モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年10月

オニヅカセンターからの・・・。


Post-814眺めです。

標高4205メートルマウナケアの頂上へ登るためにここで体を慣らします。
ちょっとひんやりの中で食事をしたり、お土産のお店を見たり、トイレへ行ったりします。

ここは向かいのマウナロア方面の景色です。
稜線がなだらかに海に向かって延びていますがこちらも4000メートルを越える山で、大きさでは世界一だそうです。

ああ、ハワイ島、マウナケア、次は朝陽を見たい、雪を見たい・・・。






(写真・オニヅカセンターにて)

さあ・・・。


Post-813これからマウナケア山頂を目指します。

ちょっとその前に一息入れて写真を撮ったりします。
溶岩流の固まったところや小さなヘイアウやらかなり遠くまで見渡せたりします。

これから一気にオニズカセンターを目指します。










(写真・マウナケアの溶岩流付近)

カイルアコナの・・・。


Post-812ファーマーズマーケットです。

こじんまりしていて道路わきでやっています。
駐車場のようなスペースでやっているので、駐車場を探すのも大変です(笑)

KCCなどのようにツアーできたりとかはないのでのんびりはできますが。









(写真・カイルアコナのファーマーズマーケット)

ず~っと先に・・・。


Post-811白い塔のようなものが見えませんか?

ハワイを発見したキャプテンクックがなくなったその場所の白い記念碑です。
ここはケアラケクア湾州立公園です。

「神の通り道」を意味するここは絶好のシュノーケルポイントのようです。

記念碑へは陸路ではいけないと言う話もありますが定かではありません。








(写真・ハワイ島ケアラケクア湾)

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園


Post-810ハワイ島ケアウホウからさらに南下していくとここに着きます。

沢山のティキやヘイアウが残っています。
水のきれいな浅瀬には沢山の「ホヌ」が泳いでいます。

溶岩が海に流れ込んで真っ黒になっているところもあります。
ハワイ島の素顔の一部かもしれませんね。








(写真・プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園で)

「てしま」のおばあちゃんが・・・。


Post-809昨年出版した本を読みました。

「104歳になってわかったこと」一世紀以上生きているおばあちゃんの「てしま」への思いなどを綴っています。

お店に尋ねたときのことを思い出しながら一気に読んでしまいました。



昨日JALホノルルマラソンのゼッケン引換証が届きました。
あと40日あまりですね。








(写真・てしま)

コーヒー園で・・・。


Post-808見つけました。

「ゲコ」です。
ハワイ島UCCコーヒー園を散歩中見つけました。

今年の収穫は終わったでしょうか。
園内の果物は旬に当たると食べることが出来ます。
この時は「ライチ」とか有ったような気がします。








(写真・ハワイ島UCCコーヒー園)

こんな・・・。


Post-807景色もありました。

山の辺りがちょっと神秘的ですね。
人もあまりいないのでなおさらそう感じました。

バスで行って降りてから大分歩きました。
同じように行く方は午後は早めに公園から出たほうがいいかもしれませんね。









(写真・ホオマルヒア)

HO’OMALUHIA BOTANICAL GARDEN


Post-806自然がそのまま公園になっている感じです。

ようやく探し当てていきましたが入り口までがものすごく長い道のりでした。
中もとにかく広い、沢山の木々、湖、人工のものは何もありません。

お弁当もって一日のんびりもいいですね。









(写真・ホオマルヒア)

そろそろかな・・・。


Post-805素敵な夕焼けです。

そろそろ花火の時間ですね。
でももう少しこの景色を見ていたい気持ちもします。

ぼ~っと、ただ、ぼ~っと。










(写真・ヒルトン前の浜辺)