昨日の続きです。
今回はいつもの一泊お値段とグレートが全く違うので、ホテルの料金計算をしていても途中で、ん???計算間違いじゃない??って何度も電卓をたたきなおす瞬間がありました。リーズナブル価格が板についているせいか感覚のズレが激しくて
結局 シェラトン価格に最後まで馴染めなかった。
だって、シェラトン6泊分の宿泊合計が、いつものひとり旅での航空券+ホテル6泊+レンタカー+パーキング代+諸費の合計よりも高いのです。なんじゃこりゃ???って何度も計算して、本当にこれでいいのだろうか?って、わなわなしてくる始末
もったいない〜もったいない〜と何度思ったことか。
それでも、お義母さんらの いろいろな状況を考えて選ぶとなると、こうした方がいいんだろうなと。。。

A0E7E1DD-3A64-465C-AD8F-7350ECC1132E

そして、当初の予算をはるかにオーバーしているので、毎日毎日悶々と考えては頭の中がチリチリしてくる状況にだんだん耐えられなくなってきました。

掛かるものは掛かる。。。
仕方がない!
もう諦めよう。。。
腹を括ろう。。。と。

そう思うようにしたら、

な〜〜〜んと明るい未来が見えてきました!



A6D52B47-1DA2-4A93-BBB4-9F7461ADD623

昨日も書きましたが、
マリアスイートとコネクティングできる部屋は
オーシャンフロント(デラックスも含め)。
スイートにはクラブラウンジへアクセスできます。
(上の画像はお義母さんたちの部屋 Room NO 44)

お義母さんたちはクラブラウンジへアクセスできますが、私たちがオーシャンフロントを選んでもクラブラウンジは使えません。私たちはクラブラウンジが使えなくても全くかまわないのです。だってクラブラウンジのアクセスを追加すると1部屋1泊につき$125かかるのです。それってお食事の内容や雰囲気などに見合うお値段なんだろうか? って思うじゃないですか。ホテル外での食事は不安でも面倒でもなんでもないし、逆にそちらの方が好都合です。
しかーし、お義母さんたちはラウンジで済ませたいという希望。けれども、朝食や夕方からの軽食タイム時にお義母さんたちと別々に取るとなると不都合が出てくるかもしれないよね。。。

 

どうするべきか〜〜〜。。。頭抱えたけど、、、

  

あれ???

オーシャンフロント + クラブラウンジ =  おいくら???

計算してみたら

えーーー?そうなの?そうだったの?

と  意外な結果。。。

なんと!

マリアオーシャンフロントスイートと
変わらない金額だったのでありました。

なんだ、そうだったのか!
寝耳に水???
目から鱗???
鼻から牛乳〜?
口から何???

(≧∀≦)

だったらさ〜。。。。それでしょう!

ということで、いよいよ決断の時。

マリアオーシャンフロントスイートだと隣同士の部屋になれます。
これで全てお義母さんの希望が通ります!

私たちも

マリアオーシャンフロントスイートに

決めまーーーーす!!!!

最初で最後の贅沢じゃ〜!!!

ドボン。。。

E5D8570B-E2CA-4DD4-AA81-7AABFAED5999
この部屋はNo 43 私たちの部屋。
44と家具の配置が違います。

予約の際、高層階希望で2室同じ階のリクエストを出しましたが、当日の状況によりご希望に添えない場合があるとの事。どうなるかと思いましたが、当日、中層階の同じ階に空きがありました。高層階が良かったのだけど、しかたないですね。

ベッドルームは2室とも同じでした。

4FA85484-157F-4583-BC58-97EEFA12DC83
同じマリアオーシャンフロントスイートですが、NO43と No 44は若干広さが違いがあるように感じます。44の方が広いですね。

バスルーム43。⇩

6545508D-8996-430E-86C6-BE58EA145CBD
こちらは 44のバスルーム。43よりも広いです。⇩

E269AD7A-8596-4F24-B00B-885A048DE7C6
実は2日目だったか…私たちの部屋のある事が気になり始めました。
ベッドルームからバスルームへの通路入り口の床が傾いているんじゃないか???という疑惑。 その場所を通ると平衡感覚がおかしくなって、身体が おっととととと、壁に当たりそうになるのです。旦那にも確認してもらったのですが、ん、斜めに傾いていると。まぁ、新しい建物ではないので納得しましたけど。現在リノベーションに入っているので、その辺もリノベーションして欲しいわぁ〜。


さて、44の部屋は室内のドア前に6畳ほどのスペースがあり、全体的にもスイートルームの余裕が感じられます。
どちらの部屋も広いのですが、お義父さんが私たちの部屋を見て言いました。

悪気はないのでしょうが、、、
なぜか、勝ち誇ったように

『 なんか この部屋 狭いね〜〜〜〜 』だって。

口、、、縫ったろかーーーー