IMG_5227
ただいま お休みしていた間の出来事を振り返り書いております。
今日は真っ黒こげにしてしまった コーヒー豆のことをお伝えしまーす。

わずか 5センチほどのコーヒーの木の幼い苗から
花が咲くまで 4年の歳月。

初めて花が咲いた年
花の数は  ひとつ ふたつ… みっつ。
すでに散っていた花がみっつ。
そして、、、みっつ咲いて実がなったのは   ひとつ。

花が咲いた最初の年は そんなものだと思っていて
翌年に期待に胸を膨らませ〜
次の年 期待通りに 2月〜3月にかけて 次々と花が咲き
とっても興奮したんです。
ちょうどその頃(昨年3月)NHK-BSで放送された 世界で一番美しい瞬間 の
「常夏の島に”雪が降るとき〜ハワイ〜」が放送され
ハワイ島の村松小農園さんのコナスノーの風景にワクワクして
感慨深く番組を見入っていましたっけ。

我が家のコーヒーの木は
花が咲いて実がなり 収穫まで 5年。

正直そこまで順調に育てられる自信もなく
自分で育てて収穫した豆で コーヒーを飲む… だなんて
ま〜ぼ〜ろ〜し〜〜〜〜   

 

育てている過程で新たに苗を増やそうと
いくつかコーヒー豆の種から
発芽させて苗にしてきましたけれど

途中で   どれもこれも  皆  滅びる(笑)

それでも、なぜかこの苗だけいつも元気に育っていました。

冬に花が咲いて 春が来て 可愛いコーヒーチェリーがたくさん成り
夏が来て 秋が来て…. 実の色は グリーンからイエローへ….
そしてイエローから 真っ赤なコーヒーチェリーへ変化していく

なんの疑いもなく
そうなると思っていたんですがーーーー

うちのコーヒーチェリーちゃん、、、
変な子ちゃんでした。。。。


IMG_6937

いつまでたっても イエローのままーーー

いやはや、、、参った参った。

いつになったら黄色から赤へ色づいていくのか
もう ろっくろっく首よ。

この苗をもらったとき 品種については聞いてなかったのと
コーヒーの実は赤しかないと思ってた。
品種については 勉強不足。

そんな折、、、
コーヒーマイスターレジェンド Mikiさんが
「これは イエローカツーラではないですか。」と教えてくれました。
ありがとうございます。Mikiさん。

へぇ〜〜〜 そうだったのか〜 

黄色の実のコーヒーチェリーもあるんですね。

IMG_6927

さて  木の実を指で押してみると ちょっと柔らかく
熟していた様子だったので収穫しました〜。
収穫した日は11月初旬です。

コーヒの木の過去ログ ① 2016.7
コーヒの木の過去ログ ② 2015.11

収穫後は 実を乾燥させます。
本当は自然光と自然の温かい風でじわりじわりと乾燥させたかったのですが
雪もちらつく季節に入り コーヒーベルトの気候のようにはいきません。
ヒーターの暖かさがやんわり届く側に置き2週間ほど乾燥させました。

 

IMG_6928

しばらくすると、、、 皮がシワシワになり始めます。

ちょっとここで、乾燥を助けるために 爪で果肉を割きます。


IMG_6929

UCCコーヒー HPより 引用 (以下)

【コーヒーチェリーの構造について】


 

コーヒーチェリーは、外側から外皮、果肉、内果皮(パーチメント)、銀皮(シルバースキン)、種子の構造になっています。この種子の外側の部分を取り除いたものが生豆と呼ばれます。




 

なるほど〜〜〜。


ハワイ島で何度か果肉を食べてみたり実の中を出してみたことがありますが
こうしてじっくり見てみると、生豆までは層があるんですね。

下の画像の
上の赤い実は 果肉部分。
左下の実はパーチメントを被っている状態。
右下の実はシルバースキンがついている状態の生豆。

IMG_6930
一見するとパーチメントが被っている状態が豆に見えますが
本当の生豆は まだその下なんですね。


そして 生豆にするには、シルバースキン(薄い皮)を剥がなければ
生豆とはいえないんですね。

で、ですね、、、このシルバースキンを剥がす作業が
これまた 大変なんです!
爪でカリカリもできますが、ひと粒ひと粒となるとかなーり時間がかかります。

なので、、、小さな容器に豆をいれて、割り箸でぐるぐる攪拌します。
これ結構しんどい作業です。シルバースキンはなかなか簡単には剥がれません。

正直言って、、、ぐるぐるぐるぐる….   飽きました

IMG_6931


やっとのことで 納得のいく生豆状態になり
お皿に並べて いくつあるのか 数えてみました。


これまた 気の遠くなる作業… 

整〜〜〜列〜〜〜!!!

IMG_6932
数えたところ 120粒 ぐらい だったかなぁ〜。

そして 初焙煎。
焙煎の仕方は UCCのサイトでまずはお勉強して
焙煎の仕方の動画を見てからやったのですが

結果、、、 失敗しました 

まっ黒こげになっちゃいました〜。

でもですね、、、
焙煎の香りは  も〜〜〜〜〜〜 香ばしい素敵な香りだったんです!!! 

IMG_6936
いやぁ〜、、、
コーヒー豆にするまで こんなに手間がかかるなんて思ってもみなかった。
すごい手間がかかる モノなんですね。
それこそ ハワイ移民時代
コーヒープランテーションに携わっていた方々の
苦労がわかるような気がいたしました。

けど、、、

自家製コーヒー豆のコーヒーは
ほろ苦味が利いてましたけど
感無量の美味しさでした〜!