モーハワイ☆コム

カテゴリー:カアナパリビーチ

カアナパリビーチホテルの庭


2014年夏。カアナパリビーチホテルの様子です。他のホテルの話もありますが、とりあえずこのホテルのようすをおしらせします。私たち以外にも、日本からのお客さんも、滞在しています。

いろいろ特長、いいとこあります。まずは、庭です。芝生と色々な樹木。

image073101

 

まだ、午前九時前?椅子がきれいに並んでいます。プールにあまり人がいません。

image073102

 

海側もいいのですが、山側もいい。緑の平べったい山。手前の建物は、エルドラド、コンドミニアムです。

image073103

 

海側、ビーチウオークから、この木の下で一日すごします。昔は、私たちしか日陰にいなかったのです。今は、日陰の場所が人気です。場所の取り合いも、

image073104

ティキテラスレストランやコートヤードのステージでまでの道です。ハワイ固有の樹木が植えてあります。

image073105

コートヤードのステージ前のテーブルです。向こうの建物は、シエラトンの客室です。

image073106

ヤシの木、いろいろな気の向こうに海が見えます。

image073107

プルメリアときれいに刈りそろえた木です。名前は?です。

image073108

赤いプルメリアです。今年は、赤や白のぷるめりあがきれいです。木で咲いているプルメリアもきれいですが、芝生の上に落ちているプルメリアもきれいです。

image073109

庭には、ハレ(東屋)が二つあります。家族が食事をしたり、日曜日は、教会になったりします。電源が取れるので、パソコンを使っている人もいます。庭でもWiFiがつながりますが、有料です。

image073110

人気の木です。この日陰の下の椅子で一日、本を読んだり、昼寝をしたり過ごします。

他のお客さんも、海に入ったり、本を読んだり、パズルをしたりして一日を過ごしています。

今年は、iPad、携帯電話、パソコン、Kindleの比率が高いような気がします。

白い舟です。ヨット?


2014年夏。火曜日の午前2時頃、海の上に水平にライトが並んでました?あれ!

朝起きたら、これです。

image0201

白い潜水艦?にしては、上の部分がおおきい。でも、形は潜水艦!

image0202

大きい!ヨットとくらべても?ヨットの航路に泊まってます。

後ろが開いて、ボートがでてきます。映画の舟?

image0203

インターネットで検索しました。「富豪 ヨット」

ありました。メガヨット シグマ。何処かの個人所有。

停泊しているのは、ブラックロックよりも北側、シエラトンからは、見えませんでした。

 

 

フリーフラショウは、毎日あります。


訂正です。カアナパリビーチホテルのフリーフラショウは、毎日やります。フラのレベルは洗練されてます。

image

月曜日のフラショウ。チキテラスレストラン、アウトサイド(屋根はついてます。)の席は満席です。

image

ステージ前のテーブルも満席です。

image

ウェディングドレス?を使ったフラ?

image

フラショウが終わると、お客さんの何人かは、ホテルの外に帰っていきます。

他のホテルからも、カアナパリビーチホテルのフリーフラショウをみにきてます。もちろん、カアナパリビーチホテルで、お食事、飲み物を楽しんでます。

チキテラスのスタッフ!朝食のスタッフがそのまま夜もやってます。あれ?バーで飲み物作ってる彼も朝食のスタッフです。みんな、お客さんのためにサービスしてます。

 

ホエラーズビレッジでも、子供が出るフラショウをやってます。月、水、土かな。くわしくはホエラーズビレッジのホームページで確認してください。こんなに!っていうくらいお客さんがいて盛り上がっています。7時から8時です。

image

 

 

カアナパリビーチを歩きます。


image

2014年夏、2日目(土曜日)、カアナパリビーチホテルからホエラーズの方へ散歩します。

いい天気です。モロカイ島がよくみえます。雲がかかっていることが多いんですが、山の形が見えるとうれしくなります。青のパラソルは、カアナパリビーチホテルのパラソルです。

ラナイ島です。カアナパリビーチは、ラナイ島とモロカイ島に囲まれています。目も前に島が見えるとなんとなく安心します?

