モーハワイ☆コム

アーカイブ:

❤︎ まだボルケーノ話がありましたー。ボルケーノハウスへ〜♪


IMG_0759-1-e1516677887183
ここでぜひ収めておきたい ショット。
この風景は以前のハレマウマウ火口が見渡せる絶好のポイントだったジャガーミュージアム展望台からの景色。今は危険区域になってしまったので行けません。展望台からのこのハレマウマウショットにはオーヒアレフアが欠かせなく、フレームの中に真っ赤なレフアを添えると、無機質で堂々とした大自然の中に愛を感じる1枚になったものです。そして、タイミングよく虹が現れたものならば、ちゃらら〜鼻から牛乳〜♪的情景。

もうこのジャガーミュージアム展望台からのツーショットは撮れなんだなぁ…と思うと残念でなりません。ですが、ボルケーノハウスからは大丈夫。今まではボルケーノハウス裏手からハレマウマウ火口までは距離があり、あまりピンとこなかった風景でしたが、火口が変化したことで以前よりもボルケーノハウスからでも近々に見えるようになりました。で、火口が見えて、それじゃ記念に1枚と思うと、そう、、探しちゃうんですよね、レフアの花を。。。

続きを読む »

■ ラバリフレクション&ムーンライトat Halema‘uma‘u crater


DSC_0630b


日没から30分が過ぎてマウナロアの稜線もくっきりしてきました。
ハレマウマウ火口の
壁面の Lava reflection ラバリフレクション (溶岩の反影)は
どのくらい見えているかな?


 

辺りが暗くなればなるほど赤い溶岩の反射が浮かび上がり
メラメラ燃えあがる炎のよう。

噴煙がもっと強く上がると、揺らぐ赤い噴煙がペレの顏にもみえたり…。
2010年の赤い噴煙はこちら

DSC_0652b


もっともっと暗くなると、なおいっそうに溶岩影が赤く燃えはじめます。
この日は満月前日だったので、月明かりがありました。

DSC_0642b

月の明かりに照らされるキラウエア火山。
月と溶岩の反影… このショットが撮りたかった〜。月の左斜め下の白い点は 火星です♪

DSC_0653b
そして、キラウエアのムーンボウも期待していたのだけど
お天気が回復して、、、残〜念。
そして、そして、月がもっと火口近くに来るのを待って(あと2時間ぐらい)
じっくり写真を撮りたかったのだけど…


寒くて寒くて…耐えられず〜(笑)
日没から1時間で 撤収〜〜〜 

■ キラウエアのメインは、やっぱ、ぼぼぼぼぼっ…そして素敵な小望月


DSC_0587a

キラウエア火山の見どころは、今やはり、あの、ぼぼぼぼぼーーーっですよね。
4年前、日没〜その後に合せて訪れる人はまだまばらな感じで
一人で展望台に居るのが怖くなってしまって日没から1時間ほどで撤収しました。
あの時と比べると今は日没時間にめがけて、ぼぼぼぼぼーっを見に来る人が絶えずやってきて
結構な賑わいをみせる展望台です。

ビジターセンターのパーキングから見渡せるマウナロア。↑ 名前の通り長〜い山ですよね。
雨にあたりながら虹を仰いでいたので、すっかり冷えちゃって車内で30分ほど温まっていました。

さてー、、、温まったところで、ぼぼぼぼーを見に行きますよ〜

時刻はちょうどこの日のヒロの日没時間 18:38です。
まだ周囲は明るいのでハレマウマウ火口の溶岩の赤い反映は微弱です。
Lava reflectionをひと目見ようとギャラリーもどんどん増えて
カメラポジションを確保するのも実は大変な状況でした〜。

DSC_0608b

なかなか良いポジョンが取れないので
ひとまず下がって空いた瞬間を狙いましょうか〜(笑)
風もそこそこ吹いていて意外と寒いんです。意外というよりも、結構寒く〜。
冬用ジャケット(完全防寒着)を着ていても寒く…
寒さには慣れているけれど、、、どこまで我慢できるか…。

雨が上がったあとに広がる月夜の空。
とってもキレイなキラウエアの小望月の夜〜♪
つづく…。

DSC_0622a