Home

アランチーノ

この夏は”シェフスペシャル”が一押し!inディ・マーレ

この日も晴天!アランチーノ・ディ・マーレ店にやってきました!

shef01

前回、新商品開発を行っていた“シェフスペシャル”が完成し、遂に7月よりスタートしているのです。
(※今回のシェフスペシャルは、2015年8月いっぱいまでの提供です。9月以降は、また新たなシェフスペシャルに切り替わります。)

今日は、待望のその料理を楽しみましょう。

shef02

相変わらずの気持ちの良い空間。やっぱりこの場所、オススメです。

【シェフスペシャル】

shef03

“シェフスペシャル”は、➀antipasti ➁primi ➂secondiからなる3部構成。
各パートで2種ずつメニューが用意されており、1品を選択します。
こちらで$52です。

今、高いと思った方、いらっしゃいますよね?
でも、この最高レベルの味とボリューム、そして居心地のよい空間を満たすイタリアンを東京で食べようと思ったら、それこそこんなもんじゃとても済まないはずです。

そもそも食べて頂けば、満足度がズバ抜けているので、そんなことも思わないでしょう。

さて、ドリンクを頂いてシェフスペシャルを待ちます。

shef04

パイナップルジュースです。太陽をいっぱいに浴びたハワイ産パイナップルで、とっても爽やかですよ。

shef05

プランテーションアイスティーです。
これ、是非飲んでみてください。
見た目もそうですが、南国らしい味と言いますかティーよりもフレッシュジュース色が強い感じで、絶妙な味のバランスです。

(※ドリンク類は、シェフスペシャルには含まれておりません)

■antipasti

shef06

さぁ、antipastiから登場です。カルパッチオは、ビーフとカンパチが用意されています。

shef07

「ビーフカルパッチオ」です。

テンダーロイン(ヒレ肉)の真ん中、一番良いところだけを使用した逸品!表面にほんの少しだけ焼き目を付けています。パルミジャーノチーズが乗り、レモンドレッシングがかけられています。

通常、この手の料理は他店などではモモ肉などを使用しますが、なんとも贅沢なひと品です。

やわらか~い!口の中で、肉が溶けて行きました。

でも面白いもので、肉から発せられる芳醇な香りとしっかりとした肉の旨みが口の中に残ります。
チーズとレモンドレッシングがお肉との不思議なコンビネーションを作り上げます。美味しい。

shef09

続いて、美しいカンパチのカルパッチオです。

これ、抜群に旨いです!
カンパチの身の締まりと柔らかさが丁度良く、オゴ(海藻)とシーアスパラガスの食感が、全体の歯応えを完璧に整えます。塩気具合もバッチリで、ナロファーム産マイクロリーフの”しそ”の香りとレモンドレッシングがさらに後押し。サッパリ頂けます。

赤色を飾るサンドライトマトソースが、洋風の梅肉ソースみたいな役割をしており、マイルドに味を引き締めてくれます。甘さを感じるのは、カンパチ自体の脂の甘みでしょう。

shef10

2人以上で注文すれば、このようにシェフスペシャル全てのメニューをシェアして楽しめますね。
ちなみに、シェフスペシャルには皆さん好評のフォカッチャもついてきます。
カンパチのカルパッチオの皿のレモンドレッシングを付けて食べると、かなり美味しいです。お試しください。

■primi

shef11

primiは、ニョッキかリングイネ。パスタからの選択です。

shef12

ニョッキ モッツァレラチーズのトマトソース仕立てです。

シェフが自ら店舗で練って作り上げる自家製生ニョッキは、とっても柔らかく一口食べてビックリします。
このニョッキは、手作りでしか出せないですね。練りこまれたポテトの風味も噛み締めるごとに出てきます。

トマトはまろやかで優しく全体を包み込みます。
チーズとバジルがなんともまた。王道の組み合わせもここまで極めると本当に素晴らしい。

トマトパスタ好きの方、たまらなく食べたくなるのではないでしょうか?

shef13

ご覧下さい、この美しい夏のパスタ。
リングイネ・プリマベーラ 夏野菜のクリームソース仕立てです。

今回、シェフスペシャルの中で特にオススメするのがこれです!絶対食べてください。
素晴しいの一言。で済ませられない程、語りたいことが溢れてきます。

とっても色鮮やかですよね。プリマベーラとは、カラフル野菜という意味もあるそうです。
開発段階の検討では、緑色にはバジルやシーアスパラガスを見かけましたが、やさしい緑のロマネスクが入っています。大正解だと思います。

青臭すぎない緑野菜の味と歯応え。ブロッコリー等とは違い、見た目のオシャレ感も上がります。
白ワインが効いたマイルドなクリームソースとの絡みも最高です。

実に圧巻なのが、リングイネの茹で具合、そして具材とパスタの量のバランス。頭が下がります。

shef14

なんだかこの食べている最中に、夏のイタリアとハワイを行ったり来たりしているような錯覚さえ覚えます。
奇妙で心地良い感覚です。

唯一後悔したのが、白ワインかシャンパンを注文しなかった事。最高に合うはずです。皆さんは是非!

shef15

15分程時間を置いてからも食べてみました。

見てください、パスタが光り輝いています。水分も飛んでいません。
最初の一口ももちろん美味しいですが、むしろ、時間が経つほどに味が馴染み、旨さが増しています。
アランチーノの真骨頂発揮です。
ハワイの夏の気候に合わせた調理をされているのが良くわかります。

クリームはゴテゴテになることもなく、こってり過ぎすあっさり過ぎず、とっても美味しく頂きました。

■secondi

shef27

secondiは、牛かマグロから。

shef16

まずは、ルッコラビーフ 柔らか薄切りリブアイステーキ(120g)をルッコラベッドの上に です。
四角いお皿で出てきました。

shef17

表現が稚拙ですが、柔らかい!

shef18

この切り口をご覧頂いただけで、美味しさは伝わると思います。食べ応え満点。肉を存分に楽しめます。
トマトソースイタリアンドレッシングの微かな酸味がポイントです。

shef20

最後は、棒焼きマグロのミディアム・レアー さっぱりレモンソースです。
こちらは丸いお皿での提供です。

刺身として調理できるグレードNO.1のマグロを使用しています。素材も一級品です。

shef21

バジルやローズマリーなどの様々なベビーリーフが散りばめられており、レモンドレッシングをかけて頂きます。

shef22

綺麗でとっても上品です。

shef25

生の部分、焼いた部分とマグロの美味しさを十分噛み締めることが出来ます。美味しいですね。魚のクドさが見事に取り除かれ、レモンベースでさっぱり頂けます。
素材を最大限に活かす一皿への取り組みが伺えるメニューです。

shef26

いつもいつも幸せな気持ちにしてくれます。ありがとうございました。
ディ・マーレ店シェフのサトシさんです。一皿一皿の料理を、丁寧に説明してくれました。
“シェフスペシャル”は、primiのパスタもしっかり一人前の量があり、ボリューム満点です。

気づきましたか?primiのメニューには一切、肉・さかなが使われていないんです。
その点、この”シェフスペシャル”の構成はとてもバランス良く整えられています。

皆さん、せっかくきたハワイ、アランチーノでは、大評判の「ウニのパスタ」を注文する気持ちはとってもわかります。
一度は必ず食べたいですよね!
それを捨ててまで、”シェフスペシャル”にしなさい!とは言いません。
でも、そこは奮発して両方注文してみてください(笑)

(By イチハチサン)

Home



20150130-menu2013.jpg

20150130-menu2012.jpg

20150130-kahala.jpg

20150130-dokodoko.jpg

ページTOP