昔のドラマ HOTELのナレーションでありましたよね。主人公のホテルマン赤川一平(高嶋政伸)が、手紙を読むようにお姉さんに語りかける。『姉さん 事件です。』って。まさにその時、私の頭の中でこの言葉を発していました。私の中で思い浮かべた『姉さん』とは、同じ時、家族旅行でハワイに来ていた友人の顔。姉さんはナース。姉さんならこういう時どう対処するだろか〜と考えた。

A4260AE9-897D-4112-BA61-4A8E5C370401

朝食の時、コーヒー飲んでフルーツつまんで先に部屋へ戻ったお義父さん。元々少食なので不思議にも思わなかったのですが、この時既に体調に異変があったらしく、食後部屋に戻り私達はラニカイへ行く支度をして出かける時、旦那がお義母さんたちの部屋に声を掛けました。

『 なんかねぇ お父さん 風邪気で熱があるみたいなんだよね。 』とお義母さん。

え〝ーーーーー‼︎‼︎‼︎

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3   ◀︎ 旦那

『 風邪薬 何か持ってきた?』

『 持って来てない。』

旦那が戻ってきて、お義父さんの風邪熱報告を受けた。

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ ◀︎わたし。

やっぱりか。。。

ED9BEF87-CE58-4355-8ABC-DEDEA9D8DCBC

日曜日 飛行機の中で咳をしていたお義父さん。
機内は乾燥していたから咳が出ていたとハワイに着いてからそう言っていた。その時、それはそうかと納得したけど… 。

月曜日 のんびりプールで浮かんでいたお義父さん。
風邪気?ならプールには入らないでしょう。

火曜日 午前中に とあるツアーにみんなで参加した。
その日なんとなく乾いた声をして咳もしていたような。
部屋が寒いと言っていたお義母さん。
クーラーは完全に切っている?て聞いたら
多分オフになっていると。
クーラーで気管はヤラレる。
隣同士の部屋だから体調崩さないように気になる事はその都度声を掛けていた。

そして 翌朝 お義父さん 熱を出す。

 

どのくらい熱があるのか わからない。咳が出てる。高熱ではないから1日寝てれば治ると思うんだよね、何ともない大丈夫だと言ってるけど。体温計も持ってくればよかったな。でも体温計買いに行く考えは及ばず。とりあえず、私たちが持ってきたパブロンを渡し、必ず飲むように‼︎と。何の疑いもなく飲むと思っていた。ちゃんと飲んだと思った(意味深)。更に旦那がホテルの一階にあるコンビニへ風邪薬を買いに行って再びお義母さんに渡した。

⬆︎上の写真 海外バージョンの ストナS
STONA-S  ACETAMINOPHEN アセトアミノフェン

84552739-548C-4660-8C50-7B98C4F6E3CC

出かけの発熱報告。うむーー。 2人をホテルに残して私たちはラニカイに出かけて良いものか?旦那も私も無言で どうしたものかと考えていた。おそらく、通常この位の風邪程度だったらハワイと言えども今日は寝てなさいねと言うにとどまるでしょう。けれども後ろ髪が引かれ、ちょっと構えちゃう理由は初日から色々とやらかしているお義父さんだからなのです。

ラニカイに行けないなんてやだな。
ちょっとだけ悔しさも湧いてきてる。

旦那は、、、

『 いや〜 マズイよな〜。今日はラニカイ無理じゃない?』と私のハートに触れぬように静かに言ったように聞こえた。

シーーーン。。。

ラニカイに帰れない。泣きそうになった。

だんだん悔しさが増してきて

75FA5E96-982E-489A-B4EC-E92BD17EA19E
『 いや、行くよ!なにがなんでもラニカイは行くから!二人残して心配だけど、どうなろうとも、私は行く!行ける日は今日しかないの!今日行かなかったら一生愚痴る!』

時間は刻々と進んでいます。

薬は渡した。異国の地だけど1日寝ていれば治ると言っている。お義母さんが側にいるんだし子供じゃないんだから。

私は行く‼︎

心配ではあるけど、冷たいようだけど行かせてもらいます!

そして旦那と部屋を出て、あれこれ得策考えながら まずロビーへと降りました。
m(._.)m

つづく。。。。。。。

73C059EC-61F5-4FDB-99AF-25055D3284D1