Home

アランチーノ

ランチコースは如何に!?@カハラ/その2

前回の続きです。

アランチーノ・アット・ザ・カハラにやって参りました。
早速入りましょう。

アランチーノランチ0809152014

気持ちの良いテラス席が人気ですが、、、

アランチーノランチ0909152014

本日はあえて店内の席へ通して頂きます。

アランチーノランチ1009152014(1)

テーブルには、綺麗にカトラリーとメニューが用意されています。(メニューは写真クリックで拡大出来ます)
とても上品です。

ランチコース $39 を頂きましょう。
前菜(3種)、メイン(5種)、デザート(2種)から各1品ずつ選択出来ます。

我々は、コースを2つ頼みましたので

■前菜
・バーニャカウダ(こだわり有機野菜のアンチョビガーリックオイルフォンデュ)
・チェリートマトと最高級水牛モッツァレラチーズ(バルサミコキャビア添え)
■メイン
・ブカティーニ アマトリチャーナ(パンチェッタとマウイオニオンの辛いトマトソース)
・ピッツァマルゲリータ
■デザート
・ティラミス
・自家製パンナコッタとフルーツトマトの競演

をチョイス。
あと、カルボナーラ単品を注文しました。

アランチーノランチ1109152014

良く見ると、カトラリーもさすが一流。
「Villeroy&Boch」(ビレロイ&ボッホ)を使用しています。

ドイツ皇室御用達の陶磁器メーカーです。

アランチーノランチ1209152014

厨房の様子も覗けます。

アランチーノランチ1309152014

アランチーノランチ1409152014

ワインがたくさん入ったカーヴ(貯蔵庫)も見えます。
ちなみにイタリアでは、カーヴのことをカンティーナと言うようです。

アランチーノランチ1509152014

田崎真也さんのサインが彫られていました!

アランチーノランチ1609152014

最初に、2種類のパンが出てきました。毎回フレッシュに作られています。

丸いパンが、「ウィートブレッド」
四角いパンが、「フォカッチャ」

その向こう側に、本当は夜にしか出てこない、横に長い棒みたいな「グリシール」を特別に出してもらいました。
上にあるのは、無塩バターと溶岩のブラックソルト(黒いつぶつぶ)です。

アランチーノランチ1609152014 (2)

フォカッチャ、美味しいです。

アランチーノランチ1709152014

バーニャカウダに合わせた田崎真也さんセレクトワイン「banfi “rosa regale” brachetto」が登場です。
美しい色をした少し甘目のスパークリングワインです。

アランチーノランチ1809152014

バーニャカウダが出てきました。
植木鉢をモチーフにした器に新鮮なローカル野菜が可愛く盛り付けられています。

横には火にかけられたアンチョビガーリックソースが添えられ、こちらに付けて頂きます。

アランチーノランチ1909152014

上から見てみましょう。
尖がったブロッコリーみたいなのは、ロマネスクですね。黄色いのは小さいかぼちゃだそうです。
バラエティに富んでいます。収穫できる時期により種類は変更されるそうです。

アランチーノランチ2009152014

せっかくなので、ワインと合わせて。

アランチーノランチ2109152014

「チェリートマトと最高級水牛モッツァレラチーズ」(バルサミコキャビア添え)です。
色とりどりで綺麗です。とっても甘いトマトや程良い酸味のものなどトマトひとつで様々な味を楽しめます。

こちら、以前にも紹介したことがございますが、一部変わっているところがありました!

刺さっているスポイトの中身です。前はオリーブオイルでした。
今回は、バジルハーブオイルになっています。こちらも非常にマッチします。美味しい。

さらに続く、、、

Home



20130212-menu2013.jpg

20120107-itiran.jpg

20120707-kahala.jpg

20110906-dokodoko.jpg

 

ページTOP