DSC_06700001

JALは12月14日付プレスリリースで、
2018年2月から2018年3月に発券される航空券に適用される燃油特別付加運賃は、
条件表のZone C(8,000円基準)の金額に改定すると発表しました。
http://press.jal.co.jp/ja/release/201712/004530.html

2017年10月から11月のシンガポールケロシン市況価格2カ月平均は、1バレルあたり$71.22で、
同期間の為替平均1米ドル112.94円を乗じた円貨換算額は8,044円となり、
2018年2月から2018年3月に発券される航空券に適用される燃油特別付加運賃は、
条件表のZone C(8,000円基準)の金額を適用し、ハワイ線は片道6000円となります。
おそらく、他の航空会社も横並びでしょう。

円相場は確かに円安傾向でしたが、
シンガポールケロシン価格が輪をかけて上昇したため、
わずか2か月でZone Cまで行った感じです。

ちょうど1年前の12月は、サーチャージゼロが終焉した時期で、
そこからやや暗黒の時代が始まったわけですが、
原油の生産調整が行われ、価格の上げ止まり感もあるので、
その暗闇から抜けるのは至難の業です。