9590D3C7-0156-4B87-9366-64A95211E1A7

あの時(昨年)の溶岩の流れは、カポホ、アハラヌイも消滅させて、刻々とここアイザックハレビーチパークにも接近していました。この界隈の海沿いで1番好きだったアハラヌイビーチパークも溶岩流に飲み込まれ無くなった時は、本当に残念でならず、民家が並ぶカポホに関しては以前から泊まってみたいバケレンあったのだけど願い叶わずになってしまいました。
いろいろな溶岩流情報に1日も早く安心できる日が訪れますようにと誰もが願っていたと思いますが、私も同じく手を合わせて祈ってました。
そして溶岩流がこのアイザックハレビーチのボートランプに接近しようとした時、大きな神の力が届いたように、溶岩流が止まりました。まさに、神業か?と思わずにはいられないさまに、驚きを隠せませんでした。良かった、本当にここで止まって良かった。

10年前の記憶をたどりながらアイザックハレビーチパークを歩いてみました。岩場があり雑木林の下はすぐ海だった記憶が強かったんですが、流れてきた溶岩が荒波に揉まれてブラックサンドを創りあげて、幅広く遠くまでブラッサンドビーチが広がっていました!
初めて来た時は何か怪しい雰囲気があって、決して治安が良い場所とは思えなくて、あまり長居はしなかったのですが、頭上に長く伸びたこの木を見た時に、ああ、そうそう、この木の下から海を眺めたことを思い出しました。

左手にあった赤い建物は、、、

続きを読む »