image

ブラックロックとシエラトンホテルです。カアナパリビーチの定番の風景です。ビーチにでている人は多いかな?あめりかほんどからのお客さんが増えているそうです。キンウイークエンドにちょっとマウイになんてこと見たいです。

image


ホエラーズビレッジの前のです。この時間、あまり人は、いません。午前10時ごろです。ご夫婦の雰囲気がいいですね。と、ここでサーフレッスン?ここで説明を聞いてポイントに移動します。

image

image

フリーフラショウ(金曜日)


金曜日の夜は、フリーフラショウ。すごい人気です。テーブル席は満席、横のベンチも満席、チキテラスも、アウトサイドのテーブルはほぼ満席。カアナパリビーチホテルが繁盛するのは歓迎です。

image

ステージきれいになってます。音響も新しくなりました。金曜日は、大きなハーラウが出るので、他のホテルからもお客さんがきてるようです。子供から、ママ?ママのママ?まで出ています。観客には、家族席も…。クムフラのフラが素敵です。音楽もケアリーの曲がたくさん使われてました。

image

iPadから投稿してます。なんとなくなれてました。金曜日は、マウイにしてはむし暑いかな?という日でした。日本に比べたら快適です。

2013年夏のカアナパリビーチ


2013_01
2013年夏のカアナパリビーチです。2013年夏は、7月26日~8月3日まで滞在しました。7月27日に撮影した写真です。モロカイ島に少し雲がかかっています。

カアナパリビーチホテルの庭です。



2012年7月のカアナパリビーチホテルです。

ホテルの庭です。この木の下にローンチェアを2つ並べて、ビーチタオルを引いて1日本を読んだり、うたた寝(熟睡?)したり、時々海に入って1日を過ごします。気がつくと1日が終わります。

この場所からはこんな景色が見えます。ビーチウオークが少し見えます。ブラックロックへ向かう人、帰る人の様子が見えます。

トリロジーオーシャンアクティビティーとその先のビーチへの道です。ビーチへの道が見えるということは、海が見えます。この位置取りが…。

その右側です。この椰子の木のシルエットが好きです。昔、年賀状に使いました。この小さな建物はギャラリーになっています。前は、ここにトリロジーが入っていました。

右に移ります。2階建ての古いままのウイングです。外は昔のままですが、中はきれいになってます。この右の先にチキバーやチキグリルがあります。もちろんプールもあります。プルメリアの木が生えていてうまく写りません?

赤と黒に塗られた盤の上に、赤と黒の椰子の実を置いゲームをしています。チェスみたいなオセロみたいなゲームです。いつも誰かがゲームしてます。

山側の景色も好きです。山の形と雲のかかり具合がなんとも言えません。マウイの山はできてからあまり時間がたっていません。ある意味若い山です。あまり日本では見られない形をしています。

カアナパリと言えば、やっぱり夕日と虹です。カアナパリの山にはこんな虹がよくかかります。海に見える虹も「あっ」という虹がかかります。今日は、山の虹が撮れました。

トリロジーオーシャンアクティビティーです。



2012年7月のカアナパリビーチです。

カアナパリビーチホテル前のビーチです。
手前の低い建物がカアナパリビーチホテルです。2つめ3つめの高い建物は、コンドミニアム「ホエラー」です。4つめはウエスチンホテルです。昨年改修してきれいになりました。ビーチに、トリロジーオーシャンアクティビティーのサーフボードが並んでいます。

トリロジーの事務所?からビーチまでのこの道に水をまいてくれています。とても助かります。前までは、ビーチサンダルで波打ち際まで歩いて行って、サンダルを砂浜に置きっぱなしにして、海に入ってました。

ビーチのカバーナ(2つ並んだ寝転べるマット付きいすに、屋根が付いています。)やビーチパラソル、ビーチ用の椅子をトリロジーで貸してくれます。

トリロジーのカウンターです。ここで、ビーチタオルを借りたり、カバーナなどいろいろなものを貸してくれます。パドルサーフィンのボードを貸してくれたり、サーフレッスンをしたり、カタマリンのツアーなどいろいろ申し込めます。
英語でベラベラ説明してくれます。でも、英語あぶないな?ってわかると、わかるように説明してくれます。

サーフレッスン用のサーフボードです。ブルーのサーフレッスン中というボードもありますが、普通のボードもあります。カアナパリビーチホテルの庭で、説明と立ち方などの練習をした後、サーフポイントまで出かけていきます。

