モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年3月

ハセガワジェネラルストアのまわり



2007年7月25日のハナツアーでハセガワジェネラルストアから見た風景です。

海の方を見ると別荘みたいな建物が見えます。ホテルハナマウイのコテージのようです。
イメージしていた豪華な感じがあまりしません。が、一度は泊まってみたいホテルです。

ハナランチは、道路の反対側です。でも、ハセガワジェネラルストアの隣にも馬がいました。
ホテルハナマウイのそばにも馬がいます。

ハセガワジェネラルストアの斜め向かいにあるガソリンスタンドです。上にセルフと書いてあります。
ハナランチレストランの入り口になります。ここを曲がって上に上がるとレストランと売店があります。

ハセガワジェネラルストアからハモアビーチに向かう途中に、工事中のネットがあります。
ハセガワジェネラルストアは、もともとこの場所に合ったそうです。この場所に建て直す予定です。
ハワイの工事は、予定どおりになかなかいかないのでいつ完成するかは?です。
毎週、日曜日にガイドブック「Maui Revealed」を見ながら、記憶を呼び返し、写真にコメントを書いています。
Mauiを思い出しながら、いやされています。
ハナツアーは、来週も続きます。

ワイルアからハセガワジェネラルストア




2007年7月25日のハナツアーは、ワイルアを通過しました。雨です。ワイルアは、帰りにもう一度ゆっくり見ます。

ハナハイウエイのそばに、タロイモ畑があります。畑から豊富に流れる水から、雨が多いことがわかります。滝も何カ所も見るのですが、バンで通過するだけですので、うまく写真に撮れませんでした。もっとも、ずーっと雨が降り続けていました。フルーツスタンドによって、ホテルハナマウイの前を通ると、ハセガワジェネラルストアの駐車場が見えてきます。

ハセガワジェネラルストアは、お店の中はいろいろな商品が売られています。ちょっとゴチャゴチャしているという印象があります。ここでちょっとトイレを借ります。建物は、こんなに古くて大丈夫かな?と思います。

(来週につづきます。)

ハナハイウエイに住んでいるのは?



2007年7月25日のハナツアーです。ハナハイウエイ沿いに住んでる方のお宅を撮りました。

17マイルマーカーのそば、ケアナエ半島を見るときにまわりのお宅を写真に撮りました。

自然の中でゆったりしてます。この日も雨が降ってきました。

Halfway to Hanaという名前のスタンドです。この先は、ハナまでお店はありません。走っているバンの中から撮りましたので、文字がぼけています。

雨にかすむ木々の中に、家がありました。緑がきれいです。

KEANAE SCHOOLです。小学校です。ハナハイウエイのそばにあります。

ケアナエ半島をハナハイウエイから見ています。




ケアナエ半島からハナハイウエイにもどり、17マイルのマーカーの先からケアナエ半島を見ています。

タロイモの畑が見えています。ハレヤカラから流れ出る水が豊富にある場所です。
ハナハイウエイは滝がたくさんあります。車の中からはうまく撮れません。

海岸線の溶岩からケアナエ半島が溶岩でできていることがわかります。

この場所も、撮影ポイントです。RINKOさんはそれぞれの家族を撮ってくれます。
絵はがきになっている撮影ポイントです。
(2007年7月25日のハナツアーは来週につづく)

ハナツアーは、ケアナエ半島へ着きました。



2007年7月25日のハナツアーは、ハナハイウェイから、ケアナエ半島におりてきました。
半島にある教会です。

教会の名前や由来も説明してもらっているのですが、メモしていないとトホホです。今年のツアーでは、教会の写真を撮っていませんでしたので、2005年8月の午後の写真を使いました。
この教会の手前にトイレがあります。他のツアーの車も止まっています。

ちょっと木が邪魔になっていますが、ホノマヌ湾の写真と同じ道が見えます。そんなに遠くには来ていません。海岸に降りてきました。

ハレアカナです。カフルイやマアラエアとは、逆側から見ています。山の形がちがいます。KO’OLAU GAPです。昔、ここからハレアカナの溶岩が流れてきたのでしょう。手前のKE’ANAE VALLEYへと続いています。

海岸の黒い溶岩に荒波が砕けています。曇っていて、いつも見ているカアナパリビーチの風景とはちがってます。ここは、3回目ですが、空の色、海岸、波は3回ともこんな感じです。

小さくてはっきりしませんが、映画のワンシーンで使われた岩が、遠くに見えています。たしか、「パピヨン」で使われた岩です。