Home

アランチーノ

アランチーノシェフ達と行くオアフ島ファームツアー!第4章

~第3章~の続きです。

1farm56

1farm63

ワイアラエ山脈の麓に広がるファーム“クニアビレッジ”に来ています。

1farm64

先程ご説明頂いていた物見台のようなスペースの下に、魚の養殖場がありました。
大きな水槽が6つ置かれています。

1farm65

中を覗くと、居ますね。ティラピアです。
こちらは淡水の食用魚で、コイとの掛け合わせで育てられた魚だそうです。

クニアビレッジでは、3種のティラピアを育てています。

1farm66

さて、ベビーリーフの栽培場に移りましょう。
こちらでは、10種類以上のベビーリーフを育てています。

1farm67

まだ若い状態のものはネットカバーが掛けられています。
初期は、雨や虫をなるべく防いで育てます。

1farm73

上から見るとこのような状態です。

1farm68

覆われたネットをちょっと持ち上げて中を撮らせてもらいました。

1farm69

少し成長が進み強くなったものは、ハワイの太陽をいっぱいに浴びて育てられます。

1farm70

本当に綺麗な黄緑色です。

1farm71

赤いものもあります。自然が創りだす色はとても美しいですね。

1farm72

どのような状態で育てられているのかと言うと、
発泡スチロール状の板に丸く穴が開けられており、そこにプランターが差し込まれています。
その下に水が張ってあるので、言わば浮島状態なのです。

1farm74

水面下では、根がこんなに伸びています。

1farm75

少しちぎって、頂きました。
フレッシュで爽やかな香り、シャキッと水々しい。
若々しい力強さを感じます。美味しいですね。

1farm76

ジェフさんが気にしている高く積まれた四角い物体がありました。
こちらは、少し塩分が含まれた肥料です。
リーフを育てる土にもやはり気を遣っています。

1farm78

この機械で土とグリグリ混ぜ合わせるのです。

1farm79

出来上がったものをプランターに詰め、新芽を植えて育て始めます。

1farm80

可愛い新芽がたくさん並んでいます。

1farm88

こちらのネットの中に入ってみると、

1farm92

1farm91

からし菜など、他のリーフが栽培されていました。

1farm81

次に、ファーム脇に建つ小屋に入って行きます。

1farm82

こちらは、パッキング&出荷スペースだそうです。
ここで、オーダーを確認し、依頼通りにどんどん詰め込んで行くのです。

1farm83

パッキングの機械はピカピカでした。

1farm84

今度は、建物お隣のドアを入ると、、

1farm85

寒いです。。。貯蔵スペースですね。

1farm86

とっても綺麗です。整理整頓され清潔な状態が保たれています。
これには、アランチーノシェフ達も関心し、また安心しているようでした。

1farm90

これにて、クニアビレッジの見学は終了です、、、

と思いきや、こちらではサトウキビから蒸留酒も作っているとのことで
そちらもご案内頂くことになりました。

次回~第5章~でお伝え致します。

盛りだくさんのアランチーノファームツアーはまだまだ続きます!

(By イチハチサン)

Home



20150130-menu2013.jpg

20150130-menu2012.jpg

20150130-kahala.jpg

20150130-dokodoko.jpg

ページTOP