IMGP2323201605060001

パナエワ動物園から11号へ出て、ほんの少しだけ行くと、
マカダミアナッツの老舗、マウナロア社への入口があります。

例の並木ロードを少し走るとビジターセンターへ到着します。
が、今回はビジターセンターへ入る前に工場を見学することに。

以前も見学しようとしたのですが、工場が休みだったので、今回が初。







IMGP2334201605060008

見学と言っても、工場の中へ入るわけではなく、
工場の外階段を2階へ上がり、窓の外から製造過程を眺めるという感じです。





IMGP2331201605060005

マカダミアナッツのチョコをつくる前半の工程です。
左から右への流れ作業です。





IMGP2332201605060006

先ずはチョコの台座、
平べったい薄いチョコが次々と現れます。





IMGP2333201605060007

上段のベルトでクラッシュしたマカダミアナッツが流れてきて、
それを手作業で、チョコの台座に置いていきます。





IMGP2328201605060004

続いて後半の工程。
ナッツが乗っかったチョコのフタをする作業です。





IMGP2327201605060003

先ほど手作業でナッツが置かれたチョコが流れてきます。
これだけでも十分おいしそうですが。





IMGP2326201605060002

機械を通るときに上からチョコでカバーしていきます。
ここはすべて機械任せで、完全自動化されています。





IMGP2324201605060001

出来上がったチョコを箱詰めして終了ですが、
ここは手作業で行われていました。





IMGP2336201605060010

この工程は見学しているスペースで、モニターでも見ることができます。
まあ、生で見たほうがリアルで、より感動するとは思いますが。





IMGP2335201605060009

ボタンを押すと各国語で説明が流れるという仕組みです。

英語はともかく、アジア圏の言語が多いですね。
それだけその筋の人が多いということでしょうか。
確かに団体さんを多く見かけました。

と言うことで、次はビジターセンターへ。