8FA7413E-6B22-4C31-9295-EBD81B860BFC

さて、ハワイ島後半の話を進めて行きますね〜。
ヒロサイドでのお話は終わっていますので
次はコンドミニアム滞在での出来事を。

今回ハワイ島5泊のうち1泊はボルケーノ
4泊をマウナラニのコンドミニアムで過ごしました。
ハワイ島3日目から息子夫婦がオアフ島からハワイ島に
移動して来ます。この人数とメンバーでのコンドミニアム
滞在のチャンスを絶対に逃してはならず〜!

という事で、選んだコンドミニアムは
マウナラニリゾート内にあるクラシックリゾートの
2ベッドルームに宿泊する事にしました〜。

今までになく奮発した
マウナラニリゾートのコンドミニアム。
宿泊費も半分こすれば、楽勝です!

もう、早くチェックインして 寛ぎたーい!

さて、スムーズにチェックインできるでしょうかね〜?
とオフィスが近くなるにつれ緊張も増してくるので
ありました。

こちらが クラシックリゾートのチェックインオフィス。



9D200881-058A-41EE-8D1D-46360461DBA3
チェックインの流れは こんな感じです。

レジストレーションカードに必要事項を記入し
ひとつひとつの注意事項をゆっくり丁寧に説明して下さ
って、その内容を確認してシグネチャー。
そして部屋の鍵をもらいチェックインは完了します。

ユニットの鍵とガレージの鍵
そしてビーチアクセスゲートのカードなど
じゃらじゃらと鍵がたくさん。

06C557E7-D255-493B-BB2C-5F3FA1851675

 

どこのコンドミニアムもそうですが、キーを紛失すると
課金が発生するので気をつけたいですよね。

私たちが宿泊するコンドミニアムでは
ガレージのシャッター鍵、ビーチクラブカードの未返却
で $100のチャージ
ユニットフロントドアの鍵の未返却は$25。
失くさず忘れずに返却しないとね。

コンドミニアムの敷地入り口には
セキュリティゲートがあり、
ピンナンバーを入力するとゲートが開きます。
セキリュティゲートの説明を受けた時
一部分だけ理解できず何度も聞き返しました(笑)
ゲートのピンナンバーは
キーキー ◯◯◯◯ ですよと言われたのですが、
キーキーの意味がわかりません。

 

目をパチクリさせて

キーキー What’s ???  と言ったら

聞き取れなかったのね?と思ったみたいで
も一度 ワンセンテンスを説明してくれました。
ですが、やっぱりキーキーのワードが理解できず
What’s?

しつこいながらも、もう一度説明してもらいましたが
やっぱり分からない。

またまた聞き取れなかった?と思われたんだけど

でもそうじゃないのよ、

聞き取れないのじゃなく、、、

キーキーの根本がわからないの。(笑)
ワイキキのキーキー?
魔女の宅急便のキーキー??
はてさて キーキーとは???

そしたら、スタッフさん

  

人差し指を立てて、、、

 じゃ これならわかる?と

電話機のダイヤルの 鍵マークを指差して

これよ!この鍵   マークのボタン

キー,  キー  を2回押しますよ、とゼスチャーしてくれた。

あ〜〜〜、そういうことね〜  

キー  =  Key   =   マークね   

ふふふ、わかりました〜。      
そうだったのね。。。
ダイヤルボタンに 鍵のマークがあるのね???

そしてゲートの開け方をやっと理解した〜   やれやれ。
そしたら、さらに メモ書きで

Key Key  → (Picture)  って説明書きしてくれた。

5D30A61B-E33A-4E49-9399-09AE6793F094

あはは、参ったな    でも ありがとう。

オフィスを出たあとで
そのやりとりを隣にいて見ていた旦那に
さっきのやりとりわかった?

と聞いてみたら、

説明やりとり全て、
最初から全く理解できなかったと。。。

まじですか〜〜〜〜??? 
上には上がいるもんだw
そろそろ、英語耳に慣れてもいい頃かと〜。
人の事は言えないが、

スタッフ様
キーキー,キーキーって連呼させて ごめんなさい。
鈍感な人だわ〜と思ったでしょうに。。。



さて、コンドミニアムのゲートに着き
暗証番号 キーキー ピ ピ ピ ピ ♪ とボタンを押す。

自動でグワァーーンとゲートが開き

わおーーーっ 

お金持ちに なったみたい〜〜〜
この瞬間を体験した人って、きっと一度は

Oh〜〜〜って言ったよね??? w

なんか、お金持ちになった気がする人 いるよね〜
この先にハリウッドの世界が広がっているような〜
ここにアメリカの大物俳優がいるんじゃない???

って思う人、結構いると思うのよね〜。
わははは〜。

 

今日も 長文 ご清聴 ありがとうございました〜。