IMGP2550201605070001

JALは、12月1日付プレスリリースで、2018年夏ダイヤ期間(3月25日~10月27日)において、
成田/グアム線と関空/ホノルル線を現在の1日1便から1日2便に増便すると発表しました。
JAL公式
http://press.jal.co.jp/ja/release/201712/004511.html

トラベルビジョン
http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=80071

運航スケジュールは以下のとおり。
関空/ホノルル線(4月27日~10月27日)毎日運航
JL8792便 KIX 19時05分発/HNL 07時50分着
JL8791便 HNL 10時30分発/KIX 14時50分着※翌日
・4月27日から30日まではJL8792便のみ運航
・6月から9月までJL8792便は08時10分着、JL8791便は14時20分着

機材はB787-8。(写真は一応、B787です。)



今のところ、夏ダイヤ期間のみの運航としか発表されていませんが、
需要好調で冬ダイヤ以降の継続もあれば、年間通してのダブルデイリー化の可能性も。

関空のハワイ線はLCCのエアアジアや12月7日からスクートも就航するので、
来年の夏は、競争必至でますますアツくなりそうです。