Home

アランチーノ

記念日ディナーはザ・カハラで✿/Mother’s Day

5月10日(日)は、「Mother’s Day(母の日)」です。

皆さん、既に母親への感謝の気持ちの伝え方は決まりましたでしょうか?
ハワイで迎える「母の日」は特別な日になるはずです。

mather01

アランチーノ・アット・ザ・カハラでは、この日、
1日限りの「Mother’s Dayスペシャルディナー」コースメニューを用意しています。

mather02

ワイキキの喧騒を離れ、優雅で落ち着いた雰囲気の中、ゆっくり親子の語らいを楽しんでください。
カハラホテルから溢れ出る品格も後押ししてくれます。

本日は一足先に、スペシャルディナーコースを頂きました。

【Mother’s Day Special Menu】

オープンエアーの席に座ります。

mather03
※スペシャルメニューは拡大してご覧いただけます。

Mother’s Day Specialのコースは、$68。
insalate、pasta、carne、dolceの4つから成ります。
それぞれの料理にワインペアリングを付けると$90です。
ワインペアリングをお付けするのがオススメです。

mather04

まずはじめに、上品にマカロンが1つ現れました。

mather05

“フォアグラのマカロン”です。
サクッとした歯応えと共に、フォアグラのなめらかな口当たりと鼻に抜ける香りにいきなり魅了されます。

これから現れる料理が楽しみです。

mather06

いつもながらの美味しいパン3種と無塩バター、そして岩塩がそっとサーブされました。

mather07

はじめに、insalateのワインペアリング、
“prosecco extra dry,lamberti.veneto.italy”です。

さっぱり辛口のスパークリングワインで、若干のほろ苦さがあります。

mather08

出て来ました。
“Antipasto Mista”です。

大人気のバーニャカウダを筆頭に、美しい4品が勢揃いです。

mather09

モッツァレラチーズにホー・ファームのトマトです。
トマトは、緑の爽やかな酸味、赤は甘み、オレンジはマイルドなど、色によってそれぞれ個性があります。
そして、バジルがさっぱりとしたアクセントを生み出します。

mather10

こちらは、アヒのカルパッチョのような一品です。
薄いシートの下には、シーアスパラガスが潜んでいて、口に含んだ時の食感がたまりません。
少しスパイシーで塩気や甘みもあり、なんだか癖になりそうな不思議な味です。

mather11

こちらは、可愛らしいライスコロッケ。

mather12

こんがり揚げ上がった衣を割ると、閉じ込められた熱々の湯気と素敵な香りが立ち込めます。
それは、とろけたチーズ、細かく刻まれたいんげんとパストラミ、そして、ライスが織り交ざったハーモニーから生まれる香りです。

エビの粉末とソースを垂らして頂きます。とっても美味しいです。

導入の小さな4品からして、目と口、共に満足させてもらえます。

mather13

続いて、pastaとのマリアージュを楽しむワインが2つ登場です。
リングイネに合わせる白ワインは、“poggio vermentino,toscana,italy”
オレキエッテに合わせるのはロゼ、“tournesol rose, napa valley, california”です。

mather14

パスタが登場です。
本来は、どちらか1品を選ぶ形になります。
今回は、特別に2品用意してもらいました。

mather15

“Linguine alle Vongole e Pomodoro”です。(リングイネのボンゴレ)

これ美味しいです!一口でお気に入りになりました。
オススメします。

アランチーノの自家製パスタでバッチリの茹で具合。
貝の旨みがしっかりと絡まり、少しスパイシーなのがまたグッドです。

爽やかながら程よく甘い白ワインとの相性が最高です。

mather16

こちらは、“Orecchiette Cime di Rapa”です。(菜の花のオレキエッテ)
オレキエッテとは、耳たぶのような形をしたパスタ。

ガーリックの風味が漂うその皿を、色鮮やかな菜の花とドライトマト、白く細かいパルメジャーノチーズが飾り、
まさに今、この新緑の季節を表現しているようです。そして、「母の日」を感じさせる色合いです。

リングイネに負けじと美味しいこちらのオレキエッテは、歯ごたえのある菜の花とその苦味、ドライトマトの酸味が
上手にバランスをとっています。

少し酸味のあるロゼとドライトマトの酸味が融合して、感覚をさらなる領域へ引き上げます。
素晴らしいペアリングです。

mather17

17時半頃から始まったこのディナー。
ほんのりと夕暮れの空になってきました。

mather18

さて、メインを前に、木箱に入れられた上質なナイフを持ってきてくれますので好きなものを選択します。
今回は、白い柄のものを選びました。このナイフとても良く切れるのです。

mather19

メインとのペアリングワイン“amarone della valpolicella,bolla.veneto, italy”です。

mather20

このフルボディーの赤ワインは、とてもパワーがあります。
スパイシーで香りも深い。見つめているとグラスの中に引き込まれそうな素敵な色をしています。

とっても美味しいですよ。
合わせる肉料理に期待が高まります。

mather21

メインの登場、“Stracotto di Manzo”です。

まるで、森の中のに潜む小人達の演奏会場のような一皿が現れました。
緑と丸太のステージのようです。

美しいですね。

ベビーズッキーニはその名の通り若々しい味がし、ボイルされた芽キャベツは甘さが際立ち美味しいです。

mather22

赤ワインで煮込まれたお肉はホロホロに柔らかく、ワインソースを絡めたその肉の味は表現に困る程の美味です。
むしろ、上質なナイフがいらなかった程の柔らかさ。

一口食べたら一口飲む、という食べ方にならざるを得ないワインとのマッチングも憎いです。

mather23

十分にお腹が満たされました。

mather24

最後に、dolceで締まります。
“Bianco Magnoria”です。
コーヒと共に頂きましょう。

mather25

パンナコッタの上には、ココナッツジェラート。
そして、その周りをココナッツのグラニテ(ジャーベット上の氷菓)が取り囲みます。

テーブルにはココナッツ尽しの風味が広がり、最後に落ち着きが待っていました。

mather26

mather27

時刻は、19時半を回りました。
優しい風が通り抜ける店内には、暗闇の中にぼんやりとオレンジ色の光が浮き立ち、大人の時間が流れています。

mather28

今回も素晴らしいディナーを生み出したエグゼクティブシェフの濱本さんです。
いつもながら大満足です。ありがとうございました。

mather29

帰り際には、カハラホテルロビーのこんな光景も楽しめます。

mather30

アランチーノ・アット・ザ・カハラの店内に漂う空気と丁寧に気持ちの込められた料理は、きっと皆さんの心の緊張をほぐし、気持ちを解き放ってくれるでしょう。

普段語ることのできない感謝や、日常生活において心の奥底に閉ざしていた秘めた想いを、母親へ素直に伝えられると思います。

隔たりの無い“親子の会話”

これが母親にとって一番嬉しい子供からの贈り物なのではないでしょうか。

(By イチハチサン)

※5月10日(日)「母の日」のご予約はカハラ店808-380-4400まで直接ご連絡ください。(日本語でOKです)
※ホームページ上でのご予約は受け付けておりません。

Home



20150130-menu2013.jpg

20150130-menu2012.jpg

20150130-kahala.jpg

20150130-dokodoko.jpg

ページTOP