアフも滞在は2泊。
ミラマーにしたのも、安くて朝食がついていたという理由のみです。
ツアーでは元々プリンセス・カイウラニだったのですが、過去に泊まったこともあるし、どうせなら泊まったことのないところにあえてダウングレードしてみました。


クヒオ通りを挟んで向かい側に見えるオハナ・ワイキキ・ウエスト。
実は、ミラマーとどっちにしようか最後まで迷っていましたが、結局、朝食の差でミラマーに。


部屋もこのクラスではやや広め。ベッドが3つあったせいかな。
寝るだけなら全くもって十分です。実際、部屋にはほとんどいなかったし。

バスルームもバスタブにはお湯はためないので、シャワーからお湯が出れば問題なし。ただ、排水口の流れがちょっと悪かったかな。

インタマとクヒオ通りに面しているので騒音を心配していたのですが、疲れて爆睡していたので全然気にならず。
このグレードの部屋でも用が足りてしまっているので、仮に次オアフに来たとしても、もう高いところには泊まることはないでしょうね。

STING-KILL


Post-4152007年のハワイ島の4日目。

コーヒー農園めぐりを終え、トイレ休憩のためケアウホウ・ショッピングセンターへ。
夕方だったせいもあって、トイレ周辺では蚊がウヨウヨ。

案の定、刺されていました。それも夫婦揃って。
次の日はオアフへの移動日でしたが、コナ空港では足がかゆくてしょうがない。
それに、結構、腫れてきました。

結局、オアフに着いたその日の夜に、我慢できずに虫刺されの薬を買いました。

クヒオ通りの薬局で、店員にはモスキートに刺されたと言ったのですが、出てきたのがコレ。
ラベルからして、どう見てもハチ刺され用に見えます。
説明書きを読むと、一般的な虫刺されにも効くとは書いてありますが。


このカプセル、中がアンプルのようになっていて、指でつぶすと中が割れて、緑の液体が綿に染み出す仕組みです。
この緑の液状の薬を患部に塗るわけですが、どうも、この緑色が怪しい。
まるで毒のような色です。
もっとも、毒をもって毒を制すと言えば納得できなくはないのですが...

さて、塗ってどうだったかですが、んー、あまり効いてないような気が。
$3.57なので文句は言えないけど。

Pure Hapa Vol.2


Post-375今朝アップした「Pure Hapa Sweet Papaya Facial Exfoliant」を今夜、実際に使ってみました。

フタを開けると、Papayaの独特の甘い香りがただよいます。
嫌いな香りではありません。

見た感じは別に分離とかはしてないので、たぶん、大丈夫そう。


スクラブなど使ったことがないので、どのくらいが適量かが不明。
とりあえず、指先でこんな感じですくってみました。

顔全体にのばしてこすると、ちょうど塩でこするようなザラザラ感です。
力を入れすぎるとチョイ痛なので手加減が必要。

水で洗い流して肌を確認。
なんかこころなしかしっとりしたような。
油ギッシュな顔もスッキリしていい感じです。

そして顔を上げ鏡を見てビックリ...あーら不思議、顔が福山雅治になっていましたとさ(笑)

Pure Hapa


Post-374BP家は買ってきた“食べる”お土産を長期保存するのが常となっています。

コーヒーしかり、クッキーも、ハチミツも...
半年なんかざらで、1年前のものも現実には存在しています。
これらは賞味期限こそ書いていませんが、やはりおいしいうちに消費したほうがいいですよね。

さて、早めにということでは食品の他に化粧品もそれに該当するのでしょうか。
BPはあんまり関係ないと思っているのですが、BPの妻は「質が変わる」といって古くなった化粧品は避けているようですが...



この「Pure Hapa Sweet Papaya Facial Exfoliant」はちょうど1年前に買ったもの。
長い名前ですが、要はフェイス・スクラブですね。

去年、短いオアフ滞在中に行ったラジオの公開収録で、このPure Hapaの話題が出ていました。
すぐ影響を受ける我が家は、収録のあと速攻でネオプラザさんに走りました。

帰国後、“勝負”のときに使おうと大事にしまっておいたのですが、いつしか忘却の彼方へ...
勝負の時は訪れなかったんでしょうね。BPもBPの妻も。
ネオプラザさん、すんません。ホントに忘れてました。


つい最近、この存在が明らかになりましたが、未開封とはいえ1年前のもの。
先ずはツラの皮が厚いBPの脂ぎった顔で人体実験、いや臨床試験することになりました。

その模様をライブでお伝えしたかったのですが、朝は忙しいので、今夜、その使い心地をお知らせします。

鏡割り!?


Post-243おなじみBig Island Candiesのミルクチョコレート。

お土産は一粒づつのギフトボックスにしていますが、自宅用にはこの「Bento Crunch」です。

実はコレ、去年の11月に買ったやつです。
賞味期限はあってないようなものなので、もったいなくて冷蔵庫で眠らせておりました。
今年の5月の物もあるし、最近はおみやげでチョコを頂いたりしているので、もうそろそろ食べる時期が来たようです。


フタをあけるとこんな感じです。
普通の8ozギフトボックスは$9.75ですが、「Bento Crunch」は16ozで$11.00ですから断然お得です。


先ず、2つに割ってみました。
こんなにたくさんマカダミアナッツが入っています。
食べるにはまだまだ細分化が必要。
でもこれ以上手で割るのはちょっとムリそうです。


結局、ナイフを使ってここまで分割しました。
これでも粒はデカいです。
口に入れましたが、うはー、デカイ。そしておいしい。
8ヶ月以上経っていましたが、全く問題なしです。