8E246EE6-4FBC-4A7C-9C6F-B2310C01BCD6
飛行機にサクッと乗って ぶい〜んと飛んで
行ってきました。

飛行機はしばらくぶりのJAL。
実は数年前から航空性中耳炎の症状が出てまして
最初は耳が軽く詰まり、あくびをするとパカっと
開通して通常に戻るので このくらいは誰でもなる事と
さほど気にしてなかったのですが
ある時の飛行中、高度変化の際にパカっと
開通できなくなりぼわ〜んとなったまま。
何度あくびをしても戻らず
終いにはこめかみがキィーンとなり徐々に強烈な
痛みに変わってきて治まるまでとても大変でした。

その後数日間 何か耳が詰まっている感じで過ごし
あげくに 突然めまいが始まり 耳鼻科へ。


49F29856-E70B-4FBB-8E01-52DA0430877D

頭を動かすとぐわんぐわんと目が回り
症状から
良性発作性頭位めまい症 の診断。

この めまい、半年あまり続きました。
しんどかった。

なので、この図式。

飛行機に乗る →  航空性中耳炎 → 良性発作性頭位めまい

だから また乗ったら最終的に めまいを発症するのかも?

んー 飛行機に乗るのが怖い〜〜〜〜

けれども いつまでも怖いと言ってられません。
次のハワイまで もう一度乗ってみて実際そうなるのか?
経験しておかないと
ハワイ便に乗る自信がなかったのです

そこで 航空性中耳炎の対策に準備したのは

D7590262-1104-4FF1-A33F-F92D433246A5

鼻炎の薬 搭乗2時間前くらいに飲む
アレルギー性鼻炎持ち 鼻詰まりを軽減させて
鼻の通りを良くしておく。耳鼻は繋がっている。

気圧をコントロールする耳栓
サイレンシア フライトエアーを使う。

飴ちゃんを食べ飲み物をよく飲む。
唾のみ回数を多くするため。

E78997F1-6123-4729-BB7D-C36CE0EC52DA

結果、、、

効果ありました!

どれがどう効果的だったのかわかりませんが(笑)
高度変化に伴う不快な諸症状は明らかにありましたが
こめかみの痛みまでには至らず、
航空性中耳炎と良性発作性頭位めまい症の関係性は
よくわかりませんが、すでに搭乗後2週間経ちますが
めまいは起きていません。


大丈夫!
これで ハワイ便への自信がつきました!

でも、新たな変化発見もあったりしたんですよ。
離陸上昇時から水平飛行になるまで
鼻の奥がツーンツーンと締まっていくというか
副鼻腔が痛痒い感じというか
鼻詰まりが突然ツーっと治っていくみたいな。

けどこの感じ

おー⁈ おーっ?と 面白かったりして。

あいや、というこは〜
航空性副鼻腔炎も発症ってことか?

あわわわわ。