モーハワイ☆コム

Royal Sea Cliff Kona by OUTRIGGER ⑬  キッチン(小さいキッチン用品)


IMGP0391201705010003

次にキッチン天端上にあった電化製品その他です。

最初は炊飯器。
米は炊かず。ゆえに使わず。もっとも、使い方わからず。

そしてキッチンペーパースタンド。
これは多用しました。意外と使うんだよね。

続きを読む »

Royal Sea Cliff Kona by OUTRIGGER ⑫  キッチン(外観及び大きい設備 後編)


IMGP0393201705010001

キッチンを反時計回りにいくと、次はシンク周り。

シンクはやや小さめで、これ一つだけ。
ディスポーザーも付いています。

コンドによっては、ツインシンクになっていて、
片方がディスポーザー専用になっているところもあって、
そっちの方がホントは便利なんだけど。

続きを読む »

Royal Sea Cliff Kona by OUTRIGGER ⑪  キッチン(外観及び大きい設備 前編)


IMGP0389201705010001

いよいよコンドミニアムの本丸?のキッチンです。

とにかく写真だけはたくさんあるので、
もったいないので、全部使って紹介しましょう。

先ずはキッチン外観。
コンドによくある標準的なフルキッチンです。
リビングとは広めの対面カウンターで仕切られています。
設備はちょいと古いですが、特に不自由はありません。

続きを読む »

ハワイアン航空、18年1月より米本土路線にA321neo就航 


130325_A321neo_hal-640

2日前に「札幌/ホノルル線へのA330-200投入は18年2月から」の記事を書きましたが、
その機材の供給元にA321neoが就航するという記事がAviation Wireに出てました。
http://www.aviationwire.jp/archives/127220

日本路線にA321neoが就航するわけではないので、直接関係はありませんが、
コイツが米本土路線に就航してA330-200と置き換わらないと札幌には来ないので、
間接的にはこのスケジュールが札幌投入時期を決めたと言ってもいいのです。

一番早いA321neo就航がカフルイ-オークランド線ということで(1月8日から)
どうやらここの機材が改修されて札幌に来るのかな。

Royal Sea Cliff Kona by OUTRIGGER ⑩  バスルーム(トイレ周辺)


IMGP0441201705010001

タイトルに「便器周辺」と一度は書きましたが、
あまりにもモロなんで、ちょいと表現を柔らかくしました(笑)

ということで、便器とその仲間たちです。

続きを読む »

ハワイアン航空、札幌/ホノルル線へのA330-200投入は18年2月から


IMGP1704201605020001

ハワイアン航空はハワイ時間8月16日、エアバスA330-200型機の新仕様機を、
2018年2月から札幌-ホノルル線に投入すると発表しました。
http://www.aviationwire.jp/archives/127169
https://newsroom.hawaiianairlines.com/releases/hawaiian-airlines-introduces-a330-featuring-full-flat-and-extra-comfort-seats-to-sapporo

6月初めのAviation Wireの単独インタビューでマーク・ダンカリー社長兼CEOが、
2018年前半をめどに札幌線にも新仕様機を導入する意向を示していましたが、
正式なスケジュールでは、ホノルル発が2月1日から、札幌発が2月2日からとなっています。

新仕様機といっても、いわゆるおさがりで、
A330で運航している米西海岸路線にA321neoを投入して、置き換えられた機材が投入されるようです。

エアバスA330-200型機はビジネス18席、プレミアムエコノミー68席、エコノミー192席の全278席で、
いよいよ札幌線にもフルフラットのビジネスシートが登場することになります。

これにより、機材がボロボロで遅延や欠航が頻発していたB767-300ER機も退役です。
長い間、お疲れさまでした。

JAL、10、11月発券分の燃油サーチャージを同額で継続


DSC_06700001

JALは8月16日付プレスリリースで、
10月1日から11月30日までの間に発券する日本発の航空券について、
燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を同額で継続すると発表しました。
http://press.jal.co.jp/ja/release/201708/004377.html

すでにANAは8月10日に発表していて、繰り返しの記事になりますが、
2017年6月から7月のシンガポールケロシン市況価格2カ月平均は、1バレルあたり$58.50で、
同期間の為替平均1米ドル111.63円を乗じた円貨換算額は6,530円となり、
2017年10月から11月に発券される航空券に適用される燃油特別付加運賃は、
条件表のZone A(6,000円基準)の金額を適用し、ハワイ線は片道2000円となります。

円相場は最近大きな変動がありませんが、
シンガポールケロシン価格が少し下落したため、
Zone Aの中ほどまで円貨換算額は下がりました。

では、12月以降のサーチャージはどうなるか?
シンガポールケロシン価格はまだ下がる傾向がみられるものの、
円相場が1ドル107円ぐらいまで下がるとゼロになる可能性もありますが、
今のところその気配はないので(トランプ政権が何か仕掛ければ別ですが)
当面、サーチャージのゼロ化復活は望めないのではないでしょうか。

Royal Sea Cliff Kona by OUTRIGGER ⑨  バスルーム(バスタブ周辺)


IMGP0443201705010003

バスルームのバスタブ周辺について。

アウトリガー系だと、バスタブがなくてシャワールームのみのところもありますが、
ここのユニットはバスタブがちゃんとありました。

ただ、こちらではバスタブにお湯を貯めたことはほとんどなくて、
実際のところは、シャワールームだけでもよかったりします。

あと、排水口の流れが悪くて、シャワーの時間が長いと、
足元に水がたまってしまうのがちょっとストレスになったかな。

続きを読む »

Royal Sea Cliff Kona by OUTRIGGER ⑧  バスルーム(洗面台周辺)


IMGP0431201705010001

続いてはバスルーム。

バスルームはベッドルームのすぐ隣というか、裏側です。
動線的には、夜中にトイレで目覚めてもリビングに向かう廊下に出なくても行ける感じです。

中は、ちょっと年代を感じる作りですが、
清潔感は保たれていて、不自由はありません。

先ずは洗面台周り。

続きを読む »

Royal Sea Cliff Kona by OUTRIGGER ⑦  ランドリー


IMGP0428201705010001

ベッドルームから出てすぐのところに扉があり、
そこを開けると、ボイラーとランドリーマシンがあります。

コンドでの長期滞在では必需品ですが、
やはり3泊程度だと、着替えなんかは泊数分の持込みは可能なので、
あえて洗濯する必要もなかったです。

続きを読む »