2012年夏のカアナパリビーチです。



2012年7月27日マウイ、カアナパリビーチホテルに到着しました。
世の中は、ロンドンオリンピックというのに、アメリカの選手中心の中継しかないマウイに来ています。がんばれニッポン!
いつものカアナパリビーチホテルの庭です。

今回もマウイウイングを希望しました。「部屋のリクエストは、聞きますが、当日まではどうなるかわかりません。」ホテルはいつも同じ回答です。
今回も、たまたま、リクエスト通りの部屋になりました。
日本語コンシェルジュのMichiyoさんありがとうございます。日本語デスクのパソコンは、日本語に対応してます。何かあったら、日本語でメールできるのでとても助かります。もちろん、滞在中も何か困ったらすぐ相談にのってくれます。日本人以外も相談の順番待ちをしてます。安心して滞在できます。

この木の下が、私たちの 庭のポジションです。朝、ローンチェアをここに引っ張ってきて、ビーチタオルをセットしておきます。一日、木漏れ日の中で過ごします。海に入るときもここから歩いて行きます。砂浜の途中までの道は、トリロジーオーシャンアクティーのスタッフが水をまいていてくれます。裸足で、海まで歩いていけます。

カアナパリビーチです。ブラックロック側は遠浅になってますが、カアナパリビーチホテルの前は、意外と急に深くなります。でも、砂がずっと続いています。砂浜です。水はきれいです。底がが見えるので、沖の方まで泳いでいっても何となく安心です。底の方を泳ぐ魚が見えます。

ラナイ島です。カアナパリビーチからは、ラナイ島とモロカイ島が見えます。水平線も少し見えますが、海が島に囲まれている感じがします。すぐ外海になっていないというのも、マウイ島、カアナパリビーチの魅力です。
7月、夜寒いなと感じました。夜ホテルの部屋のラナイに出ているときは、長袖、長ズボンがほしくなりました。今は、満月の時期なので、星はそんなには見えません。でも、明るい星は、満月に関係なく見えます。空がきれいなんでしょうか。

カアナパリビーチに出て行きます



2011年7月30日のカアナパリビーチです。カアナパリビーチホテルの前のビーチを見ています。緑の先にビーチとラナイ島が見えています。ビーチに並ぶカバーナとパラソルの色は、グリーンです。ホテルやコンドミニアムで色がちがいます。

カアナパリビーチホテルでは、ビーチに出る道は3つあります。この道がメイン(?)の道です。サーフボード(スタンドドアップパドルのボード?)が置いてあります。砂が乾燥してくると、ビーチアテンダントが水をまいてくれます。裸足のまま、海まで歩いて行けます。さりげなくゴミ箱が置いてあります。

ホエラーズビレッジの方から人が歩いてきます。たくさんの人が海に浮かんでいます。波が高かったので、波に浮かんで楽しんでいます。ホエラーズビレッジ側が波が高くなります。意外とビーチからすぐ水深が深くなります。ラナイ島が見えています。ラナイ島の上に雲がかかっています。

シェラトンマウイとブラックロック側のビーチです。ブラックロック側が比較的遠浅になっていて、水温も高く、岩場があるので魚もたくさんいます。ウミガメも泳いでいたりするので、たくさんの人がブラックロックの方で遊んでいます。シュノーケルを楽しんでいる人もたくさんいます。

ホテルに戻ります。メインの道のわきに、トリロジー・ビーチ・サービスのビーチアテンダントが座っています。カバーナやパラソルをセットしてくれます。そのほか、いろいろとカアナパリビーチホテルの前のビーチでお世話をしてくれます。
カアナパリビーチは、ライフセーバーがいません。ビーチでは、海水浴客が自分の責任で、ビーチを楽しみます。

ホテル前のシャワーです。ここでシャワーを浴びてホテルに戻ります。そばに水道とホースがあるので、シャワーよりもホースの水でジャバジャバ海水や砂を落としている人もいます。なんとなく自由な感じが好きです。

写真で見ると、緑がたくさんありますが、実際には、空が広くて青くて、雲があって、海の沖に方に他の島が見えるビーチです。また、以外と風が強いのがカアナパリビーチの印象